メニューを表示する

新作花火コレクション2022表彰式を生中継します

FMはなび 第104回全国高等学校野球選手権秋田大会 実況生中継のお知らせ

FMはなびでは能代市山田久志サブマリンスタジアムでの大会2日目第1、2試合と3日目第1試合の
計3試合を実況生中継で放送いたします。
大会屈指の好カード第97回大会甲子園出場の角館VS第4シード大曲農業との県南勢対決など、
大仙市内の高校野球ファン注目の試合をお送りします。是非ラジオで熱戦の模様をお楽しみください。

 

【媒体】 FMはなび(周波数87.3MHz出力20W)可聴エリア秋田県大仙市

インターネット配信 https://fmplapla.com/fm-hanabi/

 

【タイトル】 「第104回全国高等学校野球選手権秋田大会 実況生中継」

 

【放送日時】 ※放送日時は天候などにより変更になる場合があります 
7月9日(土)2回戦(2試合)山田久志サブマリンスタジアム

放送開始9:55  第1試合 角館 - 大曲農業 

          第2試合 能代松陽 - 大曲

 

7月10日(日)2回戦(1試合)山田久志サブマリンスタジアム

放送開始9:55  第1試合 能代科技 対 大曲工業の勝利チーム - 西目

 

【放送席】実況:藤田浩士(FMはなび)
     解説:齋藤靖(花館ドッカーンズスポーツ少年団監督、大仙ビッグフィールド監督)
        鈴木健一(秋田経法大附属野球部出身 高校野球元コーチ)

 

全県少年野球大会大曲仙北地区予選の実況生中継放送のため
6/17(金)・6/18(土)の番組放送時間につきまして下記のとおり変更いたします。

6/17(金)
 9:00~ だいせんのわらしっこ
 9:15~ N.U.の大仙へGO

6/18(土)
 16:00~ だいせん~故郷の民謡~
 16:30~ 大仙コロンブス
 16:45~ かさはらもとじのスマイルRadio

【番組名】 「第88回全県少年野球大曲仙北地区予選大会 第1地区 実況生中継」

中学3年生にとっては最後の夏、中学野球生活の集大成となる大会。
秋田県トップクラスのレベルを誇る大曲仙北地区の少年野球は地元はもちろん、秋田県の野球ファンの注目を集めています。
今回は大曲球場で行われる第1地区1回戦から決勝までの3日間を実況生中継でお送りします。
同時刻、他球場で行われる大曲仙北第2地区、第3地区の試合もスコア速報でお伝えします。
新型コロナ対策で観客は保護者や関係者等のみでの開催となった今大会。

ラジオを通じて球児たちの全力プレーをお楽しみください。

 

【放送日時】 6月17日(金)9:30~ 1回戦 生保内-仙北

       6月18日(土)9:00~  2回戦   大曲-生保内と仙北の勝利チーム

                         角館-美郷

       6月19日(日)9:30~ 決勝

【放送席】   実況:藤田浩士(FMはなび)

解説:齋藤靖(花館ドッカーンズ監督/大仙ビッグフィールド監督)

イベントの正式タイトルは「「Music Festival in DAISEN 大音郷2022」。
「大音郷」とは第2回目からつけたサブタイトルです。

「だいおんきょう」というタイトルなので、何やら爆音のロックイベントに聞こえなくもない。
そう思ったけど、このタイトルにしました。
「大仙市」は「音楽」の「郷(さと)」である、だから「大音郷」。
その気持ちをちょっと長文ですが説明させてください。

このイベントを発案されたのは大仙市老松市長でした。
こんな事があったそうです。
ある時、お世話になった方の息子さんがお亡くなりになったので御焼香に伺ったと。
ご本人ではなく息子さん、しかもお若いということでおいたましい話です。
そして、その遺影のお写真を見ると金髪だったので「息子さんは何をされていた方ですか?」と聞いたところ「東京でミュージシャンをやっていました」とのこと。
その時市長は思ったそうです「自分達が知らないところで大仙市から東京に出て行って、こうして活躍している若者がいるんだな」と。
もしかしたらまだいるかもしれない、故郷を離れて一人奮闘している大仙市出身の若いアーティスト達を、市として応援しバックアップできないだろうか。
そうお考えになったそうです。

実は僕も「〇〇ってバンドのメンバーは大曲出身」みたいな話を時々聞きます。
一人前になるまで帰ってこない!そんな決意で故郷を巣立った若者は、いまこの時も都会で一人で戦っているのでしょうか。
もし良ければ、音楽の郷になった大仙市に羽根を休めに、あるいは新たな音楽創りのきっかけを探しに立ち寄ってもらえないでしょうか?
本人でなくても、ご家族、お友達にそんな未来のスターを目指している歌手、アーティストがいたら名乗り出て欲しい。そんな気持ちで「大音郷」をやるのです。

もう一つの理由があります。

つい最近、大仙市出身の漫画家「紅一献」作者の桃缶(ももかん)さんと番組で話しました。
中学生の頃から漫画家を目指し投稿もしていたと。
でも学生時代は自分が漫画家を目指していることはあまり言わなかったと。
わかるな〜その気持ち、と思います。
僕も中学の頃ラジオDJになりたかったのですが、流石に将来の進路がそれだとは言いづらい。
「おめー本気で思ってるの?」と笑われたくないし、なれなかったら格好悪い。
あと、学校の放送部にも入らなかったんですよね、本音は憧れてたけど‥。
「自分は将来、日本のラジオ界を変えてやるんだ、学校の放送部なんかやってられっか」そんな考えでしたね。
この話をしたら「福原さん本当に可愛くない子供だったんですね」と言われ、まさしくその通りですみませんでしたという気持ちです、いまは。

取材などで学校によく行きます。
僕の頃と違って、本当に素直で良い子ばかりがいるように見えるのが現在の大仙市の学生達です。
将来ミュージシャンになりたい、そんな夢も昔に比べ割とカジュアルな気がします。
将来サッカー選手になりたい!という子のために親達がスポ少で応援するように、
ミュージシャンを目指すと公言する子供を、街の大人達が応援する時代だと思うのです。今更かもしれませんが。
どんな形でもいいし、どんな気持ちでも構いません、この街で夢を持っている若者の為のステージを大曲市民会館大ホールに作りたい、そう思って「大音郷」をやります、どうかお付き合いお願いできないでしょうか、会場でお待ちしております。

FMはなび 福原尚虎

FMはなびでは大仙市議会定例会一般質問の録音によるラジオ放送を行います。
市議会及び市長の声をお届けしますので、傍聴のために議場に訪れることが出来なかった方も是非お聴きください。

【放送日時】

6月8日(水)19:00〜22:00
 6/2定例会2日目 質問議員(放送順):秩父博樹、青柳友哉、戸嶋貴美子、高橋徳久、金子道男
6月9日(木)19:00〜21:00 
 6/3定例会3日目 質問議員(放送順):安達成年、挽野利恵、山谷喜元、佐藤文子

6月11日(土)7:00〜10:00 
 6/2定例会2日目再放送 質問議員(放送順):秩父博樹、青柳友哉、戸嶋貴美子、高橋徳久、金子道男
6月12日(木)7:00〜9:00 
 6/3定例会3日目再放送 質問議員(放送順):安達成年、挽野利恵、山谷喜元、佐藤文子

 

 

「大仙市」は「音楽」の「郷(さと)」である、という気持ちでつけられたサブタイトル「大音郷(だいおんきょう)」として例年開催されている大仙市の歌謡祭、第4回目となる今回は秋田県在住のアーティストに絞り、テレビ音楽番組のようなスタイルで地元のアーティストに親しみを持ってもらうプログラムとなります。

 また、今回は新たな試みとして、学生アーティストのライヴコンテストを事前に開催し、秋田市と大仙市の2会場の代表となった学生バンドが登場します、若さあふれる彼らの演奏をライヴで是非ご覧ください。

【開催日時】 令和4年6月19日(日) 13:00開場/14:00開演

【会場】 大仙市立大曲市民会館大ホール (秋田県大仙市大曲日の出町2丁目6-50)

【出 演 者】 
かさはらもとじ、栗林聡子、midori、さいとういくみ
イチブンノヨン、月刊少年アイロニー
司会:根田朋子、かさはらもとじ、TOMO

【入場料】 無料

【お問合せ】 FMはなび 0187−88―8246

かさはらもとじ(仙北地域在住)歌謡曲ポップス
2015年に鏡元もとじの名前で「北国のリバーサイド」でメジャーデビュー、2019
年に現在のかさはらもとじに改名。2021年自身が住む大仙市仙北地域の地域ソングと
して「ふれあいのまち」を発表。故郷に暮し故郷を誰もよりも愛する歌手。
「Music Festival in DAISEN」は第1回目から全大会出演、今回は司会も務める。

栗林聡子(美郷町在住大曲高卒)キーボード弾き語り
2004年NHKのど自慢チャンピオン大会に出場、他数々のボーカルコンテストでタイトルを獲得。2020年には天皇陛下ご即位記念「第39回全国豊かな海づくり大会・あきた大会」式典行事のオープニング楽曲歌唱。「大曲の花火秋の章」でもアカペラで秋田県民歌を熱唱するなど県南の歌姫として活躍中。

midori(南外在住)ギター弾き語り
大仙市南外在住、5年前に故郷の戻り音楽活動を開始。
2019年にミニアルバム「Emotion」をリリース、同年開かれたライヴコンテスト「ダイセンドリーforアキタ DDA2019」で秋田魁新報社賞を受賞。
世界観がしっかりとした玄人好みのサウンドは、ミュージシャンの間でも評価が高い。
「Music Festival in DAISEN」は2度目の出場。

さいとういくみ(美郷町在住大曲在勤)ギター弾き語り
路上ライヴを通して多くの人に励まされたことから2018年シンガーソングライターとして本格的に活動開始。
2021年には待望のファーストアルバム「さいとういくみのうた」をリリース。
FMはなび「YEGガレージへようこそ@会長ラジオ」のアシスタントとしても活躍中。
「Music Festival in DAISEN」は今回が初出場。

イチブンノヨン(秋田市)4人組ロックバンド
「Music Festival in DAISEN」出場を賭けたライヴコンテスト「ROAD TO DAIONKYO」秋田大会(会場ラウドアフェクション)で勝ち抜き出場を決めた大学生4人組バンド。
青春の爽やかさ溢れるストレートなロックと、全力投球のライヴが魅力。

月刊少年アイロニー(秋田市)3人組ガールズバンド
「ROAD TO DAIONKYO」大曲大会(会場アンレーヴ)で勝ち抜き出場する、秋田在住の高校3年生3人組ガールズロックバンド。
結成2年とは思えない堂々としたライヴ運びと、パワフルなステージは見応え十分。

TOMO(タレント、モデル)
大仙市大曲出身、上京し就職会社勤めをしている時にスカウトをされモデル・タレントとして活動。コロナの影響で東京から秋田に活動の場を移すことを決意。
主な出演作品は、「さんま岡村祭りオトコってバカねぇスペシャル」(日テレ)「砂の塔〜知りすぎた隣人」「金スマ」(TBS)「スカッとジャパン」「奇跡体験!アンビリーバボー」(フジ)「ドクターX」(テレ朝)このほか映画、CMにも多数出演。
現在FMはなびレギュラー番組は「トモローピープル」「おおまがりスーパーアリーナ」

4月29日に開催される「新作花火コレクション2022」の受賞者発表と表彰の生中継が決定しました。
大会翌朝の30日10時から、会場のグランドパレス川端から生放送でお送りします。
未来を掴む花火師は誰か!?緊張の瞬間にラジオでお立ち会いください!

4月30日(土)10:00〜11:30 「新作花火コレクション2022表彰式」 

 

 

いよいよ開催される大曲の花火歴史的瞬間2夜連続の花火大会。
もちろんFMはなびは完全実況生中継をお送りします。
また、大会前後も生放送の情報をお届けします、特に30日には前夜の新作花火コレクション表彰式の模様と、日本煙火芸術協会青木理事へのインタビューを放送、花火の前後もラジオをチェック!

4月29日(金)

17:16 「直前!新作花火コレクション」出場花火師へのインタビューなど紹介

18:30 新作花火コレクション2022 完全実況生中継

21:00 「花火の後は、、、HANABI MANIA2022 」ヒカリオ広場から生中継 (22時まで放送)

4月30日(土)

17:00 「直前!大曲の花火春の章」
    前夜開催新作花火コレクション授賞式&日本煙火芸術協会青木理事インタビュー

18:30 大曲の花火春の章「世界の花火 日本の花火」
    日本煙火芸術協会60周年記念事業花火 完全実況生中継

21:00 「花火の後は、、、HANABI MANIA2022 」ヒカリオ広場から生中継 (22時まで放送)

 

 

大曲の花火SPRING FESTAの2日間、FMはなび大曲ヒカリオ広場にオBARがオープンします!
花火の余韻に浸りながらくつろげるひとときをどうぞお過ごしください。
ビールとソフトドリンク、軽食を提供。DJとストリートライヴもあります♪

HANABIMANIA Bar
4月29日(金)17:00〜22:00
4月30日(土)17:00〜22:00

会場:大曲ヒカリオ広場(大曲駅徒歩3分)

何か面白いことないかな?何か新しいこと始まらないかな?
FMはなびが街の噂(Buzz)をリードする特別企画「BuzzAKITA(バズアキタ)」開催決定♪

とにかく新しい物に飛びつくのが大好きなFMはなびが、ラジオでレポート、その模様を動画配信します。
レポートは、どんな話題でも駆けつけるFMはなび仕込みの秋田特殊情報部員A tuberが大活躍。
ラジオでネットで秋田の噂を巻き起こします!

【ラジオ放送】4月18日(月)〜22日(金)12:15〜12:30 
       生放送番組「花咲レディオ」「パワーフライデーPART2」で中継レポート

【配信】Youtubeチャンネル「FMはなびTV」ほか各SNS配信

4月18日(月)放送 BuzzAKITA ep1 第1話「快適&ハイテク、いまどきのコインランドリーレポート」
       コインランドリーふんわりももちゃん

4月19日(火)放送 BuzzAKITAep1 第2話「ついに大仙市にサイゼリヤキター」
       AEONモール大曲サイゼリヤ大曲店

4月20日(水)放送 BuzzAKITAep1 第3話「噂のねこピザに突撃だにゃん」
       ねこピザ

4月21日(木)放送 BuzzAKITAep1 第4話「地域活性の切り札かシェアオフィスギャザーをレポート」
       フォーシーズン内「ギャザー」

4月22日(金)放送 BuzzAKITAep1 第5話「シーズン到来!大仙ゴルフ最新情報」
       大曲市民ゴルフ倶楽部


吹奏楽の街大仙市待望の、吹奏楽専門番組がついにFMはなびでもネット開始します。
吹奏楽の専門誌「バンドパワー」がお送りする吹奏楽に特化したラジオプログラム。
楽しくて元気が出る吹奏楽の魅力を、さまざまな角度からご紹介する1時間番組です。

【番組名】 「BPラジオ:吹奏楽の世界へようこそ」

【放送日時】 毎週日曜20:00〜21:00

【出演者】 富樫鉄火

放送スケジュールはこちら

 

 約2年間放送してきたFMはなびとCNA秋田ケーブルテレビのコラボレーション番組「NAKAICHI Upcomer Array」の精神を引き継ぎ、秋田を中心に全国各地で活躍しているアップカマー・アーティスト(まだ知られていないが上を目指しこれから登っていこうとしているアーティスト)を応援する新人発掘音楽プログラムがスタートします。
テレビとラジオで同時放送、さらにそれをネット配信し全国の若者達が集う「解放区」となります。

出演は根田朋子に加えて、大阪から秋田に活動の拠点を移した音楽ユニットDEKILUCOのボーカルAyakoが、音楽経験の中から全国で頑張る若手アーティストを発掘し応援していきます。
また番組主催の音楽イベントも企画展開、アーティスト達の活躍の場を生み出します、ご期待ください!

【番組名】 「NESIAD FREEDOM」

【放送日時】

① FMはなび 毎週土曜22:20〜22:50「NESIAD!!」(1時間番組の中の30分コーナーとして放送)、毎週日曜13:30〜14:00

② 秋田CATV 毎週月曜15:00〜15:30、金曜10:00〜10:30 ※30分のテレビ番組として放送(秋田県秋田市、潟上市の一部地域、 南秋田郡五城目町の一部地域、山本郡三種町の一部地域)

③ Youtube公式 毎週火曜日配信 ※部分編集で配信

【出演者】根田朋子(FMはなび)Ayako(DEKILUCO)
 

新世代青年経済人トーキングセッションと銘打って放送してきた、大曲商工会議所青年部「YEG」による地域情報バラエティ番組「YEGガレージへようこそ!」が春からリニューアル!
大曲YEGの熊谷公会長自らがパーソナリティートークを繰り広げる「会長らじお」というタイトルでお届けします。
名前の通り大曲YEG会長の熊谷公が、思ったこと出会った人の話題をトーク。
アシスタントは地元歌手のさいとういくみがFMはなび初レギュラー。
話題はアイドルや芸能にも飛びながらもYEGというものを知らなかった人たちに、より身近にYEGを感じてもらうひとときです。

【番組名】 「YEGガレージへようこそ!@会長らじお」

【放送日時】 金曜日18:30〜19:00 ※再放送土曜日20:30〜21:00

【出演者】   熊谷公、さいとういくみ(アシスタント)

 

お楽しみ頂いておりますFMはなび放送番組「んだんだ30分」と「AKITA POWER Z」の放送時間が4月より以下の通りに変更となります。
今後とも何卒よろしくお願い致します。

「んだんだ30分」

(変更前)毎月第1〜第3(5週月は第4)日曜日15:00〜15:30 
(変更後)毎月第1〜第3(5週月は第4)日曜日13:00〜13:30 
※再放送の火曜19:30〜20:00は変更ありません

「焼肉大同門presents AKITA POWER Z」

(変更前)毎月最終日曜日15:00〜15:30 
(変更後)毎月最終日曜日13:00〜13:30 
※再放送の火曜19:30〜20:00は変更ありません

今年の3月11日はFMはなび主催で「東日本大震災追悼セレモニー」を大曲ヒカリオ広場で開催しました。
昨年が10年という節目でもあり、今年からは全国的に式典などは縮小の傾向にあるのですが、防災を目的として作られたFMはなびとしては、この3.11という日はずっと語り続けていなくてはいけないと考えたからです。

会場となる大曲ヒカリオ広場にはお馴染み夢灯りプロジェクトによる「夢灯り灯籠」が飾られました。
そしてそれに加えて今年は大曲農都協議会提供の「三十三観音灯篭」も並びました。
これは、3.11の鎮魂に加えて現在新たに世界を苦しめる疫病(コロナ)と戦争終結への願いを込めて設置したものです。

 

昼過ぎから会場には灯籠が飾られ、報道陣が集まりました。
午後2時半過ぎ、近隣施設の職員の皆さん、そして大仙市老松博行市長と大曲商工会議所佐々木繁治会頭が来場され、
3月11日の午後2時46分に合わせて、黙祷と追悼の花火雷5発が打ち上げられました。
 

特別番組は「語り続けよう 〜だいせんの311〜」と題して、FMはなび番組パーソナリティーそれぞれの3.11への思いを語ってもらいました。
ゲストには夢灯りプロジェクト代表の高橋かおるさん、夢灯り灯篭で使う蝋燭を提供してくださったNPO法人大曲ふれあい会の深谷久和理事長にお越しただきました。
また黙祷を終えた老松市長も生放送のスタジオで、防災の役目を担うFMはなびの必要性を訴えてくださいました。

 

 

夜になり灯された夢灯り灯篭と三十三観音灯篭の光が、道ゆく人の足をとめました。
いつまで経っても忘れてはいけない3.11の悲しみと教訓、未来へ踏み出す私たちの標柱となり続けるでしょう。

  


 

FMはなびでは、3/7と3/8に行われました令和4年1回大仙市議会定例会 一般質問の録音によるラジオ放送を行います。
市議会および市長の声をお届けしますので、傍聴のため議場に訪れることができなかった方もぜひお聞きください。

<放送日時>
〇3月12日(土)午前7時~午前9時30分(2時間30分)
  内容:3/7定例会2日目・3/8定例会3日目
〇3月13日(日)午前7時~午前9時(2時間)
  内容:3/8定例会3日目

〇3月14日(月)午後7時00分~午後9時30分(3/12放送分・再放送)
〇3月15日(火)午後8時00分~午後10時(3/13放送分・再放送)

昨年で節目の10年が過ぎ、今年は11年という新たな年を刻み始めた3.11。
防災を最大の使命にしているコミュニティFM局として、この日の事はいつまでも語り継いでいくべきと考え、今年も特別番組を放送します。
FMはなびのパーソナリティー達が2011年3月11日に何を見て、何を考えたか。そして11年経った現在の思いを綴る構成です。
また、FMはなびスタジオ前にあるヒカリオ広場での追悼セレモニーの模様も生中継。
発生時刻午後2時46分の黙祷と共に放送します。

【番組名】 FMはなび東日本大震災発生11年特別番組「語り続けよう 〜だいせんの311〜」

【放送日時】 3月11日(金)13:00〜15:00  

【形式】 録音したコメント音源と中継で構成する2時間生放送 

【出演】 番組進行 藤田浩士(FMはなび)
     セレモニー進行 根田朋子(FMはなび) ほか
     

【コメント出演】 
高橋京子、佐々木ゆう子、長谷川真弓、伊藤美果、草薙幸隆、マキア、DJいっせい ほか

東日本大震災から11年目となる2022年3月11日に、震災の犠牲と教訓を見つめ直し、希望の光を灯すことを目的に、大曲駅前ヒカリオ広場にて追悼のセレモニーを発生時刻14時46分に合わせて開催。FMはなび特別生放送でこの模様を放送します。

【開催日】 2022年3月11日(金)

【開催地】 大仙市 大曲ヒカリオ広場(秋田県大仙市大曲通町1)

【主催】  FMはなび

【協力】  夢灯りプロジェクト、NPO法人大曲ふれあい会、大曲農都協議会

【主旨】  東日本大震災発生11年を迎えるにあたり
      ・あの日を忘れない
      ・あの日の大仙市を見つめ直す
      ・(コロナや戦争など)不安と恐怖が広がる世界に希望の火を灯す

【内容】  ① コミュニティFM局「FMはなび」で特別番組を放送
      ② 大曲ヒカリオ広場に「夢あかり灯篭」「三十三観音灯籠」設置
      ③ 発生時刻14時46分に黙祷 同時に花火雷打ち上げ

【セレモニー時間】

      14:35 追悼セレモニー(ヒカリオ広場)
            大仙市長あいさつ

      14:46 黙祷(1分) 花火雷打ち上げ

      17:00 「夢灯り」点灯(ヒカリオ広場) 

      20:00 撤収予定

【番組名】 FMはなび特別番組「友情の花火・土浦の花火」

【放送形式】 60分録音番組
      
「大曲の花火」の視点から、全国の花火大会を描いていくドキュメンタリー番組を放送します。
日本三大花火として「大曲の花火」と共に名を連ねる「土浦の花火」。
2月11日、土浦市で開催される「土浦全国花火競技大会代替企画花火」において、大曲の花火が「夢の共演」と題して打ち上げられることになりました。
これを記念して、日本で内閣総理大臣賞を擁するこの2つ大会の関係を、関係者の証言をもとに紹介していきます。

【出演者】敬称略 
安藤真理子(土浦市長)
沼尻健(土浦市産業経済部商工観光課花火対策室室長)
久米川和行 (株式会社和火屋社長)
河野晴行(日本煙火協会専務理事 ) ほか

【協力】
土浦市
公益社団法人日本煙火協会
わらび座

【放送日時】2月11日(金祝)7:00〜8:00
               12:00〜13:00
               17:00〜18:00  ※1日3回放送

【大仙市×秋田大学×FMはなび制作「ノメバミヤコ」動画はこちら】


秋田県大仙市は、まさに酒蔵の宝庫 素晴らしい日本酒がたくさん造られています!
大仙市のお酒を飲んで、大仙市を都と思うような気持ちになってほしい そんな思いで、
マーケティングや地域活性化について学ぶ秋田大学益満ゼミの学生たちが、
大仙市にある5つの酒蔵をそれぞれ1つずつご紹介しています♪
是非下記のアドレスから動画を覗いてみてください!!

第1話 有限会社奥田酒造店編 https://www.youtube.com/watch?v=BWiAU…

第2話 刈穂酒造株式会社編 https://www.youtube.com/watch?v=lvuvA…

第3話 金紋秋田酒造株式会社編
https://www.youtube.com/watch?v=ykbe6…

第4話 合名会社鈴木酒造店編 https://www.youtube.com/watch?v=EJ867…

第5話 出羽鶴酒造株式会社編 https://www.youtube.com/watch?v=c0UPZAikdDY

2月から新番組がスタートします!
「明日につながる」ポジティブなメッセージを発信するバラエティートークプログラム、
心理学やコミュニケーションの学びを楽しく学ぶ「TOMOrrow people」
FMはなびの隣にできた(!?)喫茶店「トモロー」からお送りする面白不思議な15分。
大仙市大曲出身でモデル、タレントとして活躍してきたTOMOが大活躍です、乞うご期待♪

【番組名】 TOMOrrow people トモローピープル

【放送時間】 毎月第1第3日曜日 15:35〜15:50
       毎月第1第3月曜日 18:30〜18:45(再放送)

【出演者】 のぶえい、しゅんたろう、TOMO

【主な話題‥】 
第1回 テーマ 恵方巻きってなに?どうしてまたこんなに流行る? 〜集団儀式の心理学〜
2月6日(日)15:35〜15:50
※再放送2月7日(月)18:30〜18:45

第2回 テーマ 行事大好き日本人、バレンタインデーってなぜあるの? 〜女子プレゼントの心理〜
2月20日(日)15:35〜15:50
※再放送2月21日(月)18:30〜18:45

第3回 テーマ 卒業式で泣かないと、冷たい人と思われる?思う? 〜別れの涙の深層〜
3月6日(日)15:35〜15:50
※再放送3月7日(月)18:30〜18:45

第4回 テーマ 男女に友情はあるなし?決定打は!? 
3月20日(日)15:35〜15:50
※再放送3月21日(月)18:30〜18:45

番組提供:鈴木商事株式会社、有限会社サイテック

FMはなびyoutubeチャンネルにて公開中!
 
新春特別企画
 
「2022年 輝け!大仙の子供たち」
 
2021年に活躍した大仙市のスポ少、部活の学生たちの元気な姿をお届けします。
キラキラ輝く大仙市の子供達をみんなで応援しましょう。
 
現在ご紹介しているのは、
①花館ドッカーンズ 
https://www.youtube.com/watch?v=g5PuCrmYOHU
②大曲中学校吹奏楽部
https://www.youtube.com/watch?v=wug1gLLQscY
③大曲高校陸上競技部駅伝チーム
https://www.youtube.com/watch?v=3HK4lUXZ74c&t=30s
④大曲ウィングスJr.
https://www.youtube.com/watch?v=ryT3DVyZ_pw
 
 
 
提供
興栄建設株式会社
平熊商店
株式会社タカヤナギ
株式会社斉藤光学製作所
鈴木商事株式会社
株式会社オールホンダ大曲
大曲諏訪神社

一部を表示

 
 
 

大仙市新年の風物「声の年賀状」を今年もお正月三が日に放送します。
大仙市長をはじめ地元歌手などバラエティー豊かな新年の挨拶と共に、今年は「輝けだいせ
んの子供達」と題して、21年に活躍した大仙市のスポ少、部活の学生たちの元気な声もお
届けします。キラキラ輝く大仙市の子供達をみんなで応援しましょう。

【番組名】
「あけましておめでとうございますFMはなびです〜輝けだいせんの子供達〜」

大曲高校駅伝チーム
大曲中学校吹奏楽部
大曲ウィングスjr
花館ドッカーンズ

【声の年賀状】
老松博行 大仙市長
田口知明 仙北市長
松田知己 美郷町長
後藤健 大仙市議会議長
小西弘紀 仙北地域振興局長
佐々木繁治 大曲商工会議所会頭
平瀬孝志 大仙市商工会長
檜森吉裕 美郷商工会会長
小松忠信 大曲の花火協同組合代表理事
齋藤靖 FMはなび野球解説員
齊藤大樹 斉藤光学製作所代表取締役

御法川信英 衆議院議員 国土交通省副大臣
渡部英治 県議会議員
加藤麻里 県議会議員
小松隆明 県議会議員
小山緑郎 県議会議員
佐藤寛 秋田県信用保証協会大曲支所長
山下勝 大曲郵便局長

みやこハーバーラジオ(宮古市コミュニティFM局)
「JA秋田おばこは地域の元気を応援します」
「D PRESS NIGHT2」
「大仙コロンブス」

鈴木裕樹(わらび座)
菅原圭位(OGA NAMAHAGE ROCK FESTIVAL実行委員長)
かさはらもとじ
山上衛
高八卦ちえこ
栗林聡子
近野淳一(鴉)
結香
毛利大介
N.U.
Yummi

【放送日時】
1月1日(土)2:00~5:00、7:00~8:00、12:00~13:00、17:00~18:00
1月2日(日)7:00~8:00、12:00~13:00、17:00~18:00
1月3日(月)7:00~8:00、12:00~13:00、17:00~18:00

毎年恒例となってきましたFMはなびの年末年始の特別番組は今回もボリュームたっぷり、バラエティー、地域情報、スポーツ、歴史ドキュメントと、まさにラジオのおせち料理のように様々な話題を楽しくお届けします。秋田県大仙市のお正月は22年もラジオとお過ごしください!

【2021年12月31日(金)〜2022年1月1日(土)】
「おおまがりスーパーアリーナ大晦日SP 大曲年代会梵天大集合」
    <時間>22:00~24:00
    <出演>デニーロ・オオトモ、TOMO、AYA、藤田浩士
        ゲスト:かさはらもとじ、大曲年代会の皆様
    日曜14時からの人気番組「おおまがりスーパーアリーナ」が遂に特番進出、お馴染み賑やかなレ
    ギュラー陣に、カウントダウンイベントで梵天唄を唄う大曲年代会が集結、大曲ソウルびんびん
    の2時間生放送!
     

「YEGガレージへようこそ新春SP生放送 あけましてYEG」
   <時間>24:00~26:00
   <出演>大曲商工会議所青年部
   午前0時を回ってヒカリオ広場で梵天唄が響いたら、その後は大曲商工会議所青年部YEGの出番!
   何が飛び出すかわからない深夜の大冒険生放送。
   全国各地のどこよりも早いあけおめメッセージを集めますよ!
   

「新年あけましておめでとうございますFMはなびです〜輝けだいせんの子供達〜」
   大仙市新年の風物「声の年賀状」を今年もお正月三が日に放送。
   大仙市長をはじめ地元歌手などバラエティー豊かな新年の挨拶と共に、今年は「輝けだいせんの子
   供達」と題して、21年に活躍した大仙市のスポ少、部活の学生たちの元気な声もお届けします。
   キラキラ輝く大仙市の子供達をみんなで応援しましょう。
   <日時>1月1日(土)2:00~5:00、7:00~8:00、12:00~13:00、17:00~18:00
       1月2日(日)7:00~8:00、12:00~13:00、17:00~18:00
       1月3日(月)7:00~8:00、12:00~13:00、17:00~18:00
    

【2022年1月4日(火)】
新春特番①「新春民謡歌い始め〜どどんとおらほの新年会〜」(民謡)
   <時間>7:00~8:00、12:00~13:00、17:00~18:00 ※1日3回放送
   <出演>高八卦ちえこ、山上衛、深瀬康子 ほか
   民謡王国大仙市で活躍する民謡歌手3人をスタジオに迎え、唄で過ごす新年会。
   どこよりも元気なお正月を民謡と共に過ごしましょう。
       
   

【2022年1月5日(水)】
新春特番②「ブラウブリッツ秋田何でも語ろう新年サポーター座談会」(サッカー)
   <時間>7:00~8:00、12:00~13:00、17:00~18:00 ※1日3回放送
   <出演>キムタクさん(サポ歴15年)、石井さん(サポ歴3年)、今野さん(サポ歴10年)
       藤田浩士(FMはなび)
   21年激闘のJ2リーグを闘い抜いたブラウブリッツ秋田を、サポーターたちが集まり大いに語り合
   う60分!ひたむきに走った秋田、ありがとう秋田!
   

【2022年1月6日(木)】
新春特番③「いとうみか大研究〜ミカラプソディ〜」(音楽) 
   <時間>7:00~8:00、12:00~13:00、17:00~18:00 ※1日3回放送
   <出演>伊藤美果、栗林聡子、根田朋子、福原尚虎
   お昼の生ワイド「花咲レディオ」でお馴染みの伊藤美果さんを大研究。
   ラジオパーソナリティーで、合唱指導者で、元教師、そしてモデルでタレント、
   一体そのエネルギーは何処から?FMはなびがお送りする大仙市人物列伝をお楽しみください。
    
  
【2022年1月7日(金)】
新春特番④「榊田清兵衛特集」(郷土)
   <時間>7:00~8:00、12:00~13:00、17:00~18:00 ※1日3回放送
   <出演>佐藤雅俊(大曲史談会会長)、戸嶋真紀子(大曲史談会)
       コメント出演:御法川信英(衆議院議員)、有明秀太郎(大曲史談会)
       佐藤力(秋田民報社代表取締役)、足立勝男(地下鉄博物館副館長)
   大仙市大曲出身の代議士、榊田清兵衛氏の地域と日本にもたらした功績を紹介します。
    

【イベント名】 ニューイヤー花火2022

【日時】 2021年12月31日(金)23:00~24:15

【会場】 大曲ヒカリオ広場

毎年恒例の大晦日深夜から新年にかけての足掛け2年カウントダウンイベント。
今までは音楽ステージと花火が上がる午前0時のステージを、今回は大曲年代会の有志がミニ梵天と共に勢揃い、新年を刻んだと同時に法螺貝から梵天唄の大合唱。花火に包まれながらの勇壮な梵天唄で22年大仙市の疫病退散、コロナを吹き飛ばすステージを実現します。

【内容】
     ・新年カウントダウンとニューイヤー花火打ち上げ
     ・FMはなび公開生放送
     ・紅白餅配布(手渡し)
     ・地元学校マーチング映像放映予定
     ・ホッカイロ配布

【出演者】 ・大曲五十四会、五十五年会を中心とした各年代会有志
      ・かさはらもとじ(歌手)
      ・司会進行:デニーロ・オオトモ、藤田浩士ほか

【タイムテーブル】 

22:00 FMはなび生放送開始
23:00 イベントスタート 司会挨拶など
      ※例年通り地元学校吹奏楽などの映像放映

23:40 かさはらもとじライヴ
23:55 大曲年代会 勢揃い
23:59 30秒前から司会がカウントダウン
24:00 花火打ち上げと共に大曲年代会による梵天唄(予定8曲)
24:15 ステージ終了

FMはなびでは、12/7と12/8に行われました令和3年4回大仙市議会定例会 一般質問の録音によるラジオ放送を行います。
市議会および市長の声をお届けしますので、傍聴のため議場に訪れることができなかった方もぜひお聞きください。

<放送日時> 
〇12月13日(月)午後7時~午後9時30分(2時間30分)
  12/7定例会2日目
〇12月14日(火)午後8時~午後10時30分(2時間30分)
  12/8定例会3日目
〇12月18日(土)午前7時00分~午前9時30分(12/13放送分・再放送)
〇12月19日(日)午前7時00分~午前9時30分(12/14放送分・再放送)

コロナでライヴ・イベントの中止延期が相次ぐ中、特に学生バンド、10代20代の若者がステージに立って表現する機会が失われています。
何よりもライヴをやってこそ成長できるこの世界、しかも10代20代のステージ経験の大切さは計り知れないものがあります。
このたび地元放送局とライヴハウスが組んで、この秋田の学生バンド(ソロ)を盛り上げ応援するためにコンテストイベントを計画しました。
秋田のライヴとエンターテイメントの未来を切り開くこの大会に、チャレンジ&応援を是非よろしくお願いします!

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

ROAD TO DAIONKYO 2022

<秋田大会> 
2022年2月11日(土)ラウドアフェクション(秋田県秋田市南通亀の町3-44 川原田ビル2F)
13:30開場14:00開演
入場料¥1000/1ドリンク¥500 ※高校生以下入場料無料

<大曲大会> 
2022年2月12日(土)アンレーヴ(秋田県大仙市大曲中通町3-16)
13:30開場14:00開演
入場料¥1000/1ドリンク¥500 ※高校生以下入場料無料

<内容>
学生バンド・ソローティスト5組がステージで演奏披露。
① ネット投票
② 会場投票
③ 特別審査員投票により集計

最多得票者(組)は、来年3月6日(日)に大仙市大曲市民会館大ホールで開催される「Music Festival in DAISEN 大音郷2022」に出場できる権利を獲得する。

<エントリー資格>
事務所に所属していないアマチュアミュージシャンで学生(小・中・高・大・専門)であること。
バンドの場合、メンバーに学生(小・中・高・大・専門)が一人以上いること。
住所は特に限定しないが、3月5日と6日に大仙市大曲市民会館大ホールに来ることができる人(組)。

<ルール>
ジャンル、演奏形態不問
演奏曲は全てオリジナルで著作権管理団体等に未登録であること
演奏時間は12分、曲数は自由

<申し込み方法>
① バンド名(アーティスト名)
② 本名、住所、メールアドレス、電話番号
③ ジャンル
④ 演奏形態(使用楽器など)
⑤ 演奏予定曲歌詞
⑥ 演奏予定曲音源 
⑦ アーティスト画像

<申込先>
FMはなび 秋田県大仙市大曲通町1-14
tel 0187-88-8246 fax 0187-88-8249
873@fmhanabi.com

※募集締め切り 12月16日(木)24時  

<問い合わせ>
FMはなび 0187−88−8246
873@fmhanabi.com

TOPページにもあるように、秋田県、秋田大学、そしてFM花火が組んで発信する大仙市のお酒情報動画「ノメバミヤコ」が配信開始しました!拡散ご協力をお願い致しますー。

《花火と並ぶ大仙市のお酒をPR》
シティプロモーションを学んでいる秋田大教育文化学部の益満ゼミでは、酒蔵の多い大仙市の日本酒を全国に発信するプロジェクトを実施。学生たちが酒米を植えるところから始めるなど、大仙市に通いながら大仙市のお酒の魅力を実体験を通し探求、取材をしてきました。

《女子大学生目線の番組配信》
今回、FMはなびと共同作業で、この大仙市のお酒を世に広めるための動画を制作、ネット配信が開始されました。ポイントとしては、ゼミ生全員が女性であることから女子大学生の視点でお酒の魅力をレポート、彼女たちの言葉とセンスで番組が制作されたところ。
例えばお酒のことを「一番星くん」と呼ぶなど、従来の日本酒のイメージを良い意味で覆します。

《テーマソングはriroxが担当》
そしてもう一つは、ネットシンガーとして注目を集めているアーティストrirox(リロックス)がテーマソングを担当、同世代の彼女たちの思いを汲んで作ったオリジナル曲「宵の星々」をプレゼントしてくれました。
学生の提案でコーラスに地元民謡を入れるなど、大仙市のお酒と秋田への想いが込められた作品に仕上がり、早くも来春どこかでコンサートを実現したいという声もあがってます。

【企画名】 秋田大学益満ゼミpresents「ノメバミヤコ」

【放送形式】 動画番組 10分前後 / 全6番組配信
      
【配信スケジュール】 ※制作状況によって変更の可能性があります

第1回 千代緑レポート 2021年11月8日配信開始
担当:泉好香菜

第2回 刈穂レポート 2021年11月19日配信開始予定
担当:伊藤千穂

第3回 金紋レポート 2021年12月3日配信開始予定
担当:佐々木珠莉

第4回 秀よしレポート 2021年12月17日配信開始予定
担当:夏井聖来

第5回 出羽鶴レポート 2021年12月17日配信開始予定
担当:進藤佳音

第6回 特別編  2022年1月 配信開始予定

【ラジオ放送も】

学生たちがFMはなびの生ワイド番組「パワーフライデーPART2」(毎週金曜11:30〜13:00パーソナリティー:マキア)に出演、酒蔵取材の音声を流し取材の様子を話したり、配信動画の宣伝をしてYoutube動画アクセスに繋げます!

第1回目 2021年10月22日(金)12:28〜12:43
         益満ゼミ出演者:益満環、泉好香菜、伊藤千穂、佐々木珠莉

第2回目 2021年11月19日(金)12:28〜12:43
         益満ゼミ出演者:夏井聖来、進藤佳音

第3回目 2021年12月17日(金)12:28〜12:43

第4回目 2022年1月21日(金)12:28〜12:43

  

令和4年度の「大曲の花火」開催日程が発表されました。
「新作花火コレクション」と「春の章」2DAYSとなります! 

4月29日(金) 新作花火コレクション2022

4月30日(土) 春の章-世界の花火・日本の花火-

8月27日(土) 第94回全国花火競技大会

10月1日(土) 秋の章-劇場型花火-

大会内容やチケットの販売時期など詳細はまだ検討中とのことです。
決まり次第発表します。

FMはなびのガラス張りのスタジオは、大曲駅前のヒカリオ広場にあります。
最近は学生さんが集うようになって賑やかになってきたヒカリオ広場。
特に土日は道路向こう側のクレープ屋さんでクレープを買って、広場で食べるというのが学生&若者達の定番になりつつあって微笑ましいのです。

そんなスタジオの前には花壇があるのですが、ちょっと荒れ気味で殺風景でした。
それを気にして、駅前通り商店街有志の方々が花の植え直しを申し出てくださり、その作業のために会議所青年部の方々が重機を出してくださいました。
そして番組出演者DJいっせいさんの経営している「花ハウスグレボ」さんから花の苗を提供いただきました。

今日はその苗をスタッフ皆んなで植えたところです。
咲くのは来年の夏とのこと、今から楽しみ。
街の人達に気にかけてもらい、助けてもらえて、FMはなびは本当に幸せな放送局です。
若者の笑顔が溢れるヒカリオ広場を、来年は花いっぱいに飾りましょう。

10月30日(土)14:00から生放送、防災特番「一般社団法人大曲青年会議所提供 防災のことをみんなで学ぼう!」では、番組にメールを下さるか、アンケートに答えてくださった方にラジオ工作キットをプレゼントしています。
番組あてのメールはこちら
防災のために普段心がけていること、家族で話し合ってることなど教えてください。

アンケートはこちらまで
もしくは、こちらのQRコードで↓

地域の防災について、実際に最前線で取り組んでいる方や、大曲青年会議所JCのメンバーがスタジオに集まり、この街の防災について生放送で大いに語り合います。
前半は「防災ディスカッション」、湯沢河川国道事務所や大曲仙北電気工事協同組合から関係者をスタジオに招き、大雨災害を中心にそれぞれの取り組みを紹介。後半はそれに基づいてメールや電話で質疑応答の時間もあります。
また、ラジオ工作キットがプレゼントされます、ぜひ申し込んでください!

【放送日時】 10月30日(土)14:00〜15:00

【出演】 
湯沢河川国道事務所調査第一課 課長 佐藤隆夫
大曲仙北電気工事協同組合青年部 会長 高橋翔太
大曲青年会議所 理事長 佐藤信暁
大曲青年会議所まちづくり委員会 委員長進藤裕太
DJいっせい
藤田浩士

★一般社団法人大曲青年会議所について

約69年の歴史をもつ日本の青年会議所(JC)は、「明るい豊かな社会の実現」を共通の 理想とし、人種、国籍、性別、職業、宗教の別なく次代の担い手たる責任感をもった団体です。 現在691余の地域に約3万3千名の会員を擁しております。
その中で、一般社団法人大曲青年会議所(大曲JC)は49年の歴史を有し、現在は大仙市、 仙北市、美郷町に住所又は勤務先がある20歳から40歳までの青年が、約30名の会員数で 運動を展開しております。大曲JCは、大仙郷の魅力を発信するまちづくり事業、自立心を育 む青少年育成事業、会員の成長を促す研修事業、地域事業への貢献などの活動を展開している 団体です。


今年は中止となってしまった「大曲の花火-秋の章-」の過去の名場面を振り返る特別番組。
同様に中止となった「残月花火選手権大会」を取り上げ、第3の花火「残月花火」を特集。
秋の夜長に花火談義を深め、この日打ち上げられる「四ツ屋まつり花火」も生中継放送します。

【番組名】 FMはなび特別番組「HANABIMANIA秋の章」

【放送日時】 2021年10月10日(日)17:00〜20:00

【番組内容】 

17時台「残月花火を追え!」出演:小松忠信(小松煙火工業)久米川和行(和火屋) ほか
残月花火の由来や、思い出を関係者インタビュー構成で特集。毎年11月に開催さ
れていた「残月花火選手権大会」も紹介

18時台「大曲の花火秋の章名場面」出演:小西亨一郎、美郷ジャズ、HEAVENESE ほか
エンターテイメント花火としてライヴなどを盛り込んできた秋の章の名場面集。
美郷ジャズやHEAVENESEライヴを紹介

19時台「四ツ屋まつり×ひかり学年夢花火」出演:齋藤健太郎(響屋大曲煙火)根田朋子 ほか
小学生のメッセージをのせた「夢花火」打ち上げ現場から生中継

FMはなびで番組パーソナリティーとしてお馴染み、大仙市在住の歌手、かさはらもとじの新曲が発表されました。

タイトルは「ふれあいのまち」。こちらは地元の大仙市仙北地域の地域ソングとして、彼の初めての作詞作曲の作品です。
歌詞の中に仙北地域の地名やフレーズが散りばめられた地元愛に満ちた1曲、これから末長く学校など地域の人たちに親しまれていくでしょう。

FMはなびでは勿論レコメンドとして毎日紹介して行きますよ。
この曲は販売の予定はありませんが、市内の図書館などで貸し出しできるように準備中です、詳細決まり次第お伝えしますので乞うご期待!

平素よりFMはなびの番組をお聴きいただきまして誠にありがとうございます。
FMはなびでは2021年10月より一部番組の放送時間の変更がございます。

「気ままにハッピーday!」
変更前:金曜日22:00~22:30/再放送土曜日20:00〜20:30
変更後:土曜日20:00〜20:30/再放送木曜日21:30〜22:00

「となりのムコ上手」
変更前:第1第3第5金曜日 / 22:30~23:00/再放送第1第3第5土曜日21:30〜22:00
変更後:土曜日21:30〜22:00

2年連続で中止となってしまった「神岡南外花火大会」、その歴史をインタビューで紐解くドキュメンタリー番組。
前身は「神宮寺八幡宮祭典奉納花火大会」として神事の花火大会だった今大会の関係者に話を聞き、奉納を目的とした花火、奉納花火について深く掘り下げ、単なる宗教行事ではない、地域日本文化の基盤となる存在である花火の存在に迫ります。

スタジオに神宮寺八幡宮佐々木宮廣宮司を招き、八幡神社の様々な行事や、奉納花火について話を聞き、関係者インタビューを交えながら構成します。

【番組名】 FMはなび特別番組「神岡南外花火大会の歴史 天に捧げる光・奉納花火を語る」

【放送形式】 90分録音番組

【放送日時】 9月23日(木祝)
①7:00〜8:30②12:00〜13:30③17:00〜18:30 

【出演】※出演順敬称略 

佐々木宮廣(神宮寺八幡神社宮司)
久米川正行(株式会社和火屋会長)
今野正義(株式会社北日本花火興業会長)
佐々木峰生(株式会社佐々木建材店社長)
柴田真希亜(大仙市観光物産協会)
桜田拓(FMはなびDJ 神岡出身)
高八卦ちえこ(民謡歌手 神岡在住)
山上衛(民謡歌手 飴売り節初代日本一)

藤田浩士(FMはなび)

 

FMはなびでは、9/7と9/8に行われました令和3年第3回大仙市議会定例会 一般質問の録音によるラジオ放送を行います。
市議会および市長の声をお届けしますので、傍聴のため議場に訪れることができなかった方もぜひお聞きください。

<放送日時> 
〇9月13日(月)午後7時~午後9時(2時間)
〇9月18日(土)午前7時~午前9時(9/13の再放送)

NHK秋田放送局と県内7局のコミュニティFMが加盟する秋田県コミュニティ放送連絡協議会は、防災の日(9月1日)を迎える今月、特別番組「いまラジオにできること~語り継ごう災害の記憶~」を放送します。

災害時、頼りになるのがラジオ。ラジオは停電が起きても聴くことができ、避難時には手軽に持ち出すことができます。
東日本大震災でも「被害の詳しい状況がわかった」「給水所の場所など生活情報 をラジオから得ていた」という声が聞かれました。

そこで、NHK秋田放送局と秋田県コミュニティ放送連絡協議会は、ラジオの役割について改めて知ってもらおうとの特別番組を放送することにしました。
番組では、県内で発生した大きな災害につ いて体験者から当時の様子を聞いて教訓を学びます。
そして、それぞれの局の防災への取り組みや、災 害が発生した場合にどのような放送を通じて被災者へ情報を届けるのかお伝えします。

番組はNHK秋田放送局と秋田県コミュニティ放送連絡協議会が制作し各局で放送します。

<番組名>
「いまラジオにできること~語り継ごう災害の記憶~」

<放送予定日時>
FMはなび 9月12日(日) 16:00〜

NHK秋田放送局[ラジオ第1] 9月9日(木) 17:05〜

鹿角きりたんぽFM 9月12日(日) 14:00〜
ラジオおおだて 9月11日(土) 15:00〜
ACB秋田コミュニティー放送 9月10日(金) 14:00〜
エフエム椿台 9月11日(土) 9:00〜
横手かまくらFM 9月11日(土) 13:00〜
エフエムゆーとぴあ 9月12日(日) 15:00〜

※放送予定は変更になる可能性があります。

<出演>
司会:松井 大(NHK秋田放送局)、根田朋子(FMはなび)
県内7局のコミュニティFMのパーソナリティ  ほか

10月2日(土)に開催を予定しておりました「大曲の花火―秋の章―」は、本日、「大曲の花火」大会委員会を開催し、新型コロナウイルスの急速な感染拡大により、ご来場される皆様や住民の皆様の健康と安全を確保することが困難なことから、開催を中止することを決定しました。

公式サイトはこちら

本来ならば「第94回全国花火競技大会〜大曲の花火〜」が開催される予定だった8月
28日に3時間特別番組、生放送をやります!

タイトルは「ハナビマニア」。もはや大曲人にしか出来ない放送をお届けします。

マニアすぎる花火クイズや花火大喜利、そして、地元民謡歌手山上衛が再録音で復活させた「大曲花火音頭」の初披露もあります。

また、「大曲の花火の思い出30連発」と題して大仙市民30人のインタビューコメントを連発。

花火が無くても熱はある!花火の街大曲の熱気を世界に発信しますよ〜!!

【番組名】 FMはなび特別番組「花火の無い夜は‥ HANABIMANIA2021」

【放送日時】 8月28日(土)17:00〜20:00 3時間生放送

【番組内容】
  第1部 OMAGARI HANABI talk
    ・大曲の花火の思い出30連発 大仙市民30人の録音コメント連発

  第2部 OMAGARI HANABI variety 今夜決定ハナビマニア2021は誰だ!?
    ・マニア過ぎる花火クイズ大会
    ・花火大喜利
    ・復活「大曲花火音頭」歌うのはこの男だ!!

  第3部OMAGARI HANABI groove
    ・HANABI groove 大曲DJによる花火をテーマしたDJショウ

【出演】 小西亨一郎(花火評論家)、隈元信義(響屋大曲煙火)、青木大典(響屋大曲煙火)
     山上衛(民謡歌手)、DJ AKI、DJ QBO、藤田浩士(FMはなび) 
     大仙市民パーソナリティー30人(録音コメント出演)      ほか