メニューを表示する

正午にお伝えしていました「今日の花火打ち揚げ情報」は、打ち揚げ情報がある日に限り放送致します。

いつまでも変化しない本質的なものの中にも、新しさを取り入れて変化していく「不 易 流 行 」を今年度テーマに掲げ、地域貢献と親睦を深め活動している、大曲ロータリークラブの番組がスタートしました。

「そもそもロータリークラブって何?」「どんな活動しているの?」そして地元の話題や世相などを独自の視点で語り合うトーク番組。
第1回目からスパイスを効かせてお届けしますよ!

<番組名> Reasons

<放送日時> 毎月第4火曜日 19:00〜19:30

<出演> クボケン

大曲ロータリーの詳くはこちら

 

FMはなびの新しい番組表がリリースされました!

野球中継で真っ黒焦げの藤田君が持っているタイムテーブル。
今回も、是非とも部屋に貼って欲しいB3版。
背景の画像は初夏の池田氏庭園でございます。

大仙市役所、大曲駅グランポールなど公共機関、タカヤナギなど各店舗にもこれから置かれます。
FMはなびにもありますので、お越し頂けたらお渡しします(月〜金9:00〜17:00)

FM花火としては3回目となる高校野球実況中継(7/9、7/11、7/12放送)特に今年は会場が大曲球場になり、高校球児達の熱戦を大仙市から全県・全国の野球ファンの皆様に発信します。

そしてこの実況中継番組のテーマ曲が、秋田市の高校2年生のロックバンド、「月刊少年アイロニー」の「スーパーノヴァ」に決定しました。
秋田市の女子高生3人による結成1年の文字通り「スーパーノヴァ(超新星)」である彼女たちのナンバーが、球児達の熱戦に華を添えます。

田川(Gt.Vo.)、高橋(B.)、ばもえ(Dr.)の3ピースロックバンド月刊少年アイロニーは、FMはなびとCNA秋田ケーブルテレビの共同制作による公開番組「NAKAICHI Upcomer Array」(土曜22:30過ぎ)にゲストで登場。
ストレートなバンドサウンドと、少年の心を注ぎ出すような歌詞の世界、そして何よりも同じ秋田の同じ世代の鼓動が、中継放送を大いに盛り上げてくれるでしょう。

「第103回全国高等学校野球選手権秋田大会 実況生中継」詳細はこちら

月刊少年アイロニーについてはこちら

FMはなび番組出演した月刊少年アイロニーはこちら

FMはなびは株式会社タカヤナギ様とアサヒ飲料グループ株式会社ミチノク様の協力をいただき、3社コラボレーションによる「ぼうさい自販機873」の製作と、大仙市内グランマート各店設置を実施しました。

「FMはなび ぼうさい自販機873」とは、災害時に飲料無償提供や携帯端末の充電機能を持ち、地域の防災情報を表示するなど防災に特化した自動販売機で、有事の備えと、普段からの防災意識の高まりを促します。
特に、側面に設置場所近郊の避難所が掲載されてあり、キャラクターの吹き出し台詞で「いざという時のひなん所だよ」「いくつ知ってるかな?」などとあり、子供達に避難所への関心を持たせる狙いがあります。

近年、様々な自然災害が発生し、各自治体レベルでの防災意識が高まってるなかで、ローカルラジオ局と地域のスーパーマーケットが手を組んで防災に取り組むことは、非常に意義があると思っています。

また、設置の際には読売新聞、秋田民報、そして秋田さきがけ新聞の各紙が記事として取り上げてくださいました。
より多くの人に知っていただく必要がある取り組みなので、ご協力本当にありがたく思ってます。

 

秋田県においても次々とイベント行事の中止または延期が発表される中、例年であればお盆の時期に開催される中学校同窓会を、ラジオ放送で開催することとなりました。

大曲中学校平成元年会「絆輪(ゆうりん)学年」は、女性が厄払いを行う数えで33歳を迎えます。
本来であれば帰省者も含む大勢の同窓生たちが顔合わせ絆を深め合うところを、それが難しいこの夏は、離れていてもつながり合えるラジオを通して、FMはなびラジオDE同窓会を生放送。同窓生の近況や、先生のメッセージも放送し、折々に卒業当時のヒットナンバーを中心とした「思い出のリクエスト曲」も流し、聴取者と共に平成元年世代の思い出を味わいます。

 

【番組名】  FMはなび ラジオDE同窓会「よく生きよ!大曲中学校絆輪(ゆうりん)学年」

【放送日時】 2021年8月14日(土)20:00〜21:00 生放送
       
【番組内容】 恩師のコメントや、当時の学校の思い出をリクエストと共に集め紹介
       「あの人は今?」話題だった生徒に電話インタビュー現在を聞く
       今考える「よく生きよ」とは   ほか

【FMはなび 第103回全国高等学校野球選手権秋田大会 実況生中継のお知らせ】

2年ぶりに夏の甲子園を目指す戦いが帰ってきます!
新型コロナウィルスの影響で甲子園大会やその予選が中止となり、代替の大会として県高野連が独自に開催することになった昨夏。
後輩たちが受け継いだ2年越しの思いを胸に、今年は夢舞台へ続く熱戦が繰り広げられます。
FMはなびでは大曲球場での1,2回戦全6試合を実況生中継で放送いたします。
1,2回戦は、県内4会場ともに無観客で行われ、球場での応援は保護者・家族、学校応援生徒・職員のみと定められています。
会場にお越しになれない皆様や卒業生の皆様など、県内の高校野球ファンの皆様にはラジオを通して大曲球場での生中継をお楽しみください。

インターネット配信 https://fmplapla.com/fm-hanabi/

 

【タイトル】 「第103回全国高等学校野球選手権秋田大会 実況生中継」

 

【放送日時】  
7月9日(金)9:50~(2試合)
1回戦

10:00 由利工業 - 金足農業 ※1
実況 藤田浩士(FMはなび)

解説 齋藤靖(花館ドッカーンズ監督、大仙ビッグフィールド監督)

13:00 西仙北・羽後 - 秋田修英 ※2

実況 藤田浩士 

解説 鈴木健一(秋田経法大附属 現 明桜出身、高校野球元コーチ)

 

7月11日(日)9:50~(2試合)

 2回戦
10:00 大館桂桜 - 大曲農業  実況 藤田浩士 解説 齋藤靖

13:00 五城目 - 由利       実況 藤田浩士 解説 鈴木健一

 

7月12日(月)9:50~(2試合)

2回戦

10:00 秋田商業 - ※2の勝利校  実況 藤田浩士 解説 鈴木健一

13:00 大館国際 - ※1の勝利校  実況 藤田浩士 解説 齋藤靖

(放送日時は天候などにより変更になる場合があります)

 
 
第103回全国高等学校野球選手権秋田大会がいよいよ7月9日(金)に開幕します。
1,2回戦は、こまちスタジアム、さきがけ八橋球場、山田久志サブマリンスタジアム、そして大曲球場の県内4会場で開催されます。
 
FMはなびでは、大曲球場での1,2回戦全6試合を実況生中継することが決定いたしました。
全国的に見ても、甲子園予選大会をコミュニティFMが中継するのはとても珍しいことです。
 
1,2回戦は全球場ともに無観客で行われ、
球場での応援は、保護者・家族、学校応援生徒・職員のみと定められています。
 
県内の高校野球ファンの皆様にはラジオ中継を通して大曲球場での熱戦をお楽しみください!
 
 
放送日時
7月9日(金)9:50~ (2試合)
7月11日(日)9:50~(2試合)
7月12日(月)9:50~(2試合)
※雨天等により変更になる場合があります。
 
出演者
実況 藤田浩士(FMはなび)
解説 齋藤靖(花館ドッカーンズ監督、大仙ビッグフィールド監督)
   鈴木健一(秋田経法大附属(現 明桜)出身、高校野球元コーチ)
 
放送カードはこちら!
 
全て大曲球場
 
7月9日(金)1回戦
10:00 由利工業 - 金足農業 ※1
13:00 西仙北・羽後 - 秋田修英 ※2
 
 
7月11日(日)2回戦
10:00 大館桂桜 - 大曲農業
13:00 五城目 - 由利
 
 
7月12日(月)2回戦
10:00 秋田商業 - ※2の勝利校
13:00 大館国際 - ※1の勝利校
 

第94回全国花火競技大会は、来年2022年8月27日(土)再延期開催となりました。

「大曲の花火」実行委員会によると、新型コロナウイルスワクチンの接種状況、変異株の感染等を考慮し慎重に検討協議を重ねた結果、ご来場される皆様の健康と安全を確保する事が難しいことから開催を1年延期することを決定。
2年連続の延期は戦争による延期を除いて、大会史上初めてです。

「大曲の花火」実行委員会による発表はこちら

 

【再放送情報 少年野球の熱戦をもう一度!】
 
FMはなびでは6月19日(土)に行われました全県少年野球大曲仙北地区予選第1地区の決勝戦
大曲中学校-協和中学校を大曲球場から実況生中継でお送りしました。
 
その中継の再放送が決定しましたのでお知らせいたします!!
放送日時 6月27日(日)18:00~19:30
 
 
大曲中、協和中卒業生の皆様、そして大仙市内の少年野球を愛する皆様!!
全県大会切符を懸けた、文字通り熱戦となったこの試合。

全県トップクラスのレベルを誇る大曲仙北地区予選を再度ラジオにてお楽しみいただければと思います。

中学3年生にとっては最後の夏、中学野球生活の集大成となる大会。
秋田県トップクラスのレベルを誇る大曲仙北地区の少年野球は地元はもちろん、秋田県の野球ファンの注目を集めています。
全県大会出場を懸けた決勝の模様を大曲球場から実況生中継でお送りします。
同時刻、他球場で行われる大曲仙北の第2地区、第3地区の決勝もスコア速報でお伝えします。
新型コロナ対策で無観客での開催となった今大会。ラジオを通じて球児たちの全力プレーをお楽しみください。

 

【放送媒体】  FMはなび (周波数87.3MHz出力20W)

【可聴エリア】 秋田県大仙市 推計人口78,540人(2021年4月30日現在)

        インターネット配信 https://fmplapla.com/fm-hanabi/

【番組名】 「第87回全県少年野球大曲仙北地区予選大会 第1地区決勝 実況生中継」

【放送日時】 6月19日(土)8:50〜決勝戦試合終了まで ※天候等により変更になる場合があります

【放送席】   実況:藤田浩士(FMはなび)

解説:齋藤靖(スポーツ少年団花館ドッカーンズ監督/大仙ビッグフィールド監督)

6月12日(土)本来ならば「大曲の花火春の章」があるはずだったこの日、特別番組「花火愛は止まらない!〜大曲花火5社勢揃いトークライヴ〜」を放送しました。
2時間の特番として、前半の1時間は大曲花火5社勢揃いトークライヴ、後半の1時間はプレイバック大曲の花火と題して、昨年の「大曲の花火秋の章」実況中継を再放送。

特に前半の、小松忠信さん(株式会社小松煙火工業)、今野義和さん(北日本花火興業)、久米川和行さん(株式会社和火屋)、齋藤健太郎さん(響屋大曲煙火株式会社)の4人に、司会進行トモトモ(株式会社花火創造企業)の5社が勢揃いした対談。
会場は花火伝統文化継承資料館「はなび・アム」の4階で、もはや花火愛120%の対談となりました。

溢れ出す花火愛が止まらないトークの数々、そして、おっとこれは大丈夫か?のぶっちゃけトーク。
聴きどころはたくさんあったのですが、その中でも注目の「思い出の大曲の花火」。
花火師4人が今までの「大曲の花火」で最も忘れられない花火を、自社と他社の一つずつ挙げてもらいました。
自分の花火もそうですが、他の花火師が上げた花火で心に残っているもの、というのは興味ありますよね。答えは以下の通りでした。

齋藤健太郎さん
・2016年 第90回「輝く星へ感謝を込めて・・・。」響屋大曲煙火
・1998年 第72回「フォーマティブ・アート」加藤煙火

久米川和行さん
・2013年 第87回「昇天銀龍万華鏡写輪丸」和火屋
・2011年 第85回「今夜、どこかのBARで~男と女の物語~」磯谷煙火店

今野義和さん
・1992年 第66回「水墨画を見たピカソのひらめき」北日本花火興業
・1977年 第51回「花よもう一度」紅屋青木煙火店
・1984年 第58回「ピタゴラスの美学」芳賀火工 ※どうしても2つ

小松忠信さん
・1994年 第68回「懐かし!ひばりのヒット、ヒット、ヒット」小松煙火工業
・1986年 第60回「思い出の麦わら帽子」北日本花火興業

チョイスも絶妙ですが、コメントも激アツでしたね〜。
実は、この模様はCNA秋田ケーブルテレビも映像収録、夏過ぎに放送&ネット配信予定です。
未公開部分も放送されるとかされないとか??
日程が決まり次第お伝えしますので、乞うご期待!

        

 

 

FMはなびでは、6/3と6/4に行われました令和3年第2回大仙市議会定例会 一般質問の録音によるラジオ放送を行います。
市議会および市長の声をお届けしますので、傍聴のため議場に訪れることができなかった方もぜひお聞きください。

<放送日時> 
〇6月12日(土)午前7時~午前10時30分(3時間30分)
         6/3~4定例会2日目・3日目
〇6月13日(日)午前7時~午前10時30分(3時間30分)
         6/4定例会3日目

〇6月14日(月)午後6時30分~午後10時(6/12放送分・再放送)
〇6月15日(水)午後8時~午後11時30分 (6/13放送分・再放送)

 【特別番組情報】花火愛は止まらない!〜大曲花火5社勢揃いトークライヴ〜
 
 
秋田県においても次々とイベント・行事の中止または延期が発表される中、6月12日に延期開催の予定だった「大曲の花火春の章」も中止となってしまいました。
 
FMはなびでは、現在長引くコロナ禍のせいで衰退の恐れがある芸能・エンターテイメントを応援するため「エンターテイメントの灯を消すな!Light My Fireキャンペーン」を展開、花火大会のあるはずだった6月12日に大曲の花火4社花火師と花火創造企業スタッフが集結、不滅の「花火愛」を打ち上げる「大曲の花火特別番組」を放送します。
 
【タイトル】 花火愛は止まらない!〜大曲花火5社勢揃いトークライヴ〜
 
【放送日時】 2021年6月12日(土)18:00〜20:00
 
【内容】
花火伝統文化継承資料館「はなび・アム」に「小松煙火」「北日本」「和火屋」「響屋」の「大曲の花火」4社代表花火師が揃い、会場4階から見える大曲の全景をバックに、「大曲の花火」への熱い思いを大いに語り合う座談会形式番組。
司会進行はFMはなび番組「花火の星」のパーソナリティーとして活躍のトモトモこと最上谷友宏、花火愛が実って昨年春に株式会社花火創造企業に就職したばかりの高橋咲楽が担当。
 
番組後半には「プレイバック大曲の花火」実況中継名場面として「2020大曲の花火秋の章」2幕と4幕を再放送。
 
また、収録模様はカメラ撮影もされCNA秋田ケーブルテレビでも放送、ネット配信を予定。
 
【出演】 小松忠信(株式会社小松煙火工業)
     今野義和(北日本花火興業)
     久米川和行(株式会社和火屋)
     齋藤健太郎(響屋大曲煙火株式会社)
     
     司会進行:最上谷友宏、高橋咲楽(株式会社花火創造企業)
     ナレーター:藤田浩士(FMはなび)
 
 
※画像はFMはなびフリーマガジン「モジラジ」2017年春号から

6月12日(土)に延期しておりました「大曲の花火-春の章-」は新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、出品者並びに来場されるお客様の健康と安全を第一に考えて中止となりました。
開催を楽しみにしていただいた皆様には急なご案内となり、ご迷惑をおかけいたしますがご理解くださいますよう、お願い申し上げます。

中止に伴いチケットを返金いたします。春の章ホームページに返金方法を掲載いたしました。ご確認の上、お手続きはこちらまでお願いいたします。



 

「おおまがりスーパーアリーナ」2DAYSの二日目はライヴハウスUN REVE(アンレーヴ)で開催予定が延期となってしまったイベント「ACOUSTICK MANIA 2」の出演者が、そのままラジオで生演奏!
バラエティー豊かな面々ながら、アコギの強者を集めたイベントだけに、魂込めた歌声をお届けします。

【タイトル】おおまがりスーパーアリーナ2DAYS ACOUSTICK FESTIVAL
【放送日時】5月2日(日)14:00〜16:00 
【出演】近野淳一、midori、ROCO、キョータ、GUNJI MC:デニーロ・オオトモ

 

ラジオに出来たイベント空間「おおまがりスーパーアリーナ」の2DAYS初日は、待望の1stアルバム「FOREVER AND EVER」をリリースするYummiのレコ発ライヴが実現!
活動の拠点を秋田に移してから9年目にしてのアルバムリリース、記念すべき発売日のライヴは、電波に乗って大仙市中を白熱のステージしてくれるでしょう。

【タイトル】おおまがりスーパーアリーナ2DAYS Yummi 1 st Album release Special LIVE
【放送日時】5月1日(土)14:00〜16:00 
【出演】Yummi、菊地ヒロム、ワイズミワイゾウ MC:デニーロ・オオトモ

 

 

「花火の街」「酒どころ」「民謡王国」、様々な名物・名産がある大仙市ですが、実はDJが多いとも言われています。
それも、一般的にはDJといえばヒップホップ系を指すことが多い中で、大仙市にはロック、ポップス、ソウル、オールディーズなど様々なタイプのDJが活躍しているのが特徴。
そんな大曲のDJ5人が4時間に渡ってリレー競演をする生放送が実現、ゴールデンウィークの幕開けはノンストップのDJショーで盛り上がりましょう。

【タイトル】 OMAGARI DJ Spring chapter FMはなび4時間DJリレー 
【放送日時】 5月1日(土)16:00〜20:00 
【出演】 DJいっせい、桜田部長、DJ AKI(アキ)、DJ QBO(クボ)、Yuusukee(ユースケ)

 

人気生番組を2日間!Yummiレコ発ライヴをラジオで実現!

【タイトル】 おおまがりスーパーアリーナ2DAYS
【放送日時】 5月1日(土)14:00〜16:00 
【出演】 デニーロ・オオトモ、Yummiほか

ラジオに出来たイベント空間として「スタジオライヴ」や「ラーメンランキング」など様々なイベントを展開してきた人気番組「おおまがりスーパーアリーナ」が、5月1日と2日の2日間放送(14時〜16時)しかも初日の1日には待望の1stアルバム「FOREVER AND EVER」をリリースするYummiのレコ発ライヴを番組内で実現!
ラジオだから出来る安心安全、しかも熱気と心が通じ合うステージをお送りします。

 

大曲のDJ5人が4時間ぶち抜きでDJリレー!

【タイトル】 OMAGARI DJ Spring chapter FMはなび4時間DJリレー 
【放送日時】 5月1日(土)16:00〜20:00 
【出演】 DJいっせい、桜田部長、DJ AKI、DJ QBO、DJ yuusukee

「花火の街」「酒どころ」「民謡王国」、様々な名物・名産がある大仙市ですが、実はDJが多いとも言われています。
それも、一般的にはDJといえばヒップホップ系を指すことが多い中で、大仙市にはロック、ポップス、ソウル、オールディーズなど様々なタイプのDJが活躍しているのが特徴。
そんな大曲のDJ5人が4時間に渡ってリレー競演をする生放送が実現、ゴールデンウィークの幕開けはノンストップのDJショーで盛り上がりましょう。

      

 

【実況生中継!春季少年野球】
 
球春真っ盛り!
 
第71回大曲仙北中学校春季野球神岡大会が4月24日(土)から開幕します。
春季県大会への出場権を懸けた、夏の総体に向けての前哨戦。
 
大仙・仙北・美郷計14チームが戦います。
 
FMはなびでは、4月29日(木・祝)神岡野球場で行われる準決勝、決勝の2試合を実況生中継でお伝えします。
平和中学校での準決勝も試合速報あり!!
 
一発勝負のトーナメント!
大仙・仙北・美郷の春の王者となるのはどこなのか!
熱戦の模様をFMはなびでお聴きください!
 
 
・放送日時
4月29日(木・祝)※雨天順延による番組変更あり
8時50分~ 準決勝(神岡野球場の試合は実況、平和中学校の試合は速報)
       決勝
《再放送》
5月2日(日)
18時00分~ 決勝のみ
 
 
・番組名
 大曲仙北中学校春季野球神岡大会 実況生中継
 
 
・出演者
 実況 藤田 浩士(FMはなび)
 解説 齋藤 靖 (花館ドッカーンズ、大仙ビッグフィールド監督)
 
【大曲の花火-冬の章-の興奮再び!】
 
3月27日(土)に開催された「大曲の花火-冬の章-新作花火コレクション2021」の映像がCNA秋田ケーブルテレビで4月17日(土)に放送・配信されます。
 
高画質の花火映像とともにFMはなびで当日生放送した実況中継の音声が入りますので、花火研究家コニー&大曲花火倶楽部シンジマンが語る花火の特徴や花火作家の思いを聴きながら大曲の花火を楽しむことができます。
 
CNA秋田ケーブルテレビの公式アプリ「し~なアプリ」(無料)をインストールすると、
アプリから配信をご覧いただけますので、是非この機会にインストールしてお楽しみください。
冬の澄んだ空気に映える色鮮やかな花火を今一度ご堪能ください。
 
 
・放送日時
 4月17日(土)午後10時
・放送
 CNA総合
・配信
 し~なアプリ
※Androidをご使用の方はGoogle Play、iPhoneをご使用の方はAppstoreで「秋田ケーブルテレビ」と検索してください。
アプリについて詳しくはコチラ!

新型コロナウイルス感染症拡大予防のため、5月1日(土)に開催を予定しておりました「大曲の花火-春の章-」は、6月12日(土)に延期となりました。

健康と安全を最優先に考えた措置ですので、ご理解のほどをお願いいたします。

購入済みのチケットは、そのままご利用になれます。
返金を希望される場合は、間も無く大曲の花火公式サイトに掲載されます。

 

大仙市と友好交流都市協定を結んでいる岩手県宮古市のコミュニティFM局みやこハーバーラジオと、FMはなびのコラボレーション企画がスタートします。

毎週木曜日の朝7時20分からの10分間、FMはなび「モーニングだいせん」と、みやこハーバーラジオ「おはよう潮風ラジオ」という同時間放送している生ワイド番組同士を電話でつなぎ、双方の街の話題などを生放送で紹介していきます。

宮古市とはかねてから大曲の花火への招待や、物産・観光イベントなどの交流があり、令和元年10月には友好交流都市協定が締結されました。
地域の生活に根ざしたコミュニティFM局同士が毎週生放送で情報交換をし、お互いの日常生活を感じることで、大仙市と宮古市がより親密な関係になることが期待されます。

【タイトル】 「みやこホットライン」

【放送日時】 毎週木曜日7:20〜7:30 朝生ワイド「モーニングだいせん」内

【出演】 根田朋子(FMはなび)
     箱石文彦(みやこハーバーラジオ) ほか

新番組もスタートして新しくなったFMはなび、ということは番組表も新しくなります!
と、いうことでFMはなび新番組表が出来ました。

今回の番組表は今までと大きく違う、新しい試みがいくつかあるのです。

まず一言、大きい!
 
※撮影:大曲某所

今までにないサイズ、B3版で作ってしまいましたー。
つまり、皆様にはぜひお部屋やお店の壁に、貼って欲しいのですーー。

更に貼っていただくことを前提に、番組表の下には、現在大仙市でも被害続出の特殊詐欺対策のための相談先電話番号(消費者保護センター)を表記。

そして、高齢でお一人暮らしの方には特に記入して欲しい「かかりつけの病院連絡先」を書き込むスペースを作りました。
記入して電話や冷蔵庫に貼っておくと、いざという時に大いに役に立つのです!

最後に、番組表全体の背景にもご注目。
菜の花が咲き誇ってる景色‥、そうです間も無くやってくる大仙市協和の菜の花が今回号の背景になりました。
番組表は年4回発行の予定です、つまり四季の大仙市名所をこれから巡ることになるのです!
夏号は何かな‥?(あ、考えるまでも無いか)

そんなわけで、是非ともあなたのお部屋に貼ってほしい特大新番組表。
大仙市役所、大曲駅グランポールなど公共機関、タカヤナギなど各店舗にもこれから置かれます。
FMはなびにもありますので、お越し頂けたらお渡しします(月〜金9:00〜17:00)


※撮影:この時期も桜満開の大仙市某所(どこでしょう?)

 

お昼の生ワイド番組「花咲きレディオ」では2021年4月6日以降、一部パーソナリティの担当曜日が変更になります。

現在火曜担当の伊藤美果と木曜担当の佐々木ゆう子の担当を入れ替え、4/6(火)以降は
火曜担当→佐々木ゆう子
木曜担当→伊藤美果
と、なります。

曜日は変わりますが、お伝えする熱量と楽しさはそのままに番組は続いていきます!
もちろん佐々木ゆう子と根田朋子のコンビも、伊藤美果の歌声も変わらずお伝えしていきますので、これまでと変わらずお付き合いください。

2021年3月いっぱいをもって、FMはなび朝生ワイド「モーニングだいせん」藤田浩士と、夕生ワイド「ハッピーアワー」根田朋子が担当を終えます。
4月からは藤田浩士が夕方の担当、根田朋子が朝を担当と入れ替わることになり、2人の声は春からも聴くことが出来るのですが、とりあえずは5年8ヶ月FMはなび看板番組の担当お疲れ様でした!
4月からは朝は根田朋子の「モーニングだいせん」(月ー木7:00〜8:30)、そして夕方は藤田浩士の新番組「ジャンピン⤴︎」(月ー木17:00〜18:30)がスタートしますどうぞよろしくお願いします!

 


平成27年の開局から5年半、私、根田朋子がお送りしてまいりました夕方の番組「ハッピーアワー」が3月31日をもちまして終了を迎えることとなりました。
ハッピーもアンハッピーも全部まとめて楽しんじゃう90分をモットーに番組をお聴きいただき、沢山のメッセージに本当にパワーをいただく時間を共に過ごすことができて幸せでした!

4月からは朝7時からの「モーニングだいせん」を担当することになりました♪
あなたの朝をカラフルに!ニュース交通情報、地域の話題を音楽と共にお届けします!

根田朋子

 

 


これまで「モーニングだいせん!」を聴いてくださりありがとうございました。
大仙の朝を明るくをテーマに、これまで特派員の皆さんや沢山のゲストの方、そして沢山の聴いてくださった皆さんのお陰様で、開局から駆け抜けることができました。大変お世話になりました!!!

4月からは夕方の新番組「ジャンピン⤴︎」を担当させていただきます。
夕暮れの時間からも気分が明るくなるような番組を目指していきます。
これからもどうぞよろしくお願いします!

藤田浩士

全国のアイデアに優れた新進気鋭の若手花火作家18名による競技大会、

大曲の花火-冬の章-新作花火コレクション2021がいよいよ3月27日(土)に開催されます。
FMははびは、会場の「大曲の花火」公園から実況生中継で放送いたします。
花火研究家小西亨一郎さんと花火情報番組「花火の星」でパーソナリティを務める冨樫真司さんのダブル解説で、花火の様子を詳しくお伝えいたします。

ラジオを聴いて花火を見よう!!

 

【放送日時】  3月27日(土)18:00~20:30

         (放送日時は天候などにより変更になる場合があります)

 

【出演者】   藤田浩士(FMはなび、花火鑑賞士)

        [解説]

        小西亨一郎(NPO法人大曲花火倶楽部副会長、花火研究家)

        冨樫真司(NPO法人大曲花火倶楽部事務局幹事)

 

番組名「VARSITY RADIO」

(バーシティレディオ)

秋田大学益満ゼミでは3年生のゼミ生が約半年間に渡って、大仙市の魅力を探し発信する「大仙市のいいところプロジェクト」を展開してきました。
Instagramを使い大仙市の日本酒をレポートしてきたこの企画を、今度はラジオ番組としてゼミ生が生の声を通して発信します!

ゼミ生が直接酒蔵へ足を運んだり、リモート取材などを通して、それぞれの特徴やこだわり、実際に試飲した感想などをご紹介し、
地元の魅力を再発見できる内容になっています。

大仙市は秋田大学生からみて、どんな街に映っているのでしょうか
全4回の番組を是非お楽しみに!!!

放送日時3月17日(水)17:17~17:32

    3月19日(金)17:17~17:32

    3月24日(水)17:16~17:31

    3月26日(金)17:16~17:31 全4回

再放送 3月22日(月)10:15〜10:30 ※3月17日放送回

    3月24日(水)10:30~17:45 ※3月19日放送回

    3月29日(月)10:15~10:30 ※3月24日放送回

    3月31日(水)10:30~17:45 ※3月31日放送回 

東日本大震災発生10年の節目を迎えました、FMはなびもこの東日本大震災があったことで設立された放送局です。

今日はスタジオ前の大曲ヒカリオ広場に「夢灯り灯篭」を設置し、復興のへの思いを一つにしました。

そして放送は、特別番組を13時から「あの日私たちは 〜だいせんの311〜」と題して2時間生放送。
大仙市と友好交流都市にある宮古市から、山本正德 宮古市長、花坂康太郎宮古商工会議所会頭、そして「みやこハーバーラジオ」の箱石文彦さんに話を聞きました。

また大仙市から被災地に向かった大曲消防本部 特別救助隊の八木克司隊長、大仙市役所元職員の五十嵐秀美さん、 民間からは小西許子大曲社交飲食組合理事長と、株式会社メモリー代表加藤正則さんの話を伺いました。 

放送は後半からヒカリオ広場に切り替わり、老松博行大仙市長、佐々木繁治大曲商工会議所会頭のあいさつの後、震災発生の14:46に10発の狼煙が打ち上げられました。
震災後の10年の重みを感じさせる心に迫る花火でした。

展示された夢灯り灯篭に火が灯された17時すぎ、ペアーレだいせんで津軽三味線講座を開いている三味線奏者二代目井上成美こと黒澤博幸さんと、受講生の皆さん及びサポートメンバーによる追悼演奏があり、こちらも生放送をしました。

二代目井上成美こと黒澤博幸さんには番組ゲストとしてスタジオでも即興演奏を披露いただきました。
ご自身のお弟子さんを震災で亡くしている彼の「3.11は忘れられない日だが、被災地の人たちは忘れたい日でもある、忘れたいのに忘れられない日なんです」という言葉で番組の雰囲気が一変しました。

18時には岩手県大槌町で復興の花火をあげる大曲の花火協同組合の小松忠信さんと電話をつなぎ、同時刻に大曲でも上がった「希望の花火」を藤田浩士がレポートしました。
白を基調とした「追悼」の花火から、カラフルな「希望」の花火に移り変わっていく、まさにいま再び不安の闇に包まれている世界に光を放つものでした。

書ききれない思い、話尽くせない気持ち、東北のコミュニティ放送局としてこれからも語り継いでいかなくてはいけないと思いも新たにした2021年3月11日になりました。
黙祷にご参加くださった皆様、ラジオの向こうで思いを一つにして下さった皆様、ありがとうございます。

 

  

      
   

日頃よりFMはなびをご愛聴くださり、誠にありまとうございます。
4月の番組改編に伴いまして、番組および出演者の変更がございますのでお知らせいたします。
    
    
    
■終了番組 「ハッピーアワー」(月〜木)17:00―18:30 担当:根田朋子

■出演者変更「モーニングだいせん」(月〜木)7:00―8:30 新担当:根田朋子

■新番組 (月〜木)17:00―18:30) 担当:藤田浩士 

    
   
開局以来5年半放送してきました、朝と夕方のワイド番組の担当者が入れ替わる事になります。
「モーニングだいせん」は番組名はそのままで根田朋子が新しい朝の声となり、夕方は藤田浩士が若さあふれる新番組をスタートさせます。
詳細は追って発表いたします、新シーズンに新時代を迎えるFMはなびを今後ともどうかよろしくお願い致します。
    
   
  

大仙市のコミュニティFM局FMはなびでは、東日本大震災10年の節目となる2021年3月11日に特別番組を企画放送します。
被害の少なかった秋田県大仙市は、隣県の被災地に向かって官民問わず積極的に大勢のボランティアが向かいました。
当時の模様を振り返り、現在の被災地の状況も聞きながら「本当の復興」について考える2時間生放送です。
また、FMはなびスタジオ前にあるヒカリオ広場での追悼式の模様を発生時刻午後2時46分の黙祷と共に放送します。

 

 

【番組名】FMはなび東日本大震災発生10年特別番組
「あの日私たちは 〜だいせんの311〜」

【放送日時】 3月11日(木)13:00〜15:00
               19:00〜21:00※再放送

【形式】 録音取材した音源と中継レポートで構成する2時間生放送

【出演】 番組進行 藤田浩士(FMはなび)
     追悼式司会 根田朋子(FMはなび) ほか

【コメント取材予定者様】敬称略
     山本正德 宮古市長
     花坂康太郎 宮古商工会議所会頭
     八木克司 大曲仙北広域市町村圏組合消防本部 特別救助隊長
     箱石文彦 みやこハーバーラジオ
     五十嵐秀美 大仙市観光物産協会常務
     加藤正則 株式会社メモリー代表
     小西許子 大曲社交飲食組合理事長

 

東日本大震災から10年目となる2021年3月11日に、もう一度震災の犠牲と教訓を見つめ直し、コロナという新たな恐怖と不安の世界にある現在に、希望の光を灯すことを目的に、大仙市大曲で「希望の花火」打ち上げを実施します。

また大曲駅前ヒカリオ広場にて追悼のセレモニーを発生時刻14時46分に合わせて開催。
FMはなび特別生放送でこの模様を放送します。

【開催日】 2021年3月11日(木)

【開催地】 大仙市

【内容】  ①「FMはなび」で特別番組を放送
      ② 大曲ヒカリオ広場に「夢あかり灯篭」設置
        発生時刻14時46分に黙祷、17時に津軽三味線による追悼演奏
      ③ 18時に大槌町で慰霊の花火が打ち上がる同時刻に「希望の花火」打ち上げ

【当日タイムテーブル】

13:00 番組生放送 開始(FMはなび)

14:35 追悼式典(ヒカリオ広場)
      大仙市長あいさつ
      大曲商工会議所会頭あいさつ

14:46 黙祷(1分) 花火雷10発打ち上げ

17:00 「夢灯り」点灯(ヒカリオ広場)
      黒澤博幸氏による津軽三味線演奏 ※雨天中止
      

18:00 「希望の花火」打ち上げ(場所未定)

 

美郷在住のシンガーソングライター栗林聡子が、母校の美郷中学校の生徒さんと一緒に作った「煌めき輝く明日へ」が、FMはなびミュージックレコメンドとして2週間にわたって放送されます!

コロナのせいで学校行事が思うように出来なかったまま卒業を迎える美郷中学校3年生のために、父兄と生徒会が企画した贈る歌制作。
生徒から学校生活の思い出をアンケートで集め、それを曲に仕上げたこの作品は「感謝する会」でもサプライズ演奏され話題となり、新聞でも取り上げられました。
※詳しくはさきがけ新聞で

販売の予定は無いこの曲を、FMはなびは間も無く卒業式を迎える生徒さん&ご家族にラジオで毎日お届けします、是非聴いてください。

煌(きら)めき輝く明日(あす)へ/栗林聡子
放送期間 2月15日(月)~2月26日(金)

以下ワイド番組で必ず放送
「モーニングだいせん」(月ー木 7:00~8:30)
「FMはなびパワーフライデーPART1」(金 7:00~8:30)
「花咲きレディオ」(月ー木 11:30~13:00)
「FMはなびパワーフライデーPART2」(金 11:30~13:00)
「ハッピーアワー」(月ー木 17:00~18:30)
「FMはなびパワーフライデーPART3」(金 17:00~18:30)

 
歌詞をこちらも栗林さんの母校大曲高校の書道部の皆さんが書き上げてくれました

令和3年1月15日(金)大仙警察署において、感謝状贈呈式が行われ、FMはなび(株式会社TMO大曲)に

『感謝状』が贈呈され、当日は、清水大仙警察署長の「警察署の各業務において多大な貢献を頂いたことをここに表します。」の言葉と共に、賢木TMO大曲代表取締役が受贈しました。

今後もFMはなびは、地域の安心安全の情報を素早く正確にお伝えしてまいります!

毎年実施されている大仙市防災行動訓練「シェイクアウト」放送を、今年も防災ラジオ自動起動装置を使って緊急放送します。
特に、今年は実施日程が初めて平日ではなく土曜日になったことで、学校、職場とは別に家庭での訓練もあると思われます、家族揃っての防災訓練あるいは防災について語り合う良い機会としてご利用ください。

【番組名】 「今年はおうちでシェイクアウト・大仙市シェイクアウト訓練放送」

【放送形式】 生放送

【放送日時】 2021年1月23日(土)10:50〜11:10

※シェイクアウトの詳細はこちら

新春特別企画として放送しました、移住・帰省(Aターン)応援ガイド番組「んだんだ10分」をネット配信します。
故郷秋田に戻って新しい人生を歩もうとしている人、ご家族ご親族にいましたら是非お伝えください。
各世代・状況別Q&Aトークで具体的なアドバイスがあります。

 

「大学・専門学生対象Q&A」聞き手:藤田浩士
県外で学生生活を終えた若者の、故郷での就活を応援
こちらをクリック

 

「40代以上対象Q&A」聞き手:福原尚虎
県外での生活に区切りをつけ故郷に戻り生活を考えている人の為の、就活ワンポイント
こちらをクリック

 

「新婚対象Q&A」聞き手:根田朋子
結婚を機に帰郷を検討している若い夫婦の子育を視点にした帰郷のためのワンポイント
こちらをクリック

 

「家族で移住Q&A」聞き手:福原尚虎
家族で故郷に移住を考えている人へ、マイホーム購入などを中心としたアドバイス
こちらをクリック

 

「起業Q&A」聞き手:藤田浩士
故郷に戻り新しい事業に挑戦しようとしている人の為に、補助制度など中心にアドバイス
こちらをクリック

 

 

提供
秋田県仙北地域振興局
大仙市
北斗通信工業株式会社
株式会社タカヤナギ

「んだんだ10分 秋田時代 〜the turning〜」

2021年があなたのターニングポイントになる「秋田時代」が始まる。
秋田に移住(帰省)して暮らそうという人への、各世代・状況別Q&Aトーク。
各回に専門の相談員から具体的なアドバイスを頂きます(1日3回放送)

 

「大学・専門学生対象Q&A」聞き手:藤田浩士
県外で学生生活を終えた若者の、故郷での就活を応援
1月4日(月)8:00〜8:10  13:00〜13:10 18:00〜18:10
1月8日(金)8:10〜8:20 11:40〜11:50 18:10〜18:20

「40代以上対象Q&A」聞き手:福原尚虎
県外での生活に区切りをつけ故郷に戻り生活を考えている人の為の、就活ワンポイント
1月4日(月)8:10〜8:20 11:40〜11:50 18:10〜18:20
1月5日(火)8:00〜8:10  13:00〜13:10 18:00〜18:10

「新婚対象Q&A」聞き手:根田朋子
結婚を機に帰郷を検討している若い夫婦の子育を視点にした帰郷のためのワンポイント
1月5日(火)8:10〜8:20 11:40〜11:50 18:10〜18:20
1月6日(水)8:00〜8:10  13:00〜13:10 18:00〜18:10

「家族で移住Q&A」聞き手:福原尚虎
家族で故郷に移住を考えている人へ、マイホーム購入などを中心としたアドバイス
1月6日(水)8:10〜8:20 11:40〜11:50 18:10〜18:20
1月7日(木)8:00〜8:10  13:00〜13:10 18:00〜18:10

「起業Q&A」聞き手:藤田浩士
故郷に戻り新しい事業に挑戦しようとしている人の為に、補助制度など中心にアドバイス
1月7日(木)8:10〜8:20 11:40〜11:50 18:10〜18:20
1月8日(金)8:00〜8:10  13:00〜13:10 18:00〜18:10

提供
秋田県仙北地域振興局
大仙市
北斗通信工業株式会社
株式会社タカヤナギ

1月1日(金)17:00より太田地域で花火が上がります

 

FMはなび年末年始の特別番組を、いつもより倍に増やしてみました。

大晦日カウントダウンまで2時間生放送だったのを、年が明けてももう2時間。
合わせて4時間生放送。
前半はおなじみキャミソウルブラザーズがヒカリオ広場のイベントも含めて活躍、なんと新曲発表(どうしちゃったの?)。
そして女性で初めて花火と共演するYummiの午前0時のステージも楽しみです。

年が明けての2時間は大曲商工会議所青年部YEGの皆さんが担当。
大曲YEGの番組は開局の頃からありました、その都度メインMCが代替わりしながらやってきたのですが、最近かなり調子が良いのでこの辺で勝負してみようかなと。
コロナで思うようにイベント・行事開催が出来なかった若い力を爆発させてみたいと思ったのです。
番組はYEGの特性を生かした全国ネットワークを駆使したレポートあり、無礼講のはちゃめちゃ企画ありと、2021年の幕をYEGに思いっきり開けてもらいます。

この年末年始の特番の冠コピーに「拝啓、故郷は元気です」とつけました。
恐らく、いつもだったら故郷の秋田・大仙市で過ごすはずだったのに、東京や他府県にいたままで新年を迎える人は多いだろうと。
いや人によっては夏のお盆も帰省していないので随分長く帰ってないという人もいるでしょう。

FMはなびはインターネットでも聴けるので、そんな県外にいる家族・親戚がいらっしゃいましたら是非おすすめして欲しいのです。
地元に住んでいる僕たちからすれば、全くなんの変わりばえもない雪景色、街の様子でも、遠い空の下で暮らしている出身者からすれば、涙が出るほど愛おしいものだったりもするのです。

大晦日も三ヶ日も、そしてその後も、少しでも多くの秋田・大仙市の声、景色、生活の音を故郷を思う人達に届けたい。
そんな思いでの「拝啓、故郷は元気です。」

なので、僕たちはこの故郷を元気にしなくてはいけません。
なんにも出来なかった2020年、これでどう元気になれって言うんだ!?
と、思うでしょう。
前々から言ってます通り、コミュニティFMの最大の強みは、どこよりも身近なラジオということです。
よくよく探してみると、身近すぎて見えなかったこの街の素晴らしい物、場所、人があります。
これを見つけ出して紹介するのがFMはなびの仕事です。

今年、パリーグ審判生活31年を終えて現役引退された、大曲高校野球部出身佐藤純一さんにインタビューが出来ましたので1時間番組にしてみました(1月7日放送)。
音楽では、吹奏楽部指導者として若い頃は活躍、現在は音楽療法の活動を進めている坂本昌さんにどうしても話を聞いてみたかったので番組にしてみました。

その他にも民謡、サッカー、そして花火。他のどこにも負けない日本一・世界一がたくさん「身近にある」大仙市。
1月4日から続く特番で、身近な英雄(ヒーロー)たちからどうぞ元気を貰ってください。

そしてもう一つ、「かなり踏み込んだ番組」を企画しました。
他府県からの移住定住を考えている人達の為の番組「んだんだ10分 秋田時代 the turning」を毎日流します。
いわゆるAターン、秋田に戻って暮らそうという人達の完全ガイド番組です。
一言でAターンと言っても、いろんな状況があります、年齢、家族構成、仕事、様々な状況別の問題があるわけで、その全ての状況別に具体的なアドバイスをしてもらう番組。
いえ、もっと現実的な「どこの窓口に相談に行けば良いか」から案内させていただきます。
この企画には秋田県と大仙市のご協力を頂き、民間企業からも北斗通信様、タカヤナギ様からも協賛いただきました。

間違いなく、秋田での暮らしを真剣に考えている方は多いでしょう。
コロナという災難の中で、自分の将来を考え直したときに、故郷での再スタートという道を選ぼうとしている人がいるなら、FMはなびは応援したいと思います。

今までにないほど故郷のことを想っている人、故郷を伝えたい相手がいる人。
今年はいつもと違う正月が来るだろうと思い、精一杯「故郷は元気です」と放送します。

FMはなび 福原尚虎

FMはなびは年末年始の特別番組を大増量!(当社比2倍マシ)

何と言っても年末年始の生放送を4時間お送りします。
前半第1部はかyミソウルブラザーズ が大暴れ、ゲストにYummiとかさはらもとじ という最強の布陣で臨む生放送は、そのままヒカリオ広場のカウントダウンイベント「ニューイヤー花火2021」の生中継へとなだれ込みます。

最大の注目は、あのキャミソウルブラザーズが歌手デビュー!
なんと新曲を本邦初公開します。
企画モノと思いきや、かなり本格的な楽曲が仕上がったとか!?ところで果たして誰がこの曲を作ったのか?秋田音楽シーンの大物という噂もあり様々憶測飛び交う中、番組ではこの誰も聞いたことの無いキャミの新曲の作者当てクイズを行います。
番組宛に、この人ではないかという予想をお送りください。もちろんウケ狙い歓迎。
抽選で素敵なプレゼントもるので住所本名お忘れなく〜
873@fmhanabi.com   まで!

そして0時をまわった2021年の幕開けは、なんと大曲YEGが担当。
こちらも豪華景品を準備した「大曲クイズ」があるとかないとか、、、、
そして真夜中の大喜利、真夜中の電話大作戦、真夜中の初詣レポートなどなど。
常識破りの約2時間にどうかお付き合いください!!

 

 

12月31日(木)〜1月1日(金)「FMはなび本気のラジオ足かけ2年大放送」

第1部 カウントダウンだよキャミソウルブラザーズ♫(22:00〜24:00)
(出演)キャミソウルブラザーズ、Yummi、かさはらもとじ 、藤田浩士

第2部 新年明けましてYEG 〜良い初夢見ろよSP〜(24:00〜26:00)
(出演)大曲YEGメンバー

 

 

 

『大仙市は音楽の郷である』
この言葉と共に繰り広げられたMusic Festival in DAISEN 2020 大音響TV。
『Music Festival in DAISEN』に『大音郷』と名がついてから2回目の開催になるはずだったこのイベントに今年は『TV』という字が付きました。

改めまして、今年も昨年に引き続き司会を務めさせていただきました、FMはなび根田朋子です。

私の今回の相方は大仙市(初)のyoutuberたがの氏。
元気な声でステージを盛り上げてくれました。
初めてのMCに緊張してます‼とのことでしたが、大丈夫。
今だから言いますが、実は私も緊張してました(笑)

本来であれば、大曲市民会館大ホールのあの大きな会場に観客の皆様の眼差しや歓声、ステージの熱気を肌で感じられるはずだったこのイベントが今年は『無観客』そしてラジオの生中継そしてyoutubeでの配信。
もちろん、複雑な気持ちもありましたが、沢山のイベントが中止や延期を余儀なくされていたこの状況下、開催の決断をしてくださった老松市長をはじめ、沢山のスタッフの皆様のご尽力のおかげで、大音郷の名のもとに集ったミュージシャンたちをさらに輝かせるステージが出来上がりました。

その期待の応えるように、素晴らしいパフォーマンスを披露してくれたミュージシャンたち。更に今回は、花火の街だけではなく、音楽の街だいせんの幅の広さを感じられるかのごとく、ポップスやロックのみならず民謡や太鼓をラジオの生中継・配信で味わっていただくことができました。

ラジオの生放送の中では、ラジオという媒体だからこそともいえる沢山のメールでの反響や応援メッセージもお伝えすることができ、コロナ渦だからこその『Music Festival in DAISEN 2020 大音響TV』。今できる最高のステージをお届けできたのではないでしょうか?

根田朋子(こんだともこ)
舞台、MCタレント業を中心に活躍のちFMはなび入社。
大手外資系レコード店に勤務していた経験から音楽シーンにも精通し、現在の番組制作にも反映されている。

⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎

Music Festival in DAISEN 2020「大音郷TV」(2020.11.6大曲市民会館)に出演したアーティスト達によるリレーコラムです。
好評配信中の「大音郷TV」はこちらでご覧になれます
各アーティストの出演時間は画面下の詳細ページに記してありますのでご参考ください。