メニューを表示する

令和4年度の「大曲の花火」開催日程が発表されました

【練習風景・インタビュー動画公開中!】輝け!大仙の子供たち

FMはなびyoutubeチャンネルにて公開中!
 
新春特別企画
 
「2022年 輝け!大仙の子供たち」
 
2021年に活躍した大仙市のスポ少、部活の学生たちの元気な姿をお届けします。
キラキラ輝く大仙市の子供達をみんなで応援しましょう。
 
現在ご紹介しているのは、
①花館ドッカーンズ 
https://www.youtube.com/watch?v=g5PuCrmYOHU
②大曲中学校吹奏楽部
https://www.youtube.com/watch?v=wug1gLLQscY
③大曲高校陸上競技部駅伝チーム
https://www.youtube.com/watch?v=3HK4lUXZ74c&t=30s
④大曲ウィングスJr.
https://www.youtube.com/watch?v=ryT3DVyZ_pw
 
 
 
提供
興栄建設株式会社
平熊商店
株式会社タカヤナギ
株式会社斉藤光学製作所
鈴木商事株式会社
株式会社オールホンダ大曲
大曲諏訪神社

一部を表示

 
 
 





【声の年賀状】2022年新年あけましておめでとうございます

大仙市新年の風物「声の年賀状」を今年もお正月三が日に放送します。
大仙市長をはじめ地元歌手などバラエティー豊かな新年の挨拶と共に、今年は「輝けだいせ
んの子供達」と題して、21年に活躍した大仙市のスポ少、部活の学生たちの元気な声もお
届けします。キラキラ輝く大仙市の子供達をみんなで応援しましょう。

【番組名】
「あけましておめでとうございますFMはなびです〜輝けだいせんの子供達〜」

大曲高校駅伝チーム
大曲中学校吹奏楽部
大曲ウィングスjr
花館ドッカーンズ

【声の年賀状】
老松博行 大仙市長
田口知明 仙北市長
松田知己 美郷町長
後藤健 大仙市議会議長
小西弘紀 仙北地域振興局長
佐々木繁治 大曲商工会議所会頭
平瀬孝志 大仙市商工会長
檜森吉裕 美郷商工会会長
小松忠信 大曲の花火協同組合代表理事
齋藤靖 FMはなび野球解説員
齊藤大樹 斉藤光学製作所代表取締役

御法川信英 衆議院議員 国土交通省副大臣
渡部英治 県議会議員
加藤麻里 県議会議員
小松隆明 県議会議員
小山緑郎 県議会議員
佐藤寛 秋田県信用保証協会大曲支所長
山下勝 大曲郵便局長

みやこハーバーラジオ(宮古市コミュニティFM局)
「JA秋田おばこは地域の元気を応援します」
「D PRESS NIGHT2」
「大仙コロンブス」

鈴木裕樹(わらび座)
菅原圭位(OGA NAMAHAGE ROCK FESTIVAL実行委員長)
かさはらもとじ
山上衛
高八卦ちえこ
栗林聡子
近野淳一(鴉)
結香
毛利大介
N.U.
Yummi

【放送日時】
1月1日(土)2:00~5:00、7:00~8:00、12:00~13:00、17:00~18:00
1月2日(日)7:00~8:00、12:00~13:00、17:00~18:00
1月3日(月)7:00~8:00、12:00~13:00、17:00~18:00






毎年恒例ラジオのおせち☆FM花火の新春特番をお楽しみください

毎年恒例となってきましたFMはなびの年末年始の特別番組は今回もボリュームたっぷり、バラエティー、地域情報、スポーツ、歴史ドキュメントと、まさにラジオのおせち料理のように様々な話題を楽しくお届けします。秋田県大仙市のお正月は22年もラジオとお過ごしください!

【2021年12月31日(金)〜2022年1月1日(土)】
「おおまがりスーパーアリーナ大晦日SP 大曲年代会梵天大集合」
    <時間>22:00~24:00
    <出演>デニーロ・オオトモ、TOMO、AYA、藤田浩士
        ゲスト:かさはらもとじ、大曲年代会の皆様
    日曜14時からの人気番組「おおまがりスーパーアリーナ」が遂に特番進出、お馴染み賑やかなレ
    ギュラー陣に、カウントダウンイベントで梵天唄を唄う大曲年代会が集結、大曲ソウルびんびん
    の2時間生放送!
     

「YEGガレージへようこそ新春SP生放送 あけましてYEG」
   <時間>24:00~26:00
   <出演>大曲商工会議所青年部
   午前0時を回ってヒカリオ広場で梵天唄が響いたら、その後は大曲商工会議所青年部YEGの出番!
   何が飛び出すかわからない深夜の大冒険生放送。
   全国各地のどこよりも早いあけおめメッセージを集めますよ!
   

「新年あけましておめでとうございますFMはなびです〜輝けだいせんの子供達〜」
   大仙市新年の風物「声の年賀状」を今年もお正月三が日に放送。
   大仙市長をはじめ地元歌手などバラエティー豊かな新年の挨拶と共に、今年は「輝けだいせんの子
   供達」と題して、21年に活躍した大仙市のスポ少、部活の学生たちの元気な声もお届けします。
   キラキラ輝く大仙市の子供達をみんなで応援しましょう。
   <日時>1月1日(土)2:00~5:00、7:00~8:00、12:00~13:00、17:00~18:00
       1月2日(日)7:00~8:00、12:00~13:00、17:00~18:00
       1月3日(月)7:00~8:00、12:00~13:00、17:00~18:00
    

【2022年1月4日(火)】
新春特番①「新春民謡歌い始め〜どどんとおらほの新年会〜」(民謡)
   <時間>7:00~8:00、12:00~13:00、17:00~18:00 ※1日3回放送
   <出演>高八卦ちえこ、山上衛、深瀬康子 ほか
   民謡王国大仙市で活躍する民謡歌手3人をスタジオに迎え、唄で過ごす新年会。
   どこよりも元気なお正月を民謡と共に過ごしましょう。
       
   

【2022年1月5日(水)】
新春特番②「ブラウブリッツ秋田何でも語ろう新年サポーター座談会」(サッカー)
   <時間>7:00~8:00、12:00~13:00、17:00~18:00 ※1日3回放送
   <出演>キムタクさん(サポ歴15年)、石井さん(サポ歴3年)、今野さん(サポ歴10年)
       藤田浩士(FMはなび)
   21年激闘のJ2リーグを闘い抜いたブラウブリッツ秋田を、サポーターたちが集まり大いに語り合
   う60分!ひたむきに走った秋田、ありがとう秋田!
   

【2022年1月6日(木)】
新春特番③「いとうみか大研究〜ミカラプソディ〜」(音楽) 
   <時間>7:00~8:00、12:00~13:00、17:00~18:00 ※1日3回放送
   <出演>伊藤美果、栗林聡子、根田朋子、福原尚虎
   お昼の生ワイド「花咲レディオ」でお馴染みの伊藤美果さんを大研究。
   ラジオパーソナリティーで、合唱指導者で、元教師、そしてモデルでタレント、
   一体そのエネルギーは何処から?FMはなびがお送りする大仙市人物列伝をお楽しみください。
    
  
【2022年1月7日(金)】
新春特番④「榊田清兵衛特集」(郷土)
   <時間>7:00~8:00、12:00~13:00、17:00~18:00 ※1日3回放送
   <出演>佐藤雅俊(大曲史談会会長)、戸嶋真紀子(大曲史談会)
       コメント出演:御法川信英(衆議院議員)、有明秀太郎(大曲史談会)
       佐藤力(秋田民報社代表取締役)、足立勝男(地下鉄博物館副館長)
   大仙市大曲出身の代議士、榊田清兵衛氏の地域と日本にもたらした功績を紹介します。
    






【ニューイヤー花火2022開催】 花火と共に「大曲梵天唄」大熱唱で疫病撃退!

【イベント名】 ニューイヤー花火2022

【日時】 2021年12月31日(金)23:00~24:15

【会場】 大曲ヒカリオ広場

毎年恒例の大晦日深夜から新年にかけての足掛け2年カウントダウンイベント。
今までは音楽ステージと花火が上がる午前0時のステージを、今回は大曲年代会の有志がミニ梵天と共に勢揃い、新年を刻んだと同時に法螺貝から梵天唄の大合唱。花火に包まれながらの勇壮な梵天唄で22年大仙市の疫病退散、コロナを吹き飛ばすステージを実現します。

【内容】
     ・新年カウントダウンとニューイヤー花火打ち上げ
     ・FMはなび公開生放送
     ・紅白餅配布(手渡し)
     ・地元学校マーチング映像放映予定
     ・ホッカイロ配布

【出演者】 ・大曲五十四会、五十五年会を中心とした各年代会有志
      ・かさはらもとじ(歌手)
      ・司会進行:デニーロ・オオトモ、藤田浩士ほか

【タイムテーブル】 

22:00 FMはなび生放送開始
23:00 イベントスタート 司会挨拶など
      ※例年通り地元学校吹奏楽などの映像放映

23:40 かさはらもとじライヴ
23:55 大曲年代会 勢揃い
23:59 30秒前から司会がカウントダウン
24:00 花火打ち上げと共に大曲年代会による梵天唄(予定8曲)
24:15 ステージ終了






【大仙市議会定例会一般質問を放送いたします】

FMはなびでは、12/7と12/8に行われました令和3年4回大仙市議会定例会 一般質問の録音によるラジオ放送を行います。
市議会および市長の声をお届けしますので、傍聴のため議場に訪れることができなかった方もぜひお聞きください。

<放送日時> 
〇12月13日(月)午後7時~午後9時30分(2時間30分)
  12/7定例会2日目
〇12月14日(火)午後8時~午後10時30分(2時間30分)
  12/8定例会3日目
〇12月18日(土)午前7時00分~午前9時30分(12/13放送分・再放送)
〇12月19日(日)午前7時00分~午前9時30分(12/14放送分・再放送)






【大発表!!】学生対象ライヴコンテスト開催決定

コロナでライヴ・イベントの中止延期が相次ぐ中、特に学生バンド、10代20代の若者がステージに立って表現する機会が失われています。
何よりもライヴをやってこそ成長できるこの世界、しかも10代20代のステージ経験の大切さは計り知れないものがあります。
このたび地元放送局とライヴハウスが組んで、この秋田の学生バンド(ソロ)を盛り上げ応援するためにコンテストイベントを計画しました。
秋田のライヴとエンターテイメントの未来を切り開くこの大会に、チャレンジ&応援を是非よろしくお願いします!

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

ROAD TO DAIONKYO 2022

<秋田大会> 
2022年2月11日(土)ラウドアフェクション(秋田県秋田市南通亀の町3-44 川原田ビル2F)
13:30開場14:00開演
入場料¥1000/1ドリンク¥500 ※高校生以下入場料無料

<大曲大会> 
2022年2月12日(土)アンレーヴ(秋田県大仙市大曲中通町3-16)
13:30開場14:00開演
入場料¥1000/1ドリンク¥500 ※高校生以下入場料無料

<内容>
学生バンド・ソローティスト5組がステージで演奏披露。
① ネット投票
② 会場投票
③ 特別審査員投票により集計

最多得票者(組)は、来年3月6日(日)に大仙市大曲市民会館大ホールで開催される「Music Festival in DAISEN 大音郷2022」に出場できる権利を獲得する。

<エントリー資格>
事務所に所属していないアマチュアミュージシャンで学生(小・中・高・大・専門)であること。
バンドの場合、メンバーに学生(小・中・高・大・専門)が一人以上いること。
住所は特に限定しないが、3月5日と6日に大仙市大曲市民会館大ホールに来ることができる人(組)。

<ルール>
ジャンル、演奏形態不問
演奏曲は全てオリジナルで著作権管理団体等に未登録であること
演奏時間は12分、曲数は自由

<申し込み方法>
① バンド名(アーティスト名)
② 本名、住所、メールアドレス、電話番号
③ ジャンル
④ 演奏形態(使用楽器など)
⑤ 演奏予定曲歌詞
⑥ 演奏予定曲音源 
⑦ アーティスト画像

<申込先>
FMはなび 秋田県大仙市大曲通町1-14
tel 0187-88-8246 fax 0187-88-8249
873@fmhanabi.com

※募集締め切り 12月16日(木)24時  

<問い合わせ>
FMはなび 0187−88−8246
873@fmhanabi.com






女子大学生視点の日本酒PRプログラム「ノメバミヤコ」配信開始!

TOPページにもあるように、秋田県、秋田大学、そしてFM花火が組んで発信する大仙市のお酒情報動画「ノメバミヤコ」が配信開始しました!拡散ご協力をお願い致しますー。

《花火と並ぶ大仙市のお酒をPR》
シティプロモーションを学んでいる秋田大教育文化学部の益満ゼミでは、酒蔵の多い大仙市の日本酒を全国に発信するプロジェクトを実施。学生たちが酒米を植えるところから始めるなど、大仙市に通いながら大仙市のお酒の魅力を実体験を通し探求、取材をしてきました。

《女子大学生目線の番組配信》
今回、FMはなびと共同作業で、この大仙市のお酒を世に広めるための動画を制作、ネット配信が開始されました。ポイントとしては、ゼミ生全員が女性であることから女子大学生の視点でお酒の魅力をレポート、彼女たちの言葉とセンスで番組が制作されたところ。
例えばお酒のことを「一番星くん」と呼ぶなど、従来の日本酒のイメージを良い意味で覆します。

《テーマソングはriroxが担当》
そしてもう一つは、ネットシンガーとして注目を集めているアーティストrirox(リロックス)がテーマソングを担当、同世代の彼女たちの思いを汲んで作ったオリジナル曲「宵の星々」をプレゼントしてくれました。
学生の提案でコーラスに地元民謡を入れるなど、大仙市のお酒と秋田への想いが込められた作品に仕上がり、早くも来春どこかでコンサートを実現したいという声もあがってます。

【企画名】 秋田大学益満ゼミpresents「ノメバミヤコ」

【放送形式】 動画番組 10分前後 / 全6番組配信
      
【配信スケジュール】 ※制作状況によって変更の可能性があります

第1回 千代緑レポート 2021年11月8日配信開始
担当:泉好香菜

第2回 刈穂レポート 2021年11月19日配信開始予定
担当:伊藤千穂

第3回 金紋レポート 2021年12月3日配信開始予定
担当:佐々木珠莉

第4回 秀よしレポート 2021年12月17日配信開始予定
担当:夏井聖来

第5回 出羽鶴レポート 2021年12月17日配信開始予定
担当:進藤佳音

第6回 特別編  2022年1月 配信開始予定

【ラジオ放送も】

学生たちがFMはなびの生ワイド番組「パワーフライデーPART2」(毎週金曜11:30〜13:00パーソナリティー:マキア)に出演、酒蔵取材の音声を流し取材の様子を話したり、配信動画の宣伝をしてYoutube動画アクセスに繋げます!

第1回目 2021年10月22日(金)12:28〜12:43
         益満ゼミ出演者:益満環、泉好香菜、伊藤千穂、佐々木珠莉

第2回目 2021年11月19日(金)12:28〜12:43
         益満ゼミ出演者:夏井聖来、進藤佳音

第3回目 2021年12月17日(金)12:28〜12:43

第4回目 2022年1月21日(金)12:28〜12:43

  






スタジオの前に花を植えました♪

FMはなびのガラス張りのスタジオは、大曲駅前のヒカリオ広場にあります。
最近は学生さんが集うようになって賑やかになってきたヒカリオ広場。
特に土日は道路向こう側のクレープ屋さんでクレープを買って、広場で食べるというのが学生&若者達の定番になりつつあって微笑ましいのです。

そんなスタジオの前には花壇があるのですが、ちょっと荒れ気味で殺風景でした。
それを気にして、駅前通り商店街有志の方々が花の植え直しを申し出てくださり、その作業のために会議所青年部の方々が重機を出してくださいました。
そして番組出演者DJいっせいさんの経営している「花ハウスグレボ」さんから花の苗を提供いただきました。

今日はその苗をスタッフ皆んなで植えたところです。
咲くのは来年の夏とのこと、今から楽しみ。
街の人達に気にかけてもらい、助けてもらえて、FMはなびは本当に幸せな放送局です。
若者の笑顔が溢れるヒカリオ広場を、来年は花いっぱいに飾りましょう。






【10.30防災特番】ラジオ工作キットをプレゼント!!

10月30日(土)14:00から生放送、防災特番「一般社団法人大曲青年会議所提供 防災のことをみんなで学ぼう!」では、番組にメールを下さるか、アンケートに答えてくださった方にラジオ工作キットをプレゼントしています。
番組あてのメールはこちら
防災のために普段心がけていること、家族で話し合ってることなど教えてください。

アンケートはこちらまで
もしくは、こちらのQRコードで↓






【特番】一般社団法人大曲青年会議所 提供「 防災のことをみんなで学ぼう!」

地域の防災について、実際に最前線で取り組んでいる方や、大曲青年会議所JCのメンバーがスタジオに集まり、この街の防災について生放送で大いに語り合います。
前半は「防災ディスカッション」、湯沢河川国道事務所や大曲仙北電気工事協同組合から関係者をスタジオに招き、大雨災害を中心にそれぞれの取り組みを紹介。後半はそれに基づいてメールや電話で質疑応答の時間もあります。
また、ラジオ工作キットがプレゼントされます、ぜひ申し込んでください!

【放送日時】 10月30日(土)14:00〜15:00

【出演】 
湯沢河川国道事務所調査第一課 課長 佐藤隆夫
大曲仙北電気工事協同組合青年部 会長 高橋翔太
大曲青年会議所 理事長 佐藤信暁
大曲青年会議所まちづくり委員会 委員長進藤裕太
DJいっせい
藤田浩士

★一般社団法人大曲青年会議所について

約69年の歴史をもつ日本の青年会議所(JC)は、「明るい豊かな社会の実現」を共通の 理想とし、人種、国籍、性別、職業、宗教の別なく次代の担い手たる責任感をもった団体です。 現在691余の地域に約3万3千名の会員を擁しております。
その中で、一般社団法人大曲青年会議所(大曲JC)は49年の歴史を有し、現在は大仙市、 仙北市、美郷町に住所又は勤務先がある20歳から40歳までの青年が、約30名の会員数で 運動を展開しております。大曲JCは、大仙郷の魅力を発信するまちづくり事業、自立心を育 む青少年育成事業、会員の成長を促す研修事業、地域事業への貢献などの活動を展開している 団体です。







【特別番組】残月花火を追え!& 秋の章名場面集

今年は中止となってしまった「大曲の花火-秋の章-」の過去の名場面を振り返る特別番組。
同様に中止となった「残月花火選手権大会」を取り上げ、第3の花火「残月花火」を特集。
秋の夜長に花火談義を深め、この日打ち上げられる「四ツ屋まつり花火」も生中継放送します。

【番組名】 FMはなび特別番組「HANABIMANIA秋の章」

【放送日時】 2021年10月10日(日)17:00〜20:00

【番組内容】 

17時台「残月花火を追え!」出演:小松忠信(小松煙火工業)久米川和行(和火屋) ほか
残月花火の由来や、思い出を関係者インタビュー構成で特集。毎年11月に開催さ
れていた「残月花火選手権大会」も紹介

18時台「大曲の花火秋の章名場面」出演:小西亨一郎、美郷ジャズ、HEAVENESE ほか
エンターテイメント花火としてライヴなどを盛り込んできた秋の章の名場面集。
美郷ジャズやHEAVENESEライヴを紹介

19時台「四ツ屋まつり×ひかり学年夢花火」出演:齋藤健太郎(響屋大曲煙火)根田朋子 ほか
小学生のメッセージをのせた「夢花火」打ち上げ現場から生中継






大仙市仙北の地域ソング発表!

FMはなびで番組パーソナリティーとしてお馴染み、大仙市在住の歌手、かさはらもとじの新曲が発表されました。

タイトルは「ふれあいのまち」。こちらは地元の大仙市仙北地域の地域ソングとして、彼の初めての作詞作曲の作品です。
歌詞の中に仙北地域の地名やフレーズが散りばめられた地元愛に満ちた1曲、これから末長く学校など地域の人たちに親しまれていくでしょう。

FMはなびでは勿論レコメンドとして毎日紹介して行きますよ。
この曲は販売の予定はありませんが、市内の図書館などで貸し出しできるように準備中です、詳細決まり次第お伝えしますので乞うご期待!






放送時間変更のお知らせ

平素よりFMはなびの番組をお聴きいただきまして誠にありがとうございます。
FMはなびでは2021年10月より一部番組の放送時間の変更がございます。

「気ままにハッピーday!」
変更前:金曜日22:00~22:30/再放送土曜日20:00〜20:30
変更後:土曜日20:00〜20:30/再放送木曜日21:30〜22:00

「となりのムコ上手」
変更前:第1第3第5金曜日 / 22:30~23:00/再放送第1第3第5土曜日21:30〜22:00
変更後:土曜日21:30〜22:00






【特別番組】神岡南外花火大会の歴史 天に捧げる光・奉納花火を語る

2年連続で中止となってしまった「神岡南外花火大会」、その歴史をインタビューで紐解くドキュメンタリー番組。
前身は「神宮寺八幡宮祭典奉納花火大会」として神事の花火大会だった今大会の関係者に話を聞き、奉納を目的とした花火、奉納花火について深く掘り下げ、単なる宗教行事ではない、地域日本文化の基盤となる存在である花火の存在に迫ります。

スタジオに神宮寺八幡宮佐々木宮廣宮司を招き、八幡神社の様々な行事や、奉納花火について話を聞き、関係者インタビューを交えながら構成します。

【番組名】 FMはなび特別番組「神岡南外花火大会の歴史 天に捧げる光・奉納花火を語る」

【放送形式】 90分録音番組

【放送日時】 9月23日(木祝)
①7:00〜8:30②12:00〜13:30③17:00〜18:30 

【出演】※出演順敬称略 

佐々木宮廣(神宮寺八幡神社宮司)
久米川正行(株式会社和火屋会長)
今野正義(株式会社北日本花火興業会長)
佐々木峰生(株式会社佐々木建材店社長)
柴田真希亜(大仙市観光物産協会)
桜田拓(FMはなびDJ 神岡出身)
高八卦ちえこ(民謡歌手 神岡在住)
山上衛(民謡歌手 飴売り節初代日本一)

藤田浩士(FMはなび)

 






【大仙市議会定例会一般質問を放送いたします】

FMはなびでは、9/7と9/8に行われました令和3年第3回大仙市議会定例会 一般質問の録音によるラジオ放送を行います。
市議会および市長の声をお届けしますので、傍聴のため議場に訪れることができなかった方もぜひお聞きください。

<放送日時> 
〇9月13日(月)午後7時~午後9時(2時間)
〇9月18日(土)午前7時~午前9時(9/13の再放送)






【特別番組】県内7局のコミュニティFMとNHKが防災の番組を制作・放送

NHK秋田放送局と県内7局のコミュニティFMが加盟する秋田県コミュニティ放送連絡協議会は、防災の日(9月1日)を迎える今月、特別番組「いまラジオにできること~語り継ごう災害の記憶~」を放送します。

災害時、頼りになるのがラジオ。ラジオは停電が起きても聴くことができ、避難時には手軽に持ち出すことができます。
東日本大震災でも「被害の詳しい状況がわかった」「給水所の場所など生活情報 をラジオから得ていた」という声が聞かれました。

そこで、NHK秋田放送局と秋田県コミュニティ放送連絡協議会は、ラジオの役割について改めて知ってもらおうとの特別番組を放送することにしました。
番組では、県内で発生した大きな災害につ いて体験者から当時の様子を聞いて教訓を学びます。
そして、それぞれの局の防災への取り組みや、災 害が発生した場合にどのような放送を通じて被災者へ情報を届けるのかお伝えします。

番組はNHK秋田放送局と秋田県コミュニティ放送連絡協議会が制作し各局で放送します。

<番組名>
「いまラジオにできること~語り継ごう災害の記憶~」

<放送予定日時>
FMはなび 9月12日(日) 16:00〜

NHK秋田放送局[ラジオ第1] 9月9日(木) 17:05〜

鹿角きりたんぽFM 9月12日(日) 14:00〜
ラジオおおだて 9月11日(土) 15:00〜
ACB秋田コミュニティー放送 9月10日(金) 14:00〜
エフエム椿台 9月11日(土) 9:00〜
横手かまくらFM 9月11日(土) 13:00〜
エフエムゆーとぴあ 9月12日(日) 15:00〜

※放送予定は変更になる可能性があります。

<出演>
司会:松井 大(NHK秋田放送局)、根田朋子(FMはなび)
県内7局のコミュニティFMのパーソナリティ  ほか






【速報】「大曲の花火―秋の章―」は中止となりました

10月2日(土)に開催を予定しておりました「大曲の花火―秋の章―」は、本日、「大曲の花火」大会委員会を開催し、新型コロナウイルスの急速な感染拡大により、ご来場される皆様や住民の皆様の健康と安全を確保することが困難なことから、開催を中止することを決定しました。

公式サイトはこちら






【あした生特番3時間やります!】ハマビマニア2021

本来ならば「第94回全国花火競技大会〜大曲の花火〜」が開催される予定だった8月
28日に3時間特別番組、生放送をやります!

タイトルは「ハナビマニア」。もはや大曲人にしか出来ない放送をお届けします。

マニアすぎる花火クイズや花火大喜利、そして、地元民謡歌手山上衛が再録音で復活させた「大曲花火音頭」の初披露もあります。

また、「大曲の花火の思い出30連発」と題して大仙市民30人のインタビューコメントを連発。

花火が無くても熱はある!花火の街大曲の熱気を世界に発信しますよ〜!!

【番組名】 FMはなび特別番組「花火の無い夜は‥ HANABIMANIA2021」

【放送日時】 8月28日(土)17:00〜20:00 3時間生放送

【番組内容】
  第1部 OMAGARI HANABI talk
    ・大曲の花火の思い出30連発 大仙市民30人の録音コメント連発

  第2部 OMAGARI HANABI variety 今夜決定ハナビマニア2021は誰だ!?
    ・マニア過ぎる花火クイズ大会
    ・花火大喜利
    ・復活「大曲花火音頭」歌うのはこの男だ!!

  第3部OMAGARI HANABI groove
    ・HANABI groove 大曲DJによる花火をテーマしたDJショウ

【出演】 小西亨一郎(花火評論家)、隈元信義(響屋大曲煙火)、青木大典(響屋大曲煙火)
     山上衛(民謡歌手)、DJ AKI、DJ QBO、藤田浩士(FMはなび) 
     大仙市民パーソナリティー30人(録音コメント出演)      ほか






【テレビ番組として放送】特別番組「花火愛は止まらない!〜大曲花火5社勢揃いトークライヴ〜」

6月12日(土)に放送された特別番組「花火愛は止まらない!〜大曲花火5社勢揃いトークライヴ〜」が、テレビ番組となって配信されます。

この気合の入ったポスターのごとく、大曲の花火師、花火関係者たちの赤裸々な花火トークを映像付きでお楽しみください!!

放送はCNA秋田ケーブルテレビですが、無料のアプリ「し〜なアプリ」で観ることも出来ます。詳しくはこちら






【特別番組】第12回大曲の花火うた受賞作品を紹介!

「大曲の花火」を題材に川柳、俳句、短歌の3部門で公募された「第12回大曲の花火うた」の受賞作品を紹介する特別番組「大曲のはなびうたを詠む」を放送します。

再延期となり今年も「大曲の花火」は観る事ができないのですが、沢山の応募をいただきました。
大曲の花火愛の根強さを感じます。

今年の大賞は、なんとも大胆な作品が受賞しましたよ!どうぞお楽しみください。

<番組名> 大曲のはなびうたを詠む

<放送日時> 2021年8月25日(水)10:30〜11:00
            8月28日(土)16:30〜17:00

<提供> (有)秋田民報社、市民交流プラザのびのびランド






【FMはなび開局6周年記念コラム】 ③伊藤美果

 大仙市にコミュニティFMが誕生するという。
しかも開局準備の中心がかつての教え子、根田朋子さんだと聞き、これは激励に行かねばと駆けつけた。
それが、飛んで火に入る夏の虫。よもや、番組を一つ任されることになろうとは…。
しかし、かつての教え子の頼みを断っては女が廃ると、「えーふりこいで」引き受けてしまった。

 かつて勤務していた大曲小学校では放送委員会の担当だったし、野球、水泳、陸上の地区大会ではなぜか毎年アナウンス係だった。
マイクに向かうのはあまり緊張しないと思っていたのだが、情報番組の生放送は生まれて初めての経験。
ギャラリーのいないハコで一人芝居を演じるような不安な日々だった。
番組開始早々、伝説の放送事故もやらかしたし、慣れないうちは、放送が終わるとグッタリ。帰宅してちょっと休憩のつもりが爆睡していたなんてことも度々あった。
基本的に、与えられた原稿をしっかり読めば良いのだからと思いつつも、根が真面目だから(?)フリートークのネタを探したり、サクッと選曲するつもりが、最近の人気曲を聴きまくって時間を忘れたりと、気づいたら、一週間の中心が「FMはなび」になっていた。 

 そして3年が経った頃、局はどんどん新しい企画や実況中継を打ち出し、若いパーソナリティーが加わり、大仙市ゆかりの若手アーティストもたびたびスタジオを訪れるようになった。
対流が起きている…そんな印象だった。

 スタジオの内と外を、市民と聞き手の方々にこんなにも潔く晒しているラジオ局ってないんじゃないだろうか。だから愛されるのだろう。
6周年という節目で、私は少し立ち止まって周囲を見回してる。
変化し続けることと、きっちりルーティンをこなすことの狭間で、パーソナリティーとしての自分はその役割を果たせているのか?などと、殊勝にも内観している。

 7年目の伊藤美果はどう変化するのか、目も耳も離せませんよー。
    
    
   
   
 

★★★★★★★★★★★★★★

人気パーソナリティーによるリレーコラム、最後に登場は「花咲期レディオ」(11:30〜13:00)木曜日のパーソナリティー伊藤美果さん。

ネイティブ秋田弁シンガーいとうみかとして音楽活動もしながら、秋田弁講座でネットラジオがブレイク中。
そのバイタリティー溢れる活躍と、自らの意見を発信し続ける姿勢は、まさしくFMはなび唯一のラジオパーソナリティーと言えるでしょう。
これからも私たちを驚かせ‥いえ、楽しませてください!

 

 





【FMはなび開局6周年記念コラム】 ②佐々木ゆう子

大仙市にラジオ局が出来る。
「ボランティアを募集するんだって」の話を聞いた時、ここに関わっていきたいな‥と思い、すぐに募集用紙に書き込みFAXしました。

 お陰様で、6年間、何事もなく‥何事もあり‥。
の中で、楽しく関わらせていただいております。
 スタッフの方にも初めてのはずなのに、影では色々な事があったと思いますが、私の目には整然とした様子しか伺えず、淡々と物事をこなしているプロフェッショナルの集まりなんだと映っていました。
 
 私がラジオに夢中になっていたのは中学、高校生の頃。
その頃の私は、音楽情報や深夜番組のアーティスト情報、ちょっと大人っぽい人生相談など、すべてがラジオからの情報で成り立っていた様な気がします。
初めて聞く言葉、単語も数多くありました。
そんな中で、思わず「くすっ」と笑える話が特に好きになり、いつその「くすっ」の場面が出てくるかを楽しみに、ずっとラジオをつけっぱなしにしていました。

 ボランティアに参加することにあたり、その「くすっ」を大切に皆さんにお届けして行けたらいいなと思っております。
 そして皆さんの「くすっ」も沢山聞きたいと思います。

★★★★★★★★★★★★★★

「さゆ」こと佐々木ゆう子さん、「花咲期レディオ」(11:30〜13:00)火曜日のパーソナリティーとしてFMはなび根田朋子とのコンビはあまりに有名。
もちろん開局以来の担当です。

もしもラジオ黄金期に、東京の放送作家がこの番組を聴きつけたらすぐに東京に連れて行かれるんだろうなあ、と思わせるはちゃめちゃトークはFMはなびの強力な武器(?)の一つ。
泣き笑いトークをこれからもよろしくお願いします!






【FMはなび開局6周年記念コラム】 ①高橋京子

6年前の春。
ふと、ある広告に目が落ちた。
大仙市にコミュニティFMが開局されるとの広告でした。

長く務めた会社にも一段落し、何かの力仕事とか、イベント協力など、まだまだ出来る!と信じて、ボランティアスタッフとして早速申し込ませて頂いたのが始まりでした。

その年の2015年8月8日(土)、大仙市コミュニティFM「FMはなび」誕生。
あれから6年目を迎えることができ、関係者の皆様と共にお祝いを出来ることに何より喜びを感じております。

「6周年おめでとうございます」

忘れもしないのは、開局の翌々日から生放送番組が本格スタート。
私が最初の担当としてマイクに向かい「FMはなび花咲きレディオ8月10日……、月曜日の担当は私、高橋京子がお送りします…。」

ドギマギしながら話し続けた記憶が、思いの中で駆け巡ります。
現職の時、沢山の方々の前で話す仕事に長年携わってきたはずなのに、どうしたんだろう?言葉を発する難しさを感じました。
ラジオは顔も見えない、声だけの想像の世界。
電波を通じて、この空間の中で一人マイクに向かって話すことに、恐怖を感じたこともあったなあ〜。

日が経つにつれて、疑問、迷いも出てきて、局長さんはじめスタッフの方々にも沢山のアドバイスを受けながら、どうにかここまで来ることが出来ました。

独りよがりになることなく、自分が楽しく話すことで聴いてくれる方にも伝わると信じて、言葉と音楽で季節を感じてもらえるような、温もりのある情報発信、そして私のコーナー「キレイが届く宅配便」で、美容を中心とした旬な情報をお届けすることが、私のパーソナリティーとしての仕事です。

また、私はグランマート「街角お買い物レポート魔法のカゴ」も担当させて頂いています。
そこでは沢山のお客様との生の出会いがあり、涙する事や、笑いあり、心が豊かになる場面も多くありました。
最近声をかけてもらった、嬉しいエピソードとして「ラジオをず〜っと聴いてるよ、高橋京子の声を聴くと、あっ!今日月曜日だったな、あの用事を…」って。
私=月曜日(笑)となっているようで、なんと嬉しいこと!!!

これからも研鑽を積みながら、大仙市の皆さんに温もりと笑顔をモットーに情報を発信します。
大仙市コミュニティFM「FMはなび」は、私の生きがいでもあり、宝物です。
頑張ろう!FMはなび!!

★★★★★★★★★★★★★★

高橋京子さんは「花咲期レディオ」(11:30〜13:00)月曜日のパーソナリティーとして開局以来担当。
そしてコラムにある通り、グランマート・タカヤナギ提供「街角お買い物レポート〜魔法のカゴ」のインタビュアーとしてもかれこれ400人以上の方々にインタビューしています。
放送の役目の基本中の基本「インタビュー」を、誰よりもしている高橋さんは大仙市の食卓の記録を紡ぐ貴重な語り手なのです。






【FMはなび6周年開局記念日】あの五輪選手から祝福のメッセージ!

8月8日はFMはなび開局記念日です。
おかげさまを持ちまして6周年を迎えることが出来ました。
これもひとえに皆様の応援とご協力があってこそです、心から感謝申し上げます!!

すえひろがりの良き日ということで開局記念日に定めた8月8日ですが、1年で3番目に記念日の多い日でもあるそうです。

というわけで、FMはなびと同じ「誕生日」ということで、なんと8月8日生まれの猫ひろしさんがお祝いメッセージをくださいました。
猫ひろしさんはご存知の通り、カンボジア代表としてオリンピック出場実績があります。
感動のドラマを数々生んだオリンピックももうすぐ幕を下ろします、7年目に向かってFMはなびも思いも新たに突き進んでまいります!にゃー!!

 






【新番組】大曲ロータリークラブ提供「Reasons」

いつまでも変化しない本質的なものの中にも、新しさを取り入れて変化していく「不 易 流 行 」を今年度テーマに掲げ、地域貢献と親睦を深め活動している、大曲ロータリークラブの番組がスタートしました。

「そもそもロータリークラブって何?」「どんな活動しているの?」そして地元の話題や世相などを独自の視点で語り合うトーク番組。
第1回目からスパイスを効かせてお届けしますよ!

<番組名> Reasons

<放送日時> 毎月第4火曜日 19:00〜19:30

<出演> クボケン

大曲ロータリーの詳くはこちら

 






FMはなびタイムテーブル夏号!

FMはなびの新しい番組表がリリースされました!

野球中継で真っ黒焦げの藤田君が持っているタイムテーブル。
今回も、是非とも部屋に貼って欲しいB3版。
背景の画像は初夏の池田氏庭園でございます。

大仙市役所、大曲駅グランポールなど公共機関、タカヤナギなど各店舗にもこれから置かれます。
FMはなびにもありますので、お越し頂けたらお渡しします(月〜金9:00〜17:00)






FMはなび高校野球中継テーマ曲に現役女子高生バンド「月刊少年アイロニー」

FM花火としては3回目となる高校野球実況中継(7/9、7/11、7/12放送)特に今年は会場が大曲球場になり、高校球児達の熱戦を大仙市から全県・全国の野球ファンの皆様に発信します。

そしてこの実況中継番組のテーマ曲が、秋田市の高校2年生のロックバンド、「月刊少年アイロニー」の「スーパーノヴァ」に決定しました。
秋田市の女子高生3人による結成1年の文字通り「スーパーノヴァ(超新星)」である彼女たちのナンバーが、球児達の熱戦に華を添えます。

田川(Gt.Vo.)、高橋(B.)、ばもえ(Dr.)の3ピースロックバンド月刊少年アイロニーは、FMはなびとCNA秋田ケーブルテレビの共同制作による公開番組「NAKAICHI Upcomer Array」(土曜22:30過ぎ)にゲストで登場。
ストレートなバンドサウンドと、少年の心を注ぎ出すような歌詞の世界、そして何よりも同じ秋田の同じ世代の鼓動が、中継放送を大いに盛り上げてくれるでしょう。

「第103回全国高等学校野球選手権秋田大会 実況生中継」詳細はこちら

月刊少年アイロニーについてはこちら

FMはなび番組出演した月刊少年アイロニーはこちら






ぼうさい自販機873!!

FMはなびは株式会社タカヤナギ様とアサヒ飲料グループ株式会社ミチノク様の協力をいただき、3社コラボレーションによる「ぼうさい自販機873」の製作と、大仙市内グランマート各店設置を実施しました。

「FMはなび ぼうさい自販機873」とは、災害時に飲料無償提供や携帯端末の充電機能を持ち、地域の防災情報を表示するなど防災に特化した自動販売機で、有事の備えと、普段からの防災意識の高まりを促します。
特に、側面に設置場所近郊の避難所が掲載されてあり、キャラクターの吹き出し台詞で「いざという時のひなん所だよ」「いくつ知ってるかな?」などとあり、子供達に避難所への関心を持たせる狙いがあります。

近年、様々な自然災害が発生し、各自治体レベルでの防災意識が高まってるなかで、ローカルラジオ局と地域のスーパーマーケットが手を組んで防災に取り組むことは、非常に意義があると思っています。

また、設置の際には読売新聞、秋田民報、そして秋田さきがけ新聞の各紙が記事として取り上げてくださいました。
より多くの人に知っていただく必要がある取り組みなので、ご協力本当にありがたく思ってます。

 






【特別番組】大曲平成元年会同窓会がラジオで実現 「よく生きよ!大曲中学校絆輪(ゆうりん)学年」

秋田県においても次々とイベント行事の中止または延期が発表される中、例年であればお盆の時期に開催される中学校同窓会を、ラジオ放送で開催することとなりました。

大曲中学校平成元年会「絆輪(ゆうりん)学年」は、女性が厄払いを行う数えで33歳を迎えます。
本来であれば帰省者も含む大勢の同窓生たちが顔合わせ絆を深め合うところを、それが難しいこの夏は、離れていてもつながり合えるラジオを通して、FMはなびラジオDE同窓会を生放送。同窓生の近況や、先生のメッセージも放送し、折々に卒業当時のヒットナンバーを中心とした「思い出のリクエスト曲」も流し、聴取者と共に平成元年世代の思い出を味わいます。

 

【番組名】  FMはなび ラジオDE同窓会「よく生きよ!大曲中学校絆輪(ゆうりん)学年」

【放送日時】 2021年8月14日(土)20:00〜21:00 生放送
       
【番組内容】 恩師のコメントや、当時の学校の思い出をリクエストと共に集め紹介
       「あの人は今?」話題だった生徒に電話インタビュー現在を聞く
       今考える「よく生きよ」とは   ほか






【FMはなび 第103回全国高等学校野球選手権秋田大会 実況生中継のお知らせ】

【FMはなび 第103回全国高等学校野球選手権秋田大会 実況生中継のお知らせ】

2年ぶりに夏の甲子園を目指す戦いが帰ってきます!
新型コロナウィルスの影響で甲子園大会やその予選が中止となり、代替の大会として県高野連が独自に開催することになった昨夏。
後輩たちが受け継いだ2年越しの思いを胸に、今年は夢舞台へ続く熱戦が繰り広げられます。
FMはなびでは大曲球場での1,2回戦全6試合を実況生中継で放送いたします。
1,2回戦は、県内4会場ともに無観客で行われ、球場での応援は保護者・家族、学校応援生徒・職員のみと定められています。
会場にお越しになれない皆様や卒業生の皆様など、県内の高校野球ファンの皆様にはラジオを通して大曲球場での生中継をお楽しみください。

インターネット配信 https://fmplapla.com/fm-hanabi/

 

【タイトル】 「第103回全国高等学校野球選手権秋田大会 実況生中継」

 

【放送日時】  
7月9日(金)9:50~(2試合)
1回戦

10:00 由利工業 - 金足農業 ※1
実況 藤田浩士(FMはなび)

解説 齋藤靖(花館ドッカーンズ監督、大仙ビッグフィールド監督)

13:00 西仙北・羽後 - 秋田修英 ※2

実況 藤田浩士 

解説 鈴木健一(秋田経法大附属 現 明桜出身、高校野球元コーチ)

 

7月11日(日)9:50~(2試合)

 2回戦
10:00 大館桂桜 - 大曲農業  実況 藤田浩士 解説 齋藤靖

13:00 五城目 - 由利       実況 藤田浩士 解説 鈴木健一

 

7月12日(月)9:50~(2試合)

2回戦

10:00 秋田商業 - ※2の勝利校  実況 藤田浩士 解説 鈴木健一

13:00 大館国際 - ※1の勝利校  実況 藤田浩士 解説 齋藤靖

(放送日時は天候などにより変更になる場合があります)






【超速報!!高校野球甲子園予選秋田大会中継決定!!】

 
 
第103回全国高等学校野球選手権秋田大会がいよいよ7月9日(金)に開幕します。
1,2回戦は、こまちスタジアム、さきがけ八橋球場、山田久志サブマリンスタジアム、そして大曲球場の県内4会場で開催されます。
 
FMはなびでは、大曲球場での1,2回戦全6試合を実況生中継することが決定いたしました。
全国的に見ても、甲子園予選大会をコミュニティFMが中継するのはとても珍しいことです。
 
1,2回戦は全球場ともに無観客で行われ、
球場での応援は、保護者・家族、学校応援生徒・職員のみと定められています。
 
県内の高校野球ファンの皆様にはラジオ中継を通して大曲球場での熱戦をお楽しみください!
 
 
放送日時
7月9日(金)9:50~ (2試合)
7月11日(日)9:50~(2試合)
7月12日(月)9:50~(2試合)
※雨天等により変更になる場合があります。
 
出演者
実況 藤田浩士(FMはなび)
解説 齋藤靖(花館ドッカーンズ監督、大仙ビッグフィールド監督)
   鈴木健一(秋田経法大附属(現 明桜)出身、高校野球元コーチ)
 
放送カードはこちら!
 
全て大曲球場
 
7月9日(金)1回戦
10:00 由利工業 - 金足農業 ※1
13:00 西仙北・羽後 - 秋田修英 ※2
 
 
7月11日(日)2回戦
10:00 大館桂桜 - 大曲農業
13:00 五城目 - 由利
 
 
7月12日(月)2回戦
10:00 秋田商業 - ※2の勝利校
13:00 大館国際 - ※1の勝利校
 





【速報】第94回全国花火競技大会は、来年に開催が見送られました

第94回全国花火競技大会は、来年2022年8月27日(土)再延期開催となりました。

「大曲の花火」実行委員会によると、新型コロナウイルスワクチンの接種状況、変異株の感染等を考慮し慎重に検討協議を重ねた結果、ご来場される皆様の健康と安全を確保する事が難しいことから開催を1年延期することを決定。
2年連続の延期は戦争による延期を除いて、大会史上初めてです。

「大曲の花火」実行委員会による発表はこちら

 






【再放送情報 少年野球の熱戦をもう一度!】

【再放送情報 少年野球の熱戦をもう一度!】
 
FMはなびでは6月19日(土)に行われました全県少年野球大曲仙北地区予選第1地区の決勝戦
大曲中学校-協和中学校を大曲球場から実況生中継でお送りしました。
 
その中継の再放送が決定しましたのでお知らせいたします!!
放送日時 6月27日(日)18:00~19:30
 
 
大曲中、協和中卒業生の皆様、そして大仙市内の少年野球を愛する皆様!!
全県大会切符を懸けた、文字通り熱戦となったこの試合。

全県トップクラスのレベルを誇る大曲仙北地区予選を再度ラジオにてお楽しみいただければと思います。






中学球児の夏!!「第87回全県少年野球大曲仙北地区予選大会 第1地区決勝 実況生中継」

中学3年生にとっては最後の夏、中学野球生活の集大成となる大会。
秋田県トップクラスのレベルを誇る大曲仙北地区の少年野球は地元はもちろん、秋田県の野球ファンの注目を集めています。
全県大会出場を懸けた決勝の模様を大曲球場から実況生中継でお送りします。
同時刻、他球場で行われる大曲仙北の第2地区、第3地区の決勝もスコア速報でお伝えします。
新型コロナ対策で無観客での開催となった今大会。ラジオを通じて球児たちの全力プレーをお楽しみください。

 

【放送媒体】  FMはなび (周波数87.3MHz出力20W)

【可聴エリア】 秋田県大仙市 推計人口78,540人(2021年4月30日現在)

        インターネット配信 https://fmplapla.com/fm-hanabi/

【番組名】 「第87回全県少年野球大曲仙北地区予選大会 第1地区決勝 実況生中継」

【放送日時】 6月19日(土)8:50〜決勝戦試合終了まで ※天候等により変更になる場合があります

【放送席】   実況:藤田浩士(FMはなび)

解説:齋藤靖(スポーツ少年団花館ドッカーンズ監督/大仙ビッグフィールド監督)






特別番組「花火愛は止まらない」放送しました!

6月12日(土)本来ならば「大曲の花火春の章」があるはずだったこの日、特別番組「花火愛は止まらない!〜大曲花火5社勢揃いトークライヴ〜」を放送しました。
2時間の特番として、前半の1時間は大曲花火5社勢揃いトークライヴ、後半の1時間はプレイバック大曲の花火と題して、昨年の「大曲の花火秋の章」実況中継を再放送。

特に前半の、小松忠信さん(株式会社小松煙火工業)、今野義和さん(北日本花火興業)、久米川和行さん(株式会社和火屋)、齋藤健太郎さん(響屋大曲煙火株式会社)の4人に、司会進行トモトモ(株式会社花火創造企業)の5社が勢揃いした対談。
会場は花火伝統文化継承資料館「はなび・アム」の4階で、もはや花火愛120%の対談となりました。

溢れ出す花火愛が止まらないトークの数々、そして、おっとこれは大丈夫か?のぶっちゃけトーク。
聴きどころはたくさんあったのですが、その中でも注目の「思い出の大曲の花火」。
花火師4人が今までの「大曲の花火」で最も忘れられない花火を、自社と他社の一つずつ挙げてもらいました。
自分の花火もそうですが、他の花火師が上げた花火で心に残っているもの、というのは興味ありますよね。答えは以下の通りでした。

齋藤健太郎さん
・2016年 第90回「輝く星へ感謝を込めて・・・。」響屋大曲煙火
・1998年 第72回「フォーマティブ・アート」加藤煙火

久米川和行さん
・2013年 第87回「昇天銀龍万華鏡写輪丸」和火屋
・2011年 第85回「今夜、どこかのBARで~男と女の物語~」磯谷煙火店

今野義和さん
・1992年 第66回「水墨画を見たピカソのひらめき」北日本花火興業
・1977年 第51回「花よもう一度」紅屋青木煙火店
・1984年 第58回「ピタゴラスの美学」芳賀火工 ※どうしても2つ

小松忠信さん
・1994年 第68回「懐かし!ひばりのヒット、ヒット、ヒット」小松煙火工業
・1986年 第60回「思い出の麦わら帽子」北日本花火興業

チョイスも絶妙ですが、コメントも激アツでしたね〜。
実は、この模様はCNA秋田ケーブルテレビも映像収録、夏過ぎに放送&ネット配信予定です。
未公開部分も放送されるとかされないとか??
日程が決まり次第お伝えしますので、乞うご期待!

        

 

 






大仙市議会定例会一般質問を放送いたします

FMはなびでは、6/3と6/4に行われました令和3年第2回大仙市議会定例会 一般質問の録音によるラジオ放送を行います。
市議会および市長の声をお届けしますので、傍聴のため議場に訪れることができなかった方もぜひお聞きください。

<放送日時> 
〇6月12日(土)午前7時~午前10時30分(3時間30分)
         6/3~4定例会2日目・3日目
〇6月13日(日)午前7時~午前10時30分(3時間30分)
         6/4定例会3日目

〇6月14日(月)午後6時30分~午後10時(6/12放送分・再放送)
〇6月15日(水)午後8時~午後11時30分 (6/13放送分・再放送)






【特別番組情報】花火愛は止まらない!〜大曲花火5社勢揃いトークライヴ〜

 【特別番組情報】花火愛は止まらない!〜大曲花火5社勢揃いトークライヴ〜
 
 
秋田県においても次々とイベント・行事の中止または延期が発表される中、6月12日に延期開催の予定だった「大曲の花火春の章」も中止となってしまいました。
 
FMはなびでは、現在長引くコロナ禍のせいで衰退の恐れがある芸能・エンターテイメントを応援するため「エンターテイメントの灯を消すな!Light My Fireキャンペーン」を展開、花火大会のあるはずだった6月12日に大曲の花火4社花火師と花火創造企業スタッフが集結、不滅の「花火愛」を打ち上げる「大曲の花火特別番組」を放送します。
 
【タイトル】 花火愛は止まらない!〜大曲花火5社勢揃いトークライヴ〜
 
【放送日時】 2021年6月12日(土)18:00〜20:00
 
【内容】
花火伝統文化継承資料館「はなび・アム」に「小松煙火」「北日本」「和火屋」「響屋」の「大曲の花火」4社代表花火師が揃い、会場4階から見える大曲の全景をバックに、「大曲の花火」への熱い思いを大いに語り合う座談会形式番組。
司会進行はFMはなび番組「花火の星」のパーソナリティーとして活躍のトモトモこと最上谷友宏、花火愛が実って昨年春に株式会社花火創造企業に就職したばかりの高橋咲楽が担当。
 
番組後半には「プレイバック大曲の花火」実況中継名場面として「2020大曲の花火秋の章」2幕と4幕を再放送。
 
また、収録模様はカメラ撮影もされCNA秋田ケーブルテレビでも放送、ネット配信を予定。
 
【出演】 小松忠信(株式会社小松煙火工業)
     今野義和(北日本花火興業)
     久米川和行(株式会社和火屋)
     齋藤健太郎(響屋大曲煙火株式会社)
     
     司会進行:最上谷友宏、高橋咲楽(株式会社花火創造企業)
     ナレーター:藤田浩士(FMはなび)
 
 
※画像はFMはなびフリーマガジン「モジラジ」2017年春号から





【FMはなびGW特番③】ラジオがそのままライヴハウスに!アコースティックフェス開催



 

「おおまがりスーパーアリーナ」2DAYSの二日目はライヴハウスUN REVE(アンレーヴ)で開催予定が延期となってしまったイベント「ACOUSTICK MANIA 2」の出演者が、そのままラジオで生演奏!
バラエティー豊かな面々ながら、アコギの強者を集めたイベントだけに、魂込めた歌声をお届けします。

【タイトル】おおまがりスーパーアリーナ2DAYS ACOUSTICK FESTIVAL
【放送日時】5月2日(日)14:00〜16:00 
【出演】近野淳一、midori、ROCO、キョータ、GUNJI MC:デニーロ・オオトモ

 






【FMはなびGW特番②】Yummi9年目の初アルバム発売記念ライヴ実現

ラジオに出来たイベント空間「おおまがりスーパーアリーナ」の2DAYS初日は、待望の1stアルバム「FOREVER AND EVER」をリリースするYummiのレコ発ライヴが実現!
活動の拠点を秋田に移してから9年目にしてのアルバムリリース、記念すべき発売日のライヴは、電波に乗って大仙市中を白熱のステージしてくれるでしょう。

【タイトル】おおまがりスーパーアリーナ2DAYS Yummi 1 st Album release Special LIVE
【放送日時】5月1日(土)14:00〜16:00 
【出演】Yummi、菊地ヒロム、ワイズミワイゾウ MC:デニーロ・オオトモ

 

 






【FMはなびGW特番①】大曲のDJ5人が4時間ぶち抜きでDJリレー!

「花火の街」「酒どころ」「民謡王国」、様々な名物・名産がある大仙市ですが、実はDJが多いとも言われています。
それも、一般的にはDJといえばヒップホップ系を指すことが多い中で、大仙市にはロック、ポップス、ソウル、オールディーズなど様々なタイプのDJが活躍しているのが特徴。
そんな大曲のDJ5人が4時間に渡ってリレー競演をする生放送が実現、ゴールデンウィークの幕開けはノンストップのDJショーで盛り上がりましょう。

【タイトル】 OMAGARI DJ Spring chapter FMはなび4時間DJリレー 
【放送日時】 5月1日(土)16:00〜20:00 
【出演】 DJいっせい、桜田部長、DJ AKI(アキ)、DJ QBO(クボ)、Yuusukee(ユースケ)