メニューを表示する

西仙北の熱い音楽の季節が、今年もやってきた!

昨年沢山の反響を呼んだ、秋田在住のメジャーロックバンド鴉(からす)による音楽イベントが、いよいよ今度の日曜日開催。

大仙市西仙北をこよなく愛する鴉が、昨年の豪雨災害をきっかけに、西仙北地域の為に何かしたいという単純な想いから実現したイベント。
地域の学校や有志ボランティアと共に創り上げた手作りコンサートを、今年はより街ぐるみで開催するイベントとしてグレードアップ。
その名も「西仙秋の音」として、市民参加型を掲げたネーミングで、地元西仙の方々の応援のもと実現に至ります。

西仙北と言えば勿論「大綱引き」。
でも、他にも見所や楽しい所が沢山あります。

音楽と共に西仙北の魅力を発信する、「西仙愛」に満ちたこのイベントを一人でも多くの「地元の方々」に観て欲しいです。
そして、県内が以外からも沢山のファンが集るこのインバウンド・イベントを、街を挙げて成功させたいと願うばかり。

そんなわけで、今週は私たちも「FMはなび」ならぬ「FMからす」な勢いでいきますよ!
日曜日は西仙でお会いしましょう!!!

西仙秋の音(にしせんあきのね)

【日時】 2018年11月11日(日)
11:30開場/12:00イベントスタート

【会場】 西仙北スポーツセンター
〒019-2112 秋田県大仙市刈和野小野17−1

【出演】 刈和野大綱太鼓
西仙中学校吹奏楽部
マッキー(大道芸)
鴉(ロックバンド) ほか

※入場無料






ありがとう500歳レポーター!秋のキャンペーン大成功

「FMはなびオータムキャンペーンどーんとドライブナビbyホンダカーズ大曲」は、無事2週間のスケジュールを終了。
全員の年齢を足すと500歳となる9名の「500歳レポーター」が、大仙市内外をHONDAの最新の車で駆け巡り、秋の行楽スポットを紹介しました。

何と言いましょうか人生の酸いも甘いも噛み分けた大人な方々の口から出る、その一言一言の重み、暖かみ!?これは若いアナウンサーなんかには出せませんね〜。

後半登場は、中仙のことならお任せ、草薙幸隆さんがイオン中仙店、そして夕方は話題の大曲シェアードオフィスcozyの1階にある、総菜もそろったカフェ「きりんの木」からレポート。
ラジオを聴いて駆けつけて下さった方ありがとうございます!

翌日水曜日は「500歳の青春」でお馴染みのヒット歌手!SATのナベさん。
仏沢公園まで足をのばして頂きました。夕方はHONDAカーズ大曲若竹店から安定のレポート。

そして、木曜は太田地域から。となると、当然太田地域のモーニング特派員、髙橋ひろゆきさん登場。
三本扇と中里温泉から貴重なレポート。

後半盛り上がりは、お馴染みJAあきたおばこ「しゅしゅえっとまるしぇ」と、HONDAカーズ大曲四ツ屋店から草薙幸隆さん。

そして最終日の「秋の稔りフェア」会場からは、お好み焼きを焼きながらレポートという離れ業を小林さんに御披露頂きました〜
最終日のはちゃめちゃさは、それはそれで楽しかったっすな。
会場の立体駐車場入り口に展示されたHONDA CR-Vが人目をさらってましたね〜

秋空に豊かに響いた500歳レポート。
HONDAのキャンペーンカーで気持ち良いドライブを楽しませて頂きました!!


                 






【特別企画】レッツ・ドリンクテーリング 大曲酔いどレポート

大曲の夜の街を飲み歩く第27回大仙市大曲ドリンクテーリングの現場から、酔いどれレポートをお送りする「攻めのFMはなび」ならではの特別企画。3人のレポーターが手分けしてドリンクテーリング参加店舗に突撃インタビュー。登場人物全員酔っぱらい、大曲の夜の熱いレポートにご期待下さい!

【番組名】レッツ・ドリンクテーリング 大曲酔いどレポート

【出演者】
DJいっせい「RAW POWER RADIO」(金22:30~23:00)パーソナリティー
DJ DAI 「RAW POWER RADIO」(金22:30~23:00) パーソナリティー
福原尚虎 FMはなび ほか?

【放送日時】
10月25日(木)20:10~「だいせんまるごと120」内で放送(10分コーナー)
11月1日(木)20:10~「だいせんまるごと120」内で放送(10分コーナー)
11月8日(木)20:10~「だいせんまるごと120」内で放送(10分コーナー)
11月15日(木)20:10~「だいせんまるごと120」内で放送(10分コーナー)






【特別番組】大仙市秋の稔りフェア生放送

ヒカリオ広場最大規模のイベント「大仙市秋の稔りフェア」の会場から生放送。 市内の農産物や地場産品が一堂に会し行われる一大イベントの、会場を徹底レポート。 出店者インタビューや、舞台発表の様子もライヴでお送りします。

【番組名】大仙市秋の稔りフェア生放送

【放送日時】2018年10月20日(土)11:00~14:00

【出演】 福原尚虎 シンジマン ほか

イベント詳細はこちら






【大曲の花火秋の章】エンターテイメント開国の瞬間!

快晴の雄物川で、大盛況のうちに幕を閉じた「大曲の花火秋の章」。
「花火劇場エバーグリーン」というサブタイトルの通り、永遠の青春を甦らせるダンスヒッツと共に花火が踊り、大曲が踊りました!

花火打ち上げ前には大会初の試み、本格的なライヴステージ。
FMはなびと最も縁の深い、HEAVENESE(ヘヴニーズ)の初秋田ライヴが実現、和楽器とバンド、そして忍者のスタッフが遂に雄物川ステージに登場、興奮するスタッフ、沸き上がる大歓声!

「大曲の花火こそ世界一、それを地元の人が一番実感しにくい、だから僕はそのことをお伝えに来ました」というリーダー、マレ(石井希尚)。
前日のレポートで急遽実現した、わらび座俳優三重野葵さんが鬼剣舞でコラボ出演。
エンターテイメントの中の大事な感動と覚醒を与えてくれたステージでした。

そして、幕が開けた「大曲の花火秋の章」
いきなり市長の挨拶でスペシャル花火があがり。
ここからはディスコ花火、創造花火劇場、007花火とエンターテイメントを極めておきながら、伝統割物もしっかり披露。
伝統と革新が入り混じった最高級の花火ショーがこの夜ありました。

実況生中継はいつもの花火三銃士!ほかにもFMはなびチームも総動員して繰り広げられた秋の夜の夢舞台。

最後に、今回の花火大会の場内放送には、番組でお馴染みのDJ yuusukeeが担当。
何と言っても地元のアーティストの曲が雄物川に響いたのは痛快!
そして、打ち上げられたディスコ花火の楽曲ミックスも、地元のDJ若林さんが担当。彼は90年代から大曲の街のディスコでまわしていた人物。
地元のDJによる最高のパフォーマンスと地元の花火師による最高の花火。
この意義は大きかったと思います。

関係各位、スタッフ様、花火師の皆様、そしてヘヴニーズの皆様、感動をありがとうございます。


            






【この秋、最強エンターテイメント宣言】HEAVENESE大曲上陸!

既報通り大曲花火秋の章に「あの」音楽一座HEAVENESE(ヘヴニーズ)が登場、花火大会会場でのライヴが決定しました。

「あの」と書いたのは、HEAVENESEとFMはなびは深い深い関係があるのです!
名前は知らなくても彼らの音楽を聴けば「あ!あの曲」とわかるはず。
開局からずっと使用されているステーションブレイク(放送局名をアナウンスするスポット)はHEAVENESEの曲だからです。

和楽器とバンドサウンドを融合した、一連の邦楽もののルーツとも言えるHEAVENESE。
和太鼓と勇壮なかけ声、尺八、三味線とソウルフルなボーカルアレンジは、民謡王国で田園都市の大仙市にぴったりと、選曲されました。
しかも、当時「国際花火シンポジウム」開催に向かい、日本の花火から世界の花火へと飛躍しようとしている大曲の花火と、米国デビューから、中東、アフリカ、アジアと世界を舞台に活躍するHEAVENESEはイメージも合います。
以来3年間、大仙の街をこのHEAVENESEの音楽が流れない日はありませんでした。

また、国際花火シンポジウムの演目「グランドフィナーレCool Japan」で楽曲「the code of samurai/HEAVENESE」が使用され、昨年と今年の夏の全国花火競技大会エンディングでは「もののふの義/HEAVENESE」が流れ「あの歌は誰の曲なのか」問い合わせが相次ぐなど、大曲の花火においてもHEAVENESEの音楽は欠かせない存在となってきました。

その彼らが、ついに大曲にやってきます。
これはFMはなびにとっても開局以来の大舞台。

いえ、エンターテイメント花火を打ち出している大曲の花火秋の章にとっても、花火と音楽ライヴの本格的コラボはこれが初めて。
昨年は美郷ジャズの演奏があり好評でしたが、切っても切れない関係にある花火と音楽が、いよいよ本格競演というカタチになります。
つまり、大曲の花火の新しい歴史が始まるその第一歩となるのです。

是非ともこのステージは成功させたい。
そう願い、会場チケットをFMはなびでも取り扱い致します。
会場の前ブロック真ん中あたり、良い席のチケットを確保しました。

電話、メールでご予約頂き、直接FMはなびまでお越し頂けますでしょうか。
代金と引き換えでチケットをお渡し致します。
(遠距離の方は御相談ください)

<チケット 料金>:有料パイプイス席券:3,000円 ※小学生以上、入場料1,000円含む

大会名称:大曲の花火ー秋の章ー「花火劇場~エバーグリーン~」
開催日:2018年10月13日(土)
時間:HEAVENESE(ヘヴニーズ)のスペシャルLIVE:午後4時30分~5時10分
大曲の花火ー秋の章ー:午後6時~7時15分
場所:秋田県大仙市大曲雄物川河畔(「大曲の花火」公園内)

大曲の花火秋の章の詳しい事はこちら

話題の曲「もののふの義」

HEAVENESE公式サイト

 






【首都圏の大仙市出身のみなさま!】だいせん酒っ子倶楽部イベント開催

FMはなび日本酒パーソナリティーの菊池ヒロムさんが、何やら面白い企画を打ち上げましたよ!
都心で大いに大仙市を語り合いましょうー

【大仙都民おとなの会U50】

内容 大仙市出身者のための異業種交流会

会場 食べられるミュージアム「風土はfoodから」
〒101-0054 東京都千代田区神田錦町3丁目15番地
錦町ブンカイサン 1-2F
TEL. 080-9666-2141
http://bunkai-san.jp/fudofood/
最寄地下鉄 東京メトロ東西線 竹橋駅

日時 平成30年9月27日(木)19時~21時30分

参加資格
20歳以上50歳未満の現在仕事をしている大仙市出身者(=一度でも大仙市に住所があった方)
なお、50歳以上の大仙市出身者がひとりあたり1人以上の50歳未満の参加者(出身地問わず)を伴う場合は可とする。

料金
一人2000円 当日受付現金徴収(ただし、パーティフード代として)
飲物は会場で別途個別に買うものとする(日本各地の地酒・地ビールほか有り)。

特記 大仙市の酒蔵さんでお酒を協賛される蔵大歓迎

申し込み
主催者へのメールによる。
①氏名②年齢③所属企業・団体名④所属企業での電話番号あるいは個人電話番号(携帯電話可)

申し込み締め切り 平成30年9月21日(金)24時まで
主催/問い合わせ 大仙酒っこ倶楽部 菊地 拓(きくち・ひろむ)まで

mail: daisen.sake.kikuchi@gmail.com






2018夏、あけましておめでとう  FMはなび藤田浩士

金足農業高校が夏の甲子園で巻き起こした旋風を追い風に、秋田県そのものが注目された2018年8月。
その最終土曜日25日に開催された第92回全国花火競技大会。
花火ファンからは、「あけましておめでとうございます」と声を掛けられ、ああ、いよいよこの日が今年もやってきたなと実感します。

2つの台風接近で心配された天候も、当日はいたずらな雨も時折ありましたが、皆様の願いが届いたのか打上時刻には雨もすっかり止んで会場のコンディションもバッチリ整いました。

FMはなびでは大会前日から花火特別編成と花火時報をお届けしました。
交通情報、街の賑わいリポート、はなびうた特番やラジオドラマ。ほろ酔い対談や公開生放送、そして花火実況生中継に翌日の表彰式中継などなど・・・・・。

仕事をしていても、やはりこの日が花火の街の「お正月」なのかなとじんわり感じました。
今年は金足農業感動ありがとう花火も打ち上げられ、スクールカラーである紫の花火が夜空を彩りました。粋な企画に大曲の花火にも「ありがとう」ですね。

私は会場の大曲の花火公園から大曲の花火実況生中継を担当させていただきました。
内閣総理大臣賞を目指して打ち上がる花火はどれも珠玉の芸術作品なのですが、会場でしか味わうことのできない、独特な緊張感が打ち上げ現場と対岸にいる客席の我々にもひしひしと伝わるのがさらに感動を増幅させます。

KONYとシンジマンの、今打ち上がった花火はどんな色で、どんな形で、どんな変化をしたのかという解説の先に花火師の思いや完成までの大変さがどれ程のものかが中継担当4年目にしてほんの少しわかってきました。
新しい技術やアイデアを取り入れ工夫を凝らし、地道で手間暇のかかる作業を何度も何度も繰り返し、やっと完成したものはパッと開いてパッと散っていきます。
ただ花火は散るからこそ美しい・・・その美学が花火のロマンなのだと空を見上げて想います。

大いに沸き、感動した夏。
大曲の花火が終わると秋はもうすぐ。
まだまだこの街は花火シーズン。1年中花火シーズン。

「あけましておめでとう」に続く言葉は、
「今年もよろしくお願い致します」by秋曲&冬曲&春曲
といったところでしょうか(笑)

今年も感動とロマンをありがとう!
花火師の皆さん・大会関係者の皆さん・スタッフの皆さん・大曲の花火にいらした皆さん
ありがとう!
そしてゆっくり休んでけれっす。

   






【大曲の花火特別番組②】グランマートから公開生放送〜♪

知ってましたか?グランマート中通店は花火大会会場に一番近いスーパーマーケット。
お弁当は勿論、虫よけや紙皿紙コップ‥身の回りのお買い物はここが最後の場所なのです。
花火大会当日は駐車場にグルメ屋台が並び、この日だけの「花火通りスクエア広場」がオープン。ここでFMはなびは2時間の公開生放送やっちゃいます!!

地元で大活躍の歌手、鏡元もとじ君この日は伝家の宝刀「いざないの街メドレー」炸裂!
そして500歳野球の歌で話題のSATも登場、大曲の花火で欠かせないもう1曲「あの歌」歌っちゃいますよ!さあ真昼にペンライト振りましょう〜。
さらに初登場、秋田の路上シンガーnanaが素敵なステージをお送りします。

そのほか当日は大曲にアーティストが集結する「花火ウィーク」があるわけで、飛び入りステージもございます!大曲にいるアーティスト全員集合!?な勢いの「花火通りスクエア広場」にみんな集れ〜

【番組名】 〜花火に一番近い場所〜 こちら花火通りスクエア広場

【放送日時】2018年8月25日(土)13:00〜15:00
【出演者】福原尚虎(メインパーソナリティー)、 DJ yuusukee(DJ)
【ゲスト】nana(弾き語り)、鏡元もとじ(歌謡曲)、SAT(4人組フォークバンド)
ほか飛び入りゲスト多数予定

 






【特別番組】夏を買いに行こう★ヒカリオまるしぇ開催中!

【番組名】 夏を買いに行こう★ヒカリオまるしぇ開催中!

【放送時間】 2018年7月27日(日)16:00〜17:30

連日楽しいイベントが続く大曲の新名所ヒカリオ広場から、今週土曜に素敵な生放送があります。
JR大曲駅前周辺の賑わい創出と地元農産物のPRを目的とした産直イベント「ヒカリオまるしぇ」の会場の模様を生放送。出店ブースのレポートや、生産者の方々の生の声を放送します!
今度の土曜日はラジオを片手にヒカリオ広場にお集まり下さい!

【出演】 藤田浩士、草薙行隆 ほか