メニューを表示する

【10.1大曲の花火秋の章】完全実況生中継します!

暮れて行く2022年を振り返り、地元新聞社2紙の視点から意見を交わす年末対談企画が実現しました。
スタジオには「秋田さきがけ新聞」大曲支局に昨年赴任した行動派支局長、石塚健悟氏。
仙北地域の地方紙に特化した紙面作りが愛されている「秋田民報」編集長の佐藤力氏が揃い2022年の秋田を硬軟取り混ぜ(!?)大いに語り合います

【番組名】 「んだんだ30分 年末対談!2022年秋田・大仙を振り返る」

【出演】 佐藤力(秋田民報社代表)、石塚健悟(秋田魁新報社大曲支局長)
     聞き手:福原尚虎(FMはなび)

【放送日時】 
①2022年12月4日(日)13:00〜13:30 
※再放送12月5日(月)19:30〜20:00

②12月11日(日)13:00〜13:30
※再放送12月12日(月)19:30〜20:00 

③12月18日(日)13:00〜13:30
※再放送12月19日(月)19:30〜20:00 

 

11月30日の生放送では、大曲人権擁護委員会と秋田地方法務局大曲支局から「中学生人権作文コンテスト」紹介朗読がありました。

12月10日は「人権デー(Human Rights Day)」です。
これは昭和23年(1948年)12月10日に国連総会で、基本的人権および自由を尊重し確保するため世界の全ての人々と全ての国々とが達成すべき共通の基準として「世界人権宣言」が採択された日を記念して、世界中で人権擁護活動を推進するための各種行事が行われています。

秋田地方法務局大曲支局では、この期間大仙市内各地に無料の人権相談所を開設します。

子供や高齢者の虐待、いじめや体罰、近隣の争いごと、配偶者からの暴力、おしつけや嫌がらせなどのお悩みやお困りごとの相談を受け付けます(無料・秘密厳守)。

12月3日(土)西仙北高齢者ふれあいセンター
12月4日(日)大曲交流センター
12月5日(月)協和市民センター 和ピア
12月6日(火)南外公民館
12月7日(水)中仙農村環境改善センター
12月7日(水)大仙市役所太田庁舎
12月9日(金)神岡福祉センター

時間はいずれも10:00〜15:00です
事前の予約が必要ですのでこちらまでお問い合わせください
0187-63-2100

種苗交換会がやってきた!

大仙市としては初の開催となった今年の『秋田県種苗交換会』。
今年は3年振りに農業機械化ショーが復活したり、新品種「サキホコレ」の本格デビューも話題となりました。
大きなテントや会場案内の看板が設置され、緑のキャップを被ったスタッフの方々がシャトルバスへの誘導をされていたりと大曲地域が祭りムードの7日間。

FMはなびでは期間中、開催市のラジオ局として沢山の笑顔と賑わいを特別番組や、イベントを通じてお届けしました。

私は、市民会館で開催した「音と踊りフェスタ〜だいせん歌謡祭2022〜」のステージMCや、特番のリポーターとして、各会場の出展者の方や、ご来場された沢山の方々の歓びの声にマイクを向けることができました。
(合間に食べた宮古から初出店していたタラフライ、寒いから飲みなさいと頂いためかぶ茶の試飲×2杯、忘れちゃいけない山盛りの筋子も素晴らしかったことも記しておかないとっ!)

待ちに待った『第145回秋田県種苗交換会』には、県内屈指の米どころ、農業地帯の大仙市で農業に携わっている方、そうでない方、他市から会場にいらした方、みんなの笑顔が「咲き誇り」ました♪

FMはなび 根田朋子

【物産販売展・植木苗木市・JA女性部青年部食堂】@大曲の花火公園
             

【農業機械化ショー】@大曲の花火公園
      

【市街地にぎわいイベント】@大曲ヒカリオ広場・花火通り商店街
         

【音と踊りフェスタ〜だいせん歌謡祭2022】@大曲市民会館                   
     

【ヒカリオ・アップカマーアレイ】@大曲ヒカリオ広場・FMはなび      
  
 

    

             

大仙市各地のこれから噂(BUZZ)になるであろう場所、モノ、人、ネタを発信していくBUZZ AKITAの第3弾がいよいよスタートします。
今回は番組直前まで未発表という何が飛び出すかわからないガチャ設定。
ラジオ放送の後はネットでも再発信していきますので、一緒にAKITAのBUZZを産んじゃいましょう!!

<番組名> TAKAYANAGI presents BUZZ AKITA

<日程> 2022年11月7日(月)〜11日(金)、14日〜18日(金)

<時間> 12:13〜 ※昼生ワイド番組内

 

大仙市としては初めての種苗交換会が10月29日から11月4日まで絶賛開催中!
FMはなびは10月30日(日)に大曲市民会館大ホールで開催された「音と踊りフェスタだいせん歌謡祭2022」をプロデュース、当日は沢山のお客様に集まっていただき、大いに盛り上がりました。
今回この模様を特別番組としてお送りします。

出演は、FMはなび毎週月曜朝10時から放送中「まもるとちえこのどどんとおらほの唄っこ自慢」でお馴染み高八卦ちえこさん、毎週土曜と日曜のお昼12時から放送中「だいせん故郷の民謡」担当の深瀬康子さんとその相棒の!?冨岡久美子さんという、超豪華な民謡女子3人によるオンステージ。
それに加えてドンパン娘も駆けつけてくれました。

農業の作業歌として人々は田植えをしながら、豊作に感謝しながら代々歌われてきたのが民謡です。
農業王国の大仙市は同時に全国屈指の民謡王国でもあるのです、私たちのルーツミュージック民謡を存分にお楽しみくだだい。

<番組名> 第145回 秋田県種苗交換会「音と踊りフェスタだいせん歌謡祭2022」民謡ステージ

<放送日時> 2022年11月3日(木祝)12:00〜12:45

<出演> 高八卦ちえこ、深瀬康子、冨岡久美子
     進行:根田朋子


 

いよいよ冬に突入する北国秋田の大仙市、敢えてここで、みんな大好きな沖縄を語ろう。
観光、グルメ、海と空!忘れてはいけない沖縄ポップミュージック!
語るだけじゃなく思い切って行ってみたくなる、そんなアグレッシブなリゾート提案プログラム。
2日に渡って、沖縄推しのFMはなびDJ&アーティストが、最新の現地の声と共に楽しくお送りします。

首都圏FM局を中心に展開されるラジオ独立リーグ「RADIO GREAT UNITY」に、FMはなびは現時点で
は最北端の放送局として参戦、花火の国らしくラジオパワーを全国に打ち上げます!

【番組名】 WE LOVE OKINAWA !! RADIO GREAT UNITY FMはなび「だいせん沖縄推し!」

【放送日時】 2022年10月29日(土)17:00〜17:30
            10月30日(日)17:00〜17:30

【出演】 DJエッサイ、TOMO、根田朋子(FMはなび)、DJスターマイン
     TAKANO(ジャアバーボンズ)、桃原明日香(沖縄出身歌手)   ほか多数


季節ごとに配布しているFMはなび新番組表、秋号が出来ました〜
そ・し・て!話題の第145回秋田県種苗交換会のパンフレットもFMはなびに届きましたので、一緒に紹介しちゃいます♪

あなたのお部屋に貼ってほしいB3版特大新番組表は、大仙市役所、大曲駅グランポールなど公共機関、タカヤナギなど各店舗にもこれから置かれます。
FMはなびにもありますので、お越し頂けたらお渡しします(月〜金9:00〜17:00)

【番組名】 大仙民話の会創立20周年記念「地元の文化、方言と昔話を訪ねて」
      
【放送日時】 2022年10月10日(月)①7:00〜8:20 ②11:00〜12:20
                     
9月24日に開かれた、大仙民話の会創立20周年記念口演の模様を編集してお届けする特別番組です。

大仙市の旧南外村出身の語り部、堀井徳五郎をご存知でしょうか?
秋田県でも屈指の語り部である堀井徳五郎翁が遺した「昔っこ」という無形文化はあまりに貴重なものです。
彼によって大仙市発祥の民話「町福山のやまんば」は全国に広がりました。
番組は、堀井徳五郎研究に情熱を燃やし兵庫県から秋田に通い続けるフリーアナウンサー来栖史江さんによる講演を中心に構成します。

そして、おまけとして後半には絵本の読み聞かせについてスタジオで話してもらいます。
児童館などでボランティアの絵本読み聞かせをしてる方には、とても励みになる内容です。
ぜひ聞いてください♪

【出演】 来栖史江、黒沢せいこ、倉田直美、根田朋子

【番組名】 防災特別番組「命を守る呼びかけ」
      
【放送日時】 2022年10月10日(月)17:00〜18:00
                     
災害報道に備えてNHKのアナウンサーが改善を重ねてきた「命を守るよびかけ」。
先月、このよびかけの文言と音声データが一般に公開されました。
FMはなびでは生放送番組担当者を中心にこの「命を守る呼びかけ」を、NHKアナウンサーから直接ワークショップという形で学ぶことにしました。
番組ではその模様を放送し、放送関係者にとどまらず市民全体で地域の防災・減災への意識を深めていくことを目指します。
     
【出演】 大谷昌弘(NHK秋田放送局アナウンサー) ほか

「命を守る呼びかけ」についてはこちら

この夏、再始動を果たした大曲の花火。
余韻冷めやらぬうちの秋の章が開催されます。
FMはなびは、もちろん完全実況生中継!
サプライズもあるかもしれない見どころ満載の秋の章を、しっかり実況解説します。
花火会場にはラジオを持って♫

番組名  大曲の花火 秋の章 実況生中継
放送日時 10月1日(土)17:30~20:00
出演者  小西亨一郎(花火研究家)、シンジマン(大曲花火倶楽部)、藤田浩士(FMはなび)

 

FMはなび開局以来の放送されている「じさまのあぐらばさまのへなが」は地元訛りで昔っこ(昔話)を聞かせてくれる人気番組です。
この番組を担当している大仙民話の会が今年で創立20周年を迎えました。
その記念講演が9月24日(土)大曲市民会館で開かれます。
フリーアナウンサーの来栖史江氏を迎えて昔語りについて理解を深めていくひとときです。
もちろん民話の会の皆さんの昔っこも生で聞けますよ!是非お集まりください。

9月14日に開催される「第43回神岡南外花火大会」を記念して、昨年放送されたドキュメンタリー番組「神岡南外花火大会の歴史 天に捧げる光・奉納花火を語る」を再放送します。

前身は「神宮寺八幡宮祭典奉納花火大会」として神事の花火大会だった今大会の関係者に話を聞き、奉納を目的とした花火、奉納花火について深く掘り下げ、単なる宗教行事ではない、地域日本文化の基盤となる存在である花火の存在に迫ります。

スタジオには神宮寺八幡宮佐々木宮廣宮司を招き、八幡神社の様々な行事や、奉納花火について話を聞き、関係者インタビューを交えながらお送りします、花火会場に行く前にぜひお聴きください。

【番組名】 FMはなび特別番組「神岡南外花火大会の歴史 天に捧げる光・奉納花火を語る」再放送

【放送形式】 60分録音番組

【放送日時】 2022年9月14日(水)①10:30〜11:30②16:00〜17:00 

【出演】※出演順敬称略 

佐々木宮廣(神宮寺八幡神社宮司)
久米川正行(株式会社和火屋会長)
今野正義(株式会社北日本花火興業会長)
佐々木峰生(株式会社佐々木建材店社長)
柴田真希亜(大仙市観光物産協会)
桜田拓(FMはなびDJ 神岡出身)
高八卦ちえこ(民謡歌手 神岡在住)
山上衛(民謡歌手 飴売り節初代日本一)

藤田浩士(FMはなび)


(画像提供:大仙市)

 

「世界よ!!これが大曲の花火だ!!何もかも圧倒的でしょ!!」という感覚を味わいたい。

3年ぶりの開催。無事に開催できたことは良かった。

天候については何も言えない。
ただ、審査不能の花火があったのは本当に気の毒だ。
あげるほうも観るほうも厳しいコンディションであったのは確かだった。
内閣総理大臣賞が授与される大会で、煙待ちの時間にゆとりを持たせられなかったり
様々な関係で競技者ファーストが難しいのは競技大会本来のあり方とは違う気がして無念さが残った。

私は姫神橋側に設置した放送席から花火をみつめた。

正面からはどう見えているのかは分かりえないので、
会場の全体的な視界が分からず、
雲や煙に隠れて見えなかった部分の差がとにかく辛かった。
しかし、会場の端から見たことで気づいたことも多く、
正面との見え方の違いから、後日新聞やテレビで掲載された花火全体像とは違う印象を感じたり、
審査結果からも私の予想とはまあまあ開きがあったり、
ブルーシート席でご覧になられた方々の気持ちも感じ取ることができたと思う。

花火技術は確実に進化していて、
音楽と花火のテーマの調和性と花火ひとつひとつの変化がとても鮮やかで、
目新しさを感じた花火も多くあった。
時差式花火の量を抑え、ここぞというときに効果的に使用したマルゴーや伊那火工堀内煙火店の創造花火の芸術性に興奮した。

今回は【3年ぶり開催】で待ち望んでいたのもあり、特別な気持ちは確かにあったが、
終わってみると【3年ぶり開催】のフィルターが、
最終的に「めでたしめでたし」でくくらせてしまう寂しさも感じた。

 

「やって良かった」は満足に直結していない

大曲に追随する花火大会が数多く誕生し、様々な仕掛けで観客を魅了している今、
大曲にわざわざ出向く理由は花火のクオリティはもちろん、プラスアルファのところにも求められる。

私が携わる放送面でも、その魅力を伝える重要な一部分としての責任を全うしていきたい。

世界よ!!これが大曲の花火だ!・・・と
圧倒的な大会としてまた皆さんと感動を共有したい。

      
        
      
        

 

 

            
          
  

FMはなび 藤田浩士
1990年生まれ大仙市大曲出身、FMはなびアナウンサー。
FMはなび開局スタッフとして入社、世界唯一の花火専門番組「花火の星」のパーソナリティーも務める花火鑑賞士。
名解説シンジマン&コニーと共に「大曲の花火」で生放送される花火実況は、日本一の花火大会にふさわしい日本一の花火実況として有名。
普段は夕方生ワイド番組「ジャンピン⤴️」(月-木17:00〜18:30)で活躍中。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

           

もしかしてあの声は‥?
話題のFMはなびのラジオCM、先月から地元タレント、ブラボー中谷さんの声が午後2時58分から流れています。

地元の米の集荷・販売業、有限会社三信のCMにブラボーさんがご夫婦で出演中。
CMなのに半分アドリブというまさしく秋田のビッグボス本領発揮なのであります、聴いてね!

有限会社三信のHPはこちら

 

FMはなびでは大仙市議会定例会 一般質問の録音によるラジオ放送を行います。
市議会および市長の声をお届けしますので、傍聴のため議場に訪れることができなかった方もぜひお聞きください。

<放送日時> 
〇9月7日(水)午後7時00分~午後10時00分(3時間)
  8/30定例会2日目・8/31定例会3日目
  質問議員(放送順):秩父博樹、橋本琢史、戸嶋貴美子、佐藤隆盛、安達成年、青柳友哉
〇9月8日(木)午後7時00分~午後9時(2時間)
  8/31定例会3日目
  質問議員(放送順):挽野利恵、小笠原昌作、佐藤文子
〇9月10日(土)午前7時~午前10時00分(9/7放送分・再放送)
〇9月11日(日)午前7時~午前9時(9/8放送分・再放送)

お昼の生放送番組は、スタジオメンテナンスの為、放送時間を短縮して12:00からの1時間放送とさせていただきます。

11:30~11:40「毎日がだいせん日和」
11:40~12:00「リメンバーミュージック洋楽70~80年代」
12:00~13:00「花咲きレディオ」

FMはなびは全実況生中継は勿論、連日特別番組編成でお送りします!
公開生放送あり、大会表彰式あり、そして大事な交通情報も。
花火大会はラジオと共にお過ごしください♪


8月26日(金)


19:00〜19:30
【番組名】 「大曲の中心で花火うたを詠む♪」
【放送日時】 8月26日(金)18:30〜19:30
【出演】 佐藤力、涼森有羽子、根田朋子
【提供】 (株)仙北印刷所、(有)秋田民報社、大仙市市民交流プラザのびのびらんど


19:30〜20:00
【番組名】大曲農業高等学校130周年記念特別番組「旻 天 高 く」
【出演】 伊藤稔(大曲農業高等学校OB会会長)樫尾春香(大曲農業高等学校PTA会長) 
     大曲農業高等学校OBコメント出演:有坂直樹(元競輪選手)
     山上衛(民謡歌手)セレン(歌手タレント)
     高橋琉純(大曲農業高等学校3年生)川越陽飛(大曲農業高等学校3年生)
     渡辺勉(大曲農業高等学校校長)
【放送日時】 8月26日(金)19:30〜20:30
【提供】 大曲農業高等学校130周年記念実行委員会

20:30〜21:00
【番組名】「大いなる秋田完全放送」
【放送日時】 8月26日(金)20:30〜21:00
花火大会前夜に燃え上がる秋田愛、「大いなる秋田」を完全放送します!

22:00〜26:00
【番組名】「いよいよ!大曲の花火交通情報」
【出演】藤田浩士
【放送日時】 8月26日(金)22:00〜26:00
【提供】株式会社タカヤナギ
花火大会会場周辺の駐車場情報や、道路交通情報を生放送でレポート


8月27日(土)

6:00〜12:00
【番組名】「おはようございます大曲の花火交通情報」
【出演】福原尚虎 ほか
【放送日時】 8月27日(土)6:00〜12:00
【提供】株式会社タカヤナギ
花火大会会場周辺の駐車場情報や、道路交通情報を生放送でレポート


13:00〜15:00
【番組名】「〜花火に一番近い場所〜こちら花火通りスクエア広場」
【出演】デニーロ・オオトモ、TOMO、Yummi、かさはらもとじ ほか
【放送日時】 8月27日(土)13:00〜15:00
【提供】株式会社タカヤナギ
「花火に一番近いスーパーマーケット」グランマート中通店の特設ステージから2時間公開生放送。
ダンサーでシンガーのyummi、地域ソングでお馴染みかさはらもとじ、ほか飛び入りゲストも多数登場!会場でお待ちしてま〜す♪

15:00〜16:00
大曲農業高等学校130周年記念特別番組「旻 天 高 く」再放送
【放送日時】 8月27日(土)15:00〜16:00

16:00〜16:30
「大曲の中心で花火うたを詠む♪」再放送
【放送日時】 8月27日(土)16:00〜16:30

16:30〜17:00
【番組名】「花火の星大会直前号」
【出演】藤田浩士 ほか
【放送日時】 8月27日(土)16:30〜17:00
世界唯一の花火専門プログラム「花火の星」の特別編、大会直前に知っておきたい情報、大会実行委員長への直前インタビューもあるよ♪

 


【番組名】「第94回全国花火競技大会実況生中継」
【実況】藤田浩士【解説】シンジマン、小西亨一郎
【放送日時】 8月27日(土)17:00〜22:00
いま上がっている玉名は?審査ポイントはどこ?ラジオを聴きながらの花火観覧が大曲の花火スタイルなのです!花火会場にはラジオを持参ください。

22:00〜24:00
【番組名】「ありがとう大曲の花火交通情報」
【出演】福原尚虎
【放送日時】 8月27日(土)22:00〜24:00
【提供】株式会社タカヤナギ
花火大会会場周辺の駐車場情報や、道路交通情報を生放送でレポート


8月28日(日)


9:30〜11:30
【番組名】秋田エプソン提供「第94回全国花火競技大会表彰式生中継」
【表彰式進行】 根田朋子
【スタジオ実況】 藤田浩士
【放送日時】 8月28日(日)9:30〜11:30
【提供】秋田エプソン
花火大会翌朝の受賞者発表と表彰式を、会場の大曲エンパイヤホテルからそのまま生放送!
どこよりも早く今年の内閣総理大臣賞がわかる緊張の瞬間。

 

【8月27日(金)17時から大曲の花火完全実況生中継です】
 
 
延期になった2年間は、ただの2年間だった訳じゃない・・・
改めて「花火」を見つめ直し、研究を重ねる良い機会と捉えて、決して下を向かずに歩んできた花火師達の姿があります。
 
 
花火再始動の2022年。
 
 
内閣総理大臣賞を懸けた3年ぶりの大曲の花火が帰ってきました。
大曲に懸ける思い、研究の成果がどんな形で表現されるのか、
そしてそれを見る我々は花火の力をどのように感じとるのか、
同じ空を眺めながら、とにかく最高の1日を体全体で味わいたいですね!!
 
 
FMはなびでは会場の雄物川河川敷(大曲の花火公園)から3年ぶりの完全実況生中継!
昼花火から光のエール交換まで!!
今どんな花火が揚がっているのか?
花火の玉名はもちろん、演出の解説も入って
花火が100倍楽しめること間違いなしです!
FMはなびが誇る最強花火解説陣
花火研究家CONYこと小西亨一郎さんと、
NPO法人大曲花火倶楽部シンジマンこと冨樫真司さんをお迎えし、FMはなび藤田浩士とともにお伝えいたします。
番組名  第94回全国花火競技大会完全実況生中継
放送日時 8月27日(土)
     17時~22時まで
出演者  花火研究家 小西亨一郎(CONY)
     NPO法人大曲花火倶楽部 冨樫真司(シンジマン)
     FMはなび 藤田浩士

花火大会翌朝の受賞者発表と表彰式を、会場の大曲エンパイヤホテルからそのまま生放送します。
どこよりも早く今年の内閣総理大臣賞がわかる緊張の瞬間。
花火大会の余韻に浸りながらお聴きください♪

【番組名】「第94回全国花火競技大会表彰式生中継」

【放送日時】 8月28日(日)9:30〜11:30

【表彰式進行】 根田朋子

【スタジオ実況】 藤田浩士

【提供】秋田エプソン株式会社

今年創立130周年を迎えた大曲農業高等学校の記念花火が「大曲の花火」で打ち上げられる事になりました。
この花火打ち上げに期待をしながら、県内有数の伝統を持つ大曲農業高等学校の歴史と未来を語り合うラジオ特別番組をお送りします。
人気の郷土芸能部や、スポーツ強豪校としても目覚ましい活躍をし続ける大農魂の秘密に迫ります、お楽しみに!

【番組名】 大曲農業高等学校130周年記念特別番組「旻 天 高 く」

【放送日時】 2022年8月26日(金)19:30〜20:30
        ※再放送8月27日(土)15:00〜16:30

【出演】 

高橋琉純(大曲農業高等学校3年生)
川越陽飛(大曲農業高等学校3年生)
渡辺勉(大曲農業高等学校校長)

伊藤稔(大曲農業高等学校OB会会長) 
樫尾春香(秋田県高校PTA連合会会長、大曲農業高等学校PTA会長) 
        
大曲農業高等学校OBコメント出演 
有坂直樹(元競輪選手)
山上衛(民謡歌手)
セレン(歌手タレント)

短歌、俳句、川柳の3部門で大曲の花火にまつわる「花火うた」を公募した、大曲市民交流プラザのびのびらんど主催「第13回花火うた大会」の受賞作品を紹介。審査員評と共に、大曲の花火への想いを分ち合います。

【番組名】  大曲の中心で花火うたを詠む♪

【放送日時】2022年8月26日(金)19:00〜19:30
           8月27日(土)16:00〜16:30

 
【出演者】佐藤力 ほか

【提供】 (株)仙北印刷所、(有)秋田民報社、大仙市市民交流プラザのびのびらんど

 

 FMはなび恒例の「大曲の花火」直前公開生放送が、こちらも3年ぶりの再始動。
おなじみグランマート中通店駐車場の特設ステージから、2時間の生放送をお送りします!
花火大会会場に最も近いスーパーマーケットとして知られるグランマート中通店は、花火鑑賞のための重要なお買い物スポット。そのグランマート中通店を舞台に、今回は人気番組「おおまがりスーパーアリーナ」の出演者達が大活躍。
ゲストにはダンスボーカルアーテイストのYummiと、大仙市在住歌手のかさはらもとじの「FMはなびの顔」と言える2人に加え、飛び入りゲストも多数予定!
何が飛び出すかわからない2時間生放送で花火大会気分を一気に盛り上げます。
放送終了後もプレゼントがもらえる抽選会がありますので、ぜひお集まりください♪

 

【番組名】 FMはなび公開生放送「〜花火に一番近い場所〜再始動!花火通りスクエア広場」

【放送日時】 2022年8月27日(土)13:00〜15:00

【会場】 グランマート中通店 駐車場特設ステージ(大仙市大曲中通町6-1)

【出演者】 デニーロオオトモ、TOMO ほか

【ゲスト】 Yummi(ポップス)、かさはらもとじ ほか

 

Yummi
2004年メジャーデビュー、NET ViVi、モバコレ、FINEなどのモデルとしても活動。
2012年に秋田に拠点を移しナイスアリーナオープン記念イベント、秋田テレビ開局50周年キャンペーンソングなどを担当。現在、アーティスト活動と並行してダンスヴォーカル特別講師を務めている

 

かさはらもとじ
2015年に鏡元もとじの名前で「北国のリバーサイド」でメジャーデビュー、2019年に現在のかさはらもとじに改名。2021年自身が住む大仙市仙北地域の地域ソングとして「ふれあいのまち」を発表。
故郷に暮し故郷を誰もよりも愛する歌手。

 

 

デニーロオオトモ
2020年夏にスタートしたFMはなび日曜生番組「おおまがりスーパーアリーナ」(日曜14:00〜16:00)
メインパーソナリティー。

 

 

TOMO(タレント、モデル)
大仙市大曲出身、上京してモデル・タレントとして活動「金スマ」(TBS)「スカッとジャパン」(フジ)「ドクターX」(テレ朝)このほか映画、CMにも多数出演。
FMはなび「トモローピープル」「おおまがりスーパーアリーナ」に出演中

 今年の大曲の夏は格別に熱い。各町内の子ども樽みこしを中心に盛り上がる「夏まつり大曲」と、大曲の花火シーズンに恒例の行事「花火ウィーク」、さらに昨年スタートした新世代イベント「丸子川ナイトマーケット」が一挙に連動開催!まさしく三つ巴の一大イベントの様相を呈してまいりますっ。

そんな所へ黙っていないのがイベント大好きFMはなび、そして「大曲のお祭り男」デニーロオオトモ。
日曜午後の生放送「おおまがりスーパーアリーナ」を、そのまま夏まつり会場でやってしまおうということになりました!

大曲のど真ん中、中通の交差点でダンスや吹奏楽、合唱が披露される最中、祭りの臨場感をダイレクトにお届けします。
あ、関係者の皆様飛び入り大歓迎です、イベント告知の場にお使いください〜♫

【番組名】 FMはなび公開生放送「おおまがりスーパーアリーナ」

【放送日時】 2022年8月21日(日)14:00〜16:00

【会場】 夏まつり大曲2022会場(グランマート中通店 大仙市大曲中通町6-1)

【出演者】 デニーロオオトモ、TOMO ほか

   

日頃よりFMはなびの放送をご愛顧いただき、誠にありがとうございます。

8/15(月)から8/19(金)まで、お昼の生放送番組「花咲きレディオ」と「パワーフライデーPART2」は、スタジオメンテナンスの為、放送時間を短縮して12:00から13:00までの1時間生放送とさせていただきます。
尚、メンテナンスの状況によりましては、8/15(月)以降の放送も時間短縮などの可能性がございます。

放送を楽しみにしてくださっている皆様には、大変ご迷惑をおかけしますことをお詫び申し上げます。
何卒ご了承頂きますよう宜しくお願い致します。

FMはなび

大曲にローカルFMを作ろう。資金は?知識は?何のために?誰のために?
今から約10年前そう思って動き回っていたことがある…

十年近く前、大曲市街地中心部が大雨にて側を流れる丸子川が氾濫し繁華街ほか住宅地が床上浸水になったことがある。
中心部の大きな主要道路が、氾濫によってあちらこちら寸断され、進路が塞がれ、身動きがとれない状態がしばらく続いた。みんな困り果てた。

各地域のアンバスもその大雨により水が溢れ出し、通行止めになる。
がしかし、その情報は、テレビはおろか当時のAMラジオ、FMラジオでは何も知ることができない。
我々地元の災害情報を発信、共有するツールが何もない。

「 これはマズイ。 」

これが当時ローカルFMを作ろうと思ったきっかけだった。
開局するためのノウハウも知る由もなく、当時はFMユートピア(湯沢地区)の知り合いに局ができるまでの話を聞いたり、インターネットで調べてみたりと、どうすればFM局を発足できるのか勉強しました。
しかしながら自身、昼の仕事や様々な人付き合いなどがあり、それに集中して取り組むことがなかなか難しくもありました。

そんな中、2014年頃でしょうか大仙市にFM開局という知らせが飛び込んできました。
とりあえず、ホッと胸をなでおろす、と言うかとにかく今後の大仙市における様々な情報発信や災害時の情報共有ツールがより一般市民に近いものになるのではと強く感じました。

そして2015年8月8日大仙市にローカルコミュニティFMが開局しました。

開局してから1、2年経ったころ、僕が所属している大曲商工会議所青年部からFMはなびラジオ番組企画スタッフの話があり、FMはなびに携わる切っ掛けができました。それから今現在まで、番組の進行や、イベント企画などを経て自分の番組を放送させていただいています。

「ラジオとは何か?」「ラジオを聴いてもらうためにはどうすればいいのか」「何を伝えればいいのか」「また聴きたい!と思ってもらうためにはどうすればいいのか?」なんていう永遠のテーマを日々考えながら番組を作っています。
へこたれずに今後も皆さんに聴いていて飽きのこない楽しい番組を送り続けていきたいなと思っています。

開局から今日に至るまで、この地域市民の安全・安心につながる災害時の情報共有ツール、そして大仙市に一体感をもたらせると共に市民同士の情報ネットワークの活性化が、徐々に構築されてきているのを肌で感じています。

もっともっと皆さんのより身近なラジオになれるようにみんな頑張ります!
FMはなび 開局7周年 Congratulations!

   

★★★★★★★★★★★★★★

人気パーソナリティーによる開局記念コラム、今年は今や大仙市民の話題の的(!?)日曜午後の生ワイド「おおまがりスーパーアリーナ」(14:00〜16:00)メインパーソナリティーのデニーロ大友さんの登場。

最強アマチュアバンドAKAMAMUSHIのベーシストとして活躍し、ライヴハウス&Bar「UN REVE」を経営するなど、街の音楽シーンを支える重要人物。
番組もスタジオライヴや競馬予想、80年代アイドルコーナーとやりたい放題の2時間生放送です♪
是非チェックを!

 

本日2022年8月8日をもちましてFMはなびは開局7周年を迎えることが出来ました。
これもひとえに皆様の応援とご協力があってこそです、心から感謝申し上げます。
これからも一番身近なラジオ局、笑顔花咲くFMはなびをどうか宜しくお願い致します。

新しい番組表が出来ました♪
大仙市役所、大曲駅グランポールなど公共機関、タカヤナギなど各店舗にもこれから置かれます。
FMはなびにもありますので、お越し頂けたらお渡しします(月〜金9:00〜17:00)

日頃よりFMはなびの放送をご愛顧いただき、誠にありがとうございます。

8/8(月)から8/12(金)まで、お昼の生放送番組「花咲きレディオ」と「パワーフライデーPART2」を、スタジオメンテナンスの為お休みさせて頂きます。
尚、メンテナンスの状況によりましては、8/15(月)以降の放送も時間短縮などの可能性がございます。

放送を楽しみにしてくださっている皆様には、大変ご迷惑をおかけしますことをお詫び申し上げます。
何卒ご了承頂きますよう宜しくお願い致します。

FMはなび

「明日につながる」ポジティブなメッセージを発信するバラエティートークプログラムとして好評放送中の「TOMOrrow people(トモローピープル)」が8月に入ってから放送時間を変更し、リニューアルオープンします。
喫茶トークからオープンマイクのようなスタイルに変わって、時間も夜帯の「NESIAD!!」コーナーの仲間入りをします(再放送は同じ時間)、どうぞお楽しみに〜♪

<番組名> 「TOMOrrow people」

<放送時間> 毎月第1・第3土曜日22:05頃〜22:20頃「NESIAD!!」内15分コーナーとして
       再放送翌週月曜日18:30〜18:45

<出演> のぶえい、しゅんたろう、TOMO

番組提供:鈴木商事株式会社、有限会社サイテック

毎朝生放送でお送りしている「いってらっしゃいタイム」が、秋田エプソンpresentでリニューアルスタート!
しかも夕方生放送で「お疲れ様タイム」もスタートして、街の皆様の生活を応援します。

「今日も元気にいってらっしゃいー!」の掛け声が、FMはなびでは平日の毎朝7時半頃に流れます。
声をかけてくれるのは地元タレントやアーティスト、スポーツ選手や番組関係の市民の方々などさまざまな声が流れてきました。
この時間が、今月から地元企業の秋田エプソン提供の「いってらっしゃいタイム」に生まれ変わり、更に「お疲れ様タイム」も同時にスタート、仕事の始まりから終わりまで、FMはなびから応援の掛け声が流れます。

あなたのお家や職場で、あるいは通勤の車の中で、日々の生活の声になりますように、どうぞ宜しくお願いします♪

「秋田エプソン presents いってらっしゃいタイム」(毎週月ー金)7:30〜
「秋田エプソン presents お疲れ様タイム」(毎週月ー金)17:30〜

FMはなびが街の噂(BUZZ)をリードする特別企画「BUZZ AKITA」、再び開催決定〜♪

とにかく新しい物や楽しいこと、ビックリするものに飛びつきたいFMはなびがお送りする、スペシャルレポート企画が再びやってきました。
今回はタレント、インフルエンサーとして活躍中のTOMOも参加して、街の情報を世界に発信!
ラジオでネットで秋田の噂を巻き起こします。

「BUZZ AKITA 2022summer」

8月1日(月)〜5日(金)12:15 から
8月15日(月)〜19日(金)12:15 から
※生放送番組「花咲レディオ」「パワーフライデーPART2」でレポート

なかせん道の駅にコッペパン屋さんオープン
8月1日(月)COCO CONY

新感覚麹発酵ドリンクKOJI CLEARって、、、
8月2日(火)アキモト酒店

羽ばたけウィングス全国大会出場
8月3日(水)大曲ウィングス選手勢揃い

入居者さん達で野菜作り
8月4日(木)住宅型有料老人ホーム大曲温泉すみれ

来シーズンの果物先取り情報!
8月5日(金)アグリフォー太田

目指せパリ五輪!ブレイクダンス五輪強化選手登場
8月15日(月)ILLダンススタジオ

「とうふかまぼこ」がかなり熱い
8月16日(火)つじや

これは欲しい花火御朱印
8月17日(水)大曲諏訪神社

豆乳スームージーで夏を制覇せよ
8月18日(木)豆乳スムージーCafe  SOYJOIN

80年のありがとう、いま歴史に幕が降りる
8月19日(金)タカヤナギ・イーストモール衣料品売り場

3年ぶりに開催する秋田最大のロックフェスティバル「OGA NAMAHAGE ROCK FESTIVAL VOL.11」を応援する企画として、開催一週間前の7月23日(土)に、秋田駅前ALVEにおいて決起イベントを開催します。
番組公開収録を軸に、DJや男鹿フェス出演アーティストによるミニライヴで観衆を集め、「男鹿フェス」のフライヤーなど配布し、秋田の音楽文化における財産である「男鹿フェス」を成功させるようアピールします。

【イベント名】 男鹿ナマハゲロックフェス(ONRF)VOL.11決起集会@ ALVE

【日時】 2022年7月23日(土)11:00〜13:00

【会場】 秋田拠点センターALVE 1階 スタジオALVE

【内容】
FMはなびとCNA秋田ケーブルテレビ共同制作による音楽番組「NESIAD FREEDOM」の公開収録。
大仙市のDJ達が集結しDJプレイと、男鹿フェスへの思いを1分メッセージする「オガTalks」。
男鹿フェス出演アーティストの近野淳一(鴉)とFREECROSSのミニライヴなど

【出演者】
根田朋子(FMはなび)、亜弥子(DEKILUCO)
近野淳一、FREECROSS
男鹿ナマハゲロックフェス(ONRF)VOL.11を応援する大仙市DJの会

第104回全国高等学校野球選手権秋田大会の実況生中継放送のため
7/9(土)・7/10(日)の番組放送時間につきまして下記のとおり変更いたします。

7/9(土)
 17:00~ だいせん~故郷の民謡~
 17:30~ 大仙コロンブス
 17:45~ かさはらもとじのスマイルRadio

7/10(日) 9:55~の実況中継終了後に放送します
 だいせん~故郷の民謡~
 だいせんのわらしっこ
 じさまのあぐらばさまのへなが

オリンピック種目にもなった身近で気軽にできる3人制バスケットボール「3X3」の大会を、大曲ヒカリオ広場で開催します。
出場チームは8チームを予定、男女レベル関係なしで気軽にストリートバスケをやってみたいという方、3人以上のチームを作ってご応募ください。
また、当日は来年プロ参入を目指す秋田の3X3チーム「AKITA FIREWORKS(アキタファイヤーワークス)」の初お披露目にもなります。
大仙市からまた新しいスポーツの風を起こします!!

【開催日時】 令和4年7月17日(日) 11:00スタート/15:00終了予定

【会場】 大曲ヒカリオ広場 (秋田県大仙市大曲通町1-46)

【参加条件】 
8チームを予定(定数なり次第応募終了)
選手数上限なし、男女混合OK、年齢、住所不問
参加費として1チーム1000円を頂きます

【大会ルール】 
トーナメント制(負け抜きトーナメントもあり)
・第1試合から第12試合まで 6分流し/ノックアウト21点 
・決勝、下位トーナメント決勝 10分流し/ノックアウト21点
・個人ファール、チームファールなし、シュートファールはフリースロー(時間はとめません)

【お願い】
ユニフォームやビブスは無いので各チームご準備ください。 
熱中症(水分補給)や怪我に関しましても自己責任で対策をお願いします。
※会場には控室やシャワールームはございません

【問合せ】 
FMはなび TEL 0187−88―8246 
E Mail   873@fmhanabi.com

【大会ホストチーム】 AKITA FIREWORKS(アキタファイヤーワークス)
来年度プロリーグ参入を目指し、プロ選手南条一輝が結成した3×3チーム。
チーム名は一瞬の閃光を放つ花火を3X3競技のイメージと重ねて命名。
秋田に根ざした活動を第一とし、3X3 を通じて地域のスポーツ文化を築き上げることをチームの目標としている。

FMはなび 第104回全国高等学校野球選手権秋田大会 実況生中継のお知らせ

FMはなびでは能代市山田久志サブマリンスタジアムでの大会2日目第1、2試合と3日目第1試合の
計3試合を実況生中継で放送いたします。
大会屈指の好カード第97回大会甲子園出場の角館VS第4シード大曲農業との県南勢対決など、
大仙市内の高校野球ファン注目の試合をお送りします。是非ラジオで熱戦の模様をお楽しみください。

 

【媒体】 FMはなび(周波数87.3MHz出力20W)可聴エリア秋田県大仙市

インターネット配信 https://fmplapla.com/fm-hanabi/

 

【タイトル】 「第104回全国高等学校野球選手権秋田大会 実況生中継」

 

【放送日時】 ※放送日時は天候などにより変更になる場合があります 
7月9日(土)2回戦(2試合)山田久志サブマリンスタジアム

放送開始9:55  第1試合 角館 - 大曲農業 

          第2試合 能代松陽 - 大曲

 

7月10日(日)2回戦(1試合)山田久志サブマリンスタジアム

放送開始9:55  第1試合 大曲工業 - 西目

 

【放送席】実況:藤田浩士(FMはなび)
     解説:齋藤靖(花館ドッカーンズスポーツ少年団監督、大仙ビッグフィールド監督)
        鈴木健一(秋田経法大附属野球部出身 高校野球元コーチ)

 

全県少年野球大会大曲仙北地区予選の実況生中継放送のため
6/17(金)・6/18(土)の番組放送時間につきまして下記のとおり変更いたします。

6/17(金)
 9:00~ だいせんのわらしっこ
 9:15~ N.U.の大仙へGO

6/18(土)
 16:00~ だいせん~故郷の民謡~
 16:30~ 大仙コロンブス
 16:45~ かさはらもとじのスマイルRadio

【番組名】 「第88回全県少年野球大曲仙北地区予選大会 第1地区 実況生中継」

中学3年生にとっては最後の夏、中学野球生活の集大成となる大会。
秋田県トップクラスのレベルを誇る大曲仙北地区の少年野球は地元はもちろん、秋田県の野球ファンの注目を集めています。
今回は大曲球場で行われる第1地区1回戦から決勝までの3日間を実況生中継でお送りします。
同時刻、他球場で行われる大曲仙北第2地区、第3地区の試合もスコア速報でお伝えします。
新型コロナ対策で観客は保護者や関係者等のみでの開催となった今大会。

ラジオを通じて球児たちの全力プレーをお楽しみください。

 

【放送日時】 6月17日(金)9:30~ 1回戦 生保内-仙北

       6月18日(土)9:00~  2回戦   大曲-生保内と仙北の勝利チーム

                         角館-美郷

       6月19日(日)9:30~ 決勝

【放送席】   実況:藤田浩士(FMはなび)

解説:齋藤靖(花館ドッカーンズ監督/大仙ビッグフィールド監督)

イベントの正式タイトルは「「Music Festival in DAISEN 大音郷2022」。
「大音郷」とは第2回目からつけたサブタイトルです。

「だいおんきょう」というタイトルなので、何やら爆音のロックイベントに聞こえなくもない。
そう思ったけど、このタイトルにしました。
「大仙市」は「音楽」の「郷(さと)」である、だから「大音郷」。
その気持ちをちょっと長文ですが説明させてください。

このイベントを発案されたのは大仙市老松市長でした。
こんな事があったそうです。
ある時、お世話になった方の息子さんがお亡くなりになったので御焼香に伺ったと。
ご本人ではなく息子さん、しかもお若いということでおいたましい話です。
そして、その遺影のお写真を見ると金髪だったので「息子さんは何をされていた方ですか?」と聞いたところ「東京でミュージシャンをやっていました」とのこと。
その時市長は思ったそうです「自分達が知らないところで大仙市から東京に出て行って、こうして活躍している若者がいるんだな」と。
もしかしたらまだいるかもしれない、故郷を離れて一人奮闘している大仙市出身の若いアーティスト達を、市として応援しバックアップできないだろうか。
そうお考えになったそうです。

実は僕も「〇〇ってバンドのメンバーは大曲出身」みたいな話を時々聞きます。
一人前になるまで帰ってこない!そんな決意で故郷を巣立った若者は、いまこの時も都会で一人で戦っているのでしょうか。
もし良ければ、音楽の郷になった大仙市に羽根を休めに、あるいは新たな音楽創りのきっかけを探しに立ち寄ってもらえないでしょうか?
本人でなくても、ご家族、お友達にそんな未来のスターを目指している歌手、アーティストがいたら名乗り出て欲しい。そんな気持ちで「大音郷」をやるのです。

もう一つの理由があります。

つい最近、大仙市出身の漫画家「紅一献」作者の桃缶(ももかん)さんと番組で話しました。
中学生の頃から漫画家を目指し投稿もしていたと。
でも学生時代は自分が漫画家を目指していることはあまり言わなかったと。
わかるな〜その気持ち、と思います。
僕も中学の頃ラジオDJになりたかったのですが、流石に将来の進路がそれだとは言いづらい。
「おめー本気で思ってるの?」と笑われたくないし、なれなかったら格好悪い。
あと、学校の放送部にも入らなかったんですよね、本音は憧れてたけど‥。
「自分は将来、日本のラジオ界を変えてやるんだ、学校の放送部なんかやってられっか」そんな考えでしたね。
この話をしたら「福原さん本当に可愛くない子供だったんですね」と言われ、まさしくその通りですみませんでしたという気持ちです、いまは。

取材などで学校によく行きます。
僕の頃と違って、本当に素直で良い子ばかりがいるように見えるのが現在の大仙市の学生達です。
将来ミュージシャンになりたい、そんな夢も昔に比べ割とカジュアルな気がします。
将来サッカー選手になりたい!という子のために親達がスポ少で応援するように、
ミュージシャンを目指すと公言する子供を、街の大人達が応援する時代だと思うのです。今更かもしれませんが。
どんな形でもいいし、どんな気持ちでも構いません、この街で夢を持っている若者の為のステージを大曲市民会館大ホールに作りたい、そう思って「大音郷」をやります、どうかお付き合いお願いできないでしょうか、会場でお待ちしております。

FMはなび 福原尚虎

FMはなびでは大仙市議会定例会一般質問の録音によるラジオ放送を行います。
市議会及び市長の声をお届けしますので、傍聴のために議場に訪れることが出来なかった方も是非お聴きください。

【放送日時】

6月8日(水)19:00〜22:00
 6/2定例会2日目 質問議員(放送順):秩父博樹、青柳友哉、戸嶋貴美子、高橋徳久、金子道男
6月9日(木)19:00〜21:00 
 6/3定例会3日目 質問議員(放送順):安達成年、挽野利恵、山谷喜元、佐藤文子

6月11日(土)7:00〜10:00 
 6/2定例会2日目再放送 質問議員(放送順):秩父博樹、青柳友哉、戸嶋貴美子、高橋徳久、金子道男
6月12日(木)7:00〜9:00 
 6/3定例会3日目再放送 質問議員(放送順):安達成年、挽野利恵、山谷喜元、佐藤文子

 

 

「大仙市」は「音楽」の「郷(さと)」である、という気持ちでつけられたサブタイトル「大音郷(だいおんきょう)」として例年開催されている大仙市の歌謡祭、第4回目となる今回は秋田県在住のアーティストに絞り、テレビ音楽番組のようなスタイルで地元のアーティストに親しみを持ってもらうプログラムとなります。

 また、今回は新たな試みとして、学生アーティストのライヴコンテストを事前に開催し、秋田市と大仙市の2会場の代表となった学生バンドが登場します、若さあふれる彼らの演奏をライヴで是非ご覧ください。

【開催日時】 令和4年6月19日(日) 13:00開場/14:00開演

【会場】 大仙市立大曲市民会館大ホール (秋田県大仙市大曲日の出町2丁目6-50)

【出 演 者】 
かさはらもとじ、栗林聡子、midori、さいとういくみ
イチブンノヨン、月刊少年アイロニー
司会:根田朋子、かさはらもとじ、TOMO

【入場料】 無料

【お問合せ】 FMはなび 0187−88―8246

かさはらもとじ(仙北地域在住)歌謡曲ポップス
2015年に鏡元もとじの名前で「北国のリバーサイド」でメジャーデビュー、2019
年に現在のかさはらもとじに改名。2021年自身が住む大仙市仙北地域の地域ソングと
して「ふれあいのまち」を発表。故郷に暮し故郷を誰もよりも愛する歌手。
「Music Festival in DAISEN」は第1回目から全大会出演、今回は司会も務める。

栗林聡子(美郷町在住大曲高卒)キーボード弾き語り
2004年NHKのど自慢チャンピオン大会に出場、他数々のボーカルコンテストでタイトルを獲得。2020年には天皇陛下ご即位記念「第39回全国豊かな海づくり大会・あきた大会」式典行事のオープニング楽曲歌唱。「大曲の花火秋の章」でもアカペラで秋田県民歌を熱唱するなど県南の歌姫として活躍中。

midori(南外在住)ギター弾き語り
大仙市南外在住、5年前に故郷の戻り音楽活動を開始。
2019年にミニアルバム「Emotion」をリリース、同年開かれたライヴコンテスト「ダイセンドリーforアキタ DDA2019」で秋田魁新報社賞を受賞。
世界観がしっかりとした玄人好みのサウンドは、ミュージシャンの間でも評価が高い。
「Music Festival in DAISEN」は2度目の出場。

さいとういくみ(美郷町在住大曲在勤)ギター弾き語り
路上ライヴを通して多くの人に励まされたことから2018年シンガーソングライターとして本格的に活動開始。
2021年には待望のファーストアルバム「さいとういくみのうた」をリリース。
FMはなび「YEGガレージへようこそ@会長ラジオ」のアシスタントとしても活躍中。
「Music Festival in DAISEN」は今回が初出場。

イチブンノヨン(秋田市)4人組ロックバンド
「Music Festival in DAISEN」出場を賭けたライヴコンテスト「ROAD TO DAIONKYO」秋田大会(会場ラウドアフェクション)で勝ち抜き出場を決めた大学生4人組バンド。
青春の爽やかさ溢れるストレートなロックと、全力投球のライヴが魅力。

月刊少年アイロニー(秋田市)3人組ガールズバンド
「ROAD TO DAIONKYO」大曲大会(会場アンレーヴ)で勝ち抜き出場する、秋田在住の高校3年生3人組ガールズロックバンド。
結成2年とは思えない堂々としたライヴ運びと、パワフルなステージは見応え十分。

TOMO(タレント、モデル)
大仙市大曲出身、上京し就職会社勤めをしている時にスカウトをされモデル・タレントとして活動。コロナの影響で東京から秋田に活動の場を移すことを決意。
主な出演作品は、「さんま岡村祭りオトコってバカねぇスペシャル」(日テレ)「砂の塔〜知りすぎた隣人」「金スマ」(TBS)「スカッとジャパン」「奇跡体験!アンビリーバボー」(フジ)「ドクターX」(テレ朝)このほか映画、CMにも多数出演。
現在FMはなびレギュラー番組は「トモローピープル」「おおまがりスーパーアリーナ」

4月29日に開催される「新作花火コレクション2022」の受賞者発表と表彰の生中継が決定しました。
大会翌朝の30日10時から、会場のグランドパレス川端から生放送でお送りします。
未来を掴む花火師は誰か!?緊張の瞬間にラジオでお立ち会いください!

4月30日(土)10:00〜11:30 「新作花火コレクション2022表彰式」