メニューを表示する

新作花火コレクション2022表彰式を生中継します

大仙市ゆかりのアーティストが勢揃い Music Festival in DAISEN 「大音郷(だいおんきょう)2022」開催!

「大仙市」は「音楽」の「郷(さと)」である、という気持ちでつけられたサブタイトル「大音郷(だいおんきょう)」として例年開催されている大仙市の歌謡祭、第4回目となる今回は秋田県在住のアーティストに絞り、テレビ音楽番組のようなスタイルで地元のアーティストに親しみを持ってもらうプログラムとなります。

 また、今回は新たな試みとして、学生アーティストのライヴコンテストを事前に開催し、秋田市と大仙市の2会場の代表となった学生バンドが登場します、若さあふれる彼らの演奏をライヴで是非ご覧ください。

【開催日時】 令和4年6月19日(日) 13:00開場/14:00開演

【会場】 大仙市立大曲市民会館大ホール (秋田県大仙市大曲日の出町2丁目6-50)

【出 演 者】 
かさはらもとじ、栗林聡子、midori、さいとういくみ
イチブンノヨン、月刊少年アイロニー
司会:根田朋子、かさはらもとじ、TOMO

【入場料】 無料

【お問合せ】 FMはなび 0187−88―8246

かさはらもとじ(仙北地域在住)歌謡曲ポップス
2015年に鏡元もとじの名前で「北国のリバーサイド」でメジャーデビュー、2019
年に現在のかさはらもとじに改名。2021年自身が住む大仙市仙北地域の地域ソングと
して「ふれあいのまち」を発表。故郷に暮し故郷を誰もよりも愛する歌手。
「Music Festival in DAISEN」は第1回目から全大会出演、今回は司会も務める。

栗林聡子(美郷町在住大曲高卒)キーボード弾き語り
2004年NHKのど自慢チャンピオン大会に出場、他数々のボーカルコンテストでタイトルを獲得。2020年には天皇陛下ご即位記念「第39回全国豊かな海づくり大会・あきた大会」式典行事のオープニング楽曲歌唱。「大曲の花火秋の章」でもアカペラで秋田県民歌を熱唱するなど県南の歌姫として活躍中。

midori(南外在住)ギター弾き語り
大仙市南外在住、5年前に故郷の戻り音楽活動を開始。
2019年にミニアルバム「Emotion」をリリース、同年開かれたライヴコンテスト「ダイセンドリーforアキタ DDA2019」で秋田魁新報社賞を受賞。
世界観がしっかりとした玄人好みのサウンドは、ミュージシャンの間でも評価が高い。
「Music Festival in DAISEN」は2度目の出場。

さいとういくみ(美郷町在住大曲在勤)ギター弾き語り
路上ライヴを通して多くの人に励まされたことから2018年シンガーソングライターとして本格的に活動開始。
2021年には待望のファーストアルバム「さいとういくみのうた」をリリース。
FMはなび「YEGガレージへようこそ@会長ラジオ」のアシスタントとしても活躍中。
「Music Festival in DAISEN」は今回が初出場。

イチブンノヨン(秋田市)4人組ロックバンド
「Music Festival in DAISEN」出場を賭けたライヴコンテスト「ROAD TO DAIONKYO」秋田大会(会場ラウドアフェクション)で勝ち抜き出場を決めた大学生4人組バンド。
青春の爽やかさ溢れるストレートなロックと、全力投球のライヴが魅力。

月刊少年アイロニー(秋田市)3人組ガールズバンド
「ROAD TO DAIONKYO」大曲大会(会場アンレーヴ)で勝ち抜き出場する、秋田在住の高校3年生3人組ガールズロックバンド。
結成2年とは思えない堂々としたライヴ運びと、パワフルなステージは見応え十分。

TOMO(タレント、モデル)
大仙市大曲出身、上京し就職会社勤めをしている時にスカウトをされモデル・タレントとして活動。コロナの影響で東京から秋田に活動の場を移すことを決意。
主な出演作品は、「さんま岡村祭りオトコってバカねぇスペシャル」(日テレ)「砂の塔〜知りすぎた隣人」「金スマ」(TBS)「スカッとジャパン」「奇跡体験!アンビリーバボー」(フジ)「ドクターX」(テレ朝)このほか映画、CMにも多数出演。
現在FMはなびレギュラー番組は「トモローピープル」「おおまがりスーパーアリーナ」






【花火大会実況生放送】歴史に残る2日間ラジオを持って会場へ♪

いよいよ開催される大曲の花火歴史的瞬間2夜連続の花火大会。
もちろんFMはなびは完全実況生中継をお送りします。
また、大会前後も生放送の情報をお届けします、特に30日には前夜の新作花火コレクション表彰式の模様と、日本煙火芸術協会青木理事へのインタビューを放送、花火の前後もラジオをチェック!

4月29日(金)

17:16 「直前!新作花火コレクション」出場花火師へのインタビューなど紹介

18:30 新作花火コレクション2022 完全実況生中継

21:00 「花火の後は、、、HANABI MANIA2022 」ヒカリオ広場から生中継 (22時まで放送)

4月30日(土)

17:00 「直前!大曲の花火春の章」
    前夜開催新作花火コレクション授賞式&日本煙火芸術協会青木理事インタビュー

18:30 大曲の花火春の章「世界の花火 日本の花火」
    日本煙火芸術協会60周年記念事業花火 完全実況生中継

21:00 「花火の後は、、、HANABI MANIA2022 」ヒカリオ広場から生中継 (22時まで放送)

 

 






2022.3.11東日本大震災追悼セレモニー

今年の3月11日はFMはなび主催で「東日本大震災追悼セレモニー」を大曲ヒカリオ広場で開催しました。
昨年が10年という節目でもあり、今年からは全国的に式典などは縮小の傾向にあるのですが、防災を目的として作られたFMはなびとしては、この3.11という日はずっと語り続けていなくてはいけないと考えたからです。

会場となる大曲ヒカリオ広場にはお馴染み夢灯りプロジェクトによる「夢灯り灯籠」が飾られました。
そしてそれに加えて今年は大曲農都協議会提供の「三十三観音灯篭」も並びました。
これは、3.11の鎮魂に加えて現在新たに世界を苦しめる疫病(コロナ)と戦争終結への願いを込めて設置したものです。

 

昼過ぎから会場には灯籠が飾られ、報道陣が集まりました。
午後2時半過ぎ、近隣施設の職員の皆さん、そして大仙市老松博行市長と大曲商工会議所佐々木繁治会頭が来場され、
3月11日の午後2時46分に合わせて、黙祷と追悼の花火雷5発が打ち上げられました。
 

特別番組は「語り続けよう 〜だいせんの311〜」と題して、FMはなび番組パーソナリティーそれぞれの3.11への思いを語ってもらいました。
ゲストには夢灯りプロジェクト代表の高橋かおるさん、夢灯り灯篭で使う蝋燭を提供してくださったNPO法人大曲ふれあい会の深谷久和理事長にお越しただきました。
また黙祷を終えた老松市長も生放送のスタジオで、防災の役目を担うFMはなびの必要性を訴えてくださいました。

 

 

夜になり灯された夢灯り灯篭と三十三観音灯篭の光が、道ゆく人の足をとめました。
いつまで経っても忘れてはいけない3.11の悲しみと教訓、未来へ踏み出す私たちの標柱となり続けるでしょう。

  


 






【特別番組】2.11(金)土浦の花火を特集します!!

【番組名】 FMはなび特別番組「友情の花火・土浦の花火」

【放送形式】 60分録音番組
      
「大曲の花火」の視点から、全国の花火大会を描いていくドキュメンタリー番組を放送します。
日本三大花火として「大曲の花火」と共に名を連ねる「土浦の花火」。
2月11日、土浦市で開催される「土浦全国花火競技大会代替企画花火」において、大曲の花火が「夢の共演」と題して打ち上げられることになりました。
これを記念して、日本で内閣総理大臣賞を擁するこの2つ大会の関係を、関係者の証言をもとに紹介していきます。

【出演者】敬称略 
安藤真理子(土浦市長)
沼尻健(土浦市産業経済部商工観光課花火対策室室長)
久米川和行 (株式会社和火屋社長)
河野晴行(日本煙火協会専務理事 ) ほか

【協力】
土浦市
公益社団法人日本煙火協会
わらび座

【放送日時】2月11日(金祝)7:00〜8:00
               12:00〜13:00
               17:00〜18:00  ※1日3回放送






【ニューイヤー花火2022開催】 花火と共に「大曲梵天唄」大熱唱で疫病撃退!

【イベント名】 ニューイヤー花火2022

【日時】 2021年12月31日(金)23:00~24:15

【会場】 大曲ヒカリオ広場

毎年恒例の大晦日深夜から新年にかけての足掛け2年カウントダウンイベント。
今までは音楽ステージと花火が上がる午前0時のステージを、今回は大曲年代会の有志がミニ梵天と共に勢揃い、新年を刻んだと同時に法螺貝から梵天唄の大合唱。花火に包まれながらの勇壮な梵天唄で22年大仙市の疫病退散、コロナを吹き飛ばすステージを実現します。

【内容】
     ・新年カウントダウンとニューイヤー花火打ち上げ
     ・FMはなび公開生放送
     ・紅白餅配布(手渡し)
     ・地元学校マーチング映像放映予定
     ・ホッカイロ配布

【出演者】 ・大曲五十四会、五十五年会を中心とした各年代会有志
      ・かさはらもとじ(歌手)
      ・司会進行:デニーロ・オオトモ、藤田浩士ほか

【タイムテーブル】 

22:00 FMはなび生放送開始
23:00 イベントスタート 司会挨拶など
      ※例年通り地元学校吹奏楽などの映像放映

23:40 かさはらもとじライヴ
23:55 大曲年代会 勢揃い
23:59 30秒前から司会がカウントダウン
24:00 花火打ち上げと共に大曲年代会による梵天唄(予定8曲)
24:15 ステージ終了






【大発表!!】学生対象ライヴコンテスト開催決定

コロナでライヴ・イベントの中止延期が相次ぐ中、特に学生バンド、10代20代の若者がステージに立って表現する機会が失われています。
何よりもライヴをやってこそ成長できるこの世界、しかも10代20代のステージ経験の大切さは計り知れないものがあります。
このたび地元放送局とライヴハウスが組んで、この秋田の学生バンド(ソロ)を盛り上げ応援するためにコンテストイベントを計画しました。
秋田のライヴとエンターテイメントの未来を切り開くこの大会に、チャレンジ&応援を是非よろしくお願いします!

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

ROAD TO DAIONKYO 2022

<秋田大会> 
2022年2月11日(土)ラウドアフェクション(秋田県秋田市南通亀の町3-44 川原田ビル2F)
13:30開場14:00開演
入場料¥1000/1ドリンク¥500 ※高校生以下入場料無料

<大曲大会> 
2022年2月12日(土)アンレーヴ(秋田県大仙市大曲中通町3-16)
13:30開場14:00開演
入場料¥1000/1ドリンク¥500 ※高校生以下入場料無料

<内容>
学生バンド・ソローティスト5組がステージで演奏披露。
① ネット投票
② 会場投票
③ 特別審査員投票により集計

最多得票者(組)は、来年3月6日(日)に大仙市大曲市民会館大ホールで開催される「Music Festival in DAISEN 大音郷2022」に出場できる権利を獲得する。

<エントリー資格>
事務所に所属していないアマチュアミュージシャンで学生(小・中・高・大・専門)であること。
バンドの場合、メンバーに学生(小・中・高・大・専門)が一人以上いること。
住所は特に限定しないが、3月5日と6日に大仙市大曲市民会館大ホールに来ることができる人(組)。

<ルール>
ジャンル、演奏形態不問
演奏曲は全てオリジナルで著作権管理団体等に未登録であること
演奏時間は12分、曲数は自由

<申し込み方法>
① バンド名(アーティスト名)
② 本名、住所、メールアドレス、電話番号
③ ジャンル
④ 演奏形態(使用楽器など)
⑤ 演奏予定曲歌詞
⑥ 演奏予定曲音源 
⑦ アーティスト画像

<申込先>
FMはなび 秋田県大仙市大曲通町1-14
tel 0187-88-8246 fax 0187-88-8249
873@fmhanabi.com

※募集締め切り 12月16日(木)24時  

<問い合わせ>
FMはなび 0187−88−8246
873@fmhanabi.com






【あした生特番3時間やります!】ハマビマニア2021

本来ならば「第94回全国花火競技大会〜大曲の花火〜」が開催される予定だった8月
28日に3時間特別番組、生放送をやります!

タイトルは「ハナビマニア」。もはや大曲人にしか出来ない放送をお届けします。

マニアすぎる花火クイズや花火大喜利、そして、地元民謡歌手山上衛が再録音で復活させた「大曲花火音頭」の初披露もあります。

また、「大曲の花火の思い出30連発」と題して大仙市民30人のインタビューコメントを連発。

花火が無くても熱はある!花火の街大曲の熱気を世界に発信しますよ〜!!

【番組名】 FMはなび特別番組「花火の無い夜は‥ HANABIMANIA2021」

【放送日時】 8月28日(土)17:00〜20:00 3時間生放送

【番組内容】
  第1部 OMAGARI HANABI talk
    ・大曲の花火の思い出30連発 大仙市民30人の録音コメント連発

  第2部 OMAGARI HANABI variety 今夜決定ハナビマニア2021は誰だ!?
    ・マニア過ぎる花火クイズ大会
    ・花火大喜利
    ・復活「大曲花火音頭」歌うのはこの男だ!!

  第3部OMAGARI HANABI groove
    ・HANABI groove 大曲DJによる花火をテーマしたDJショウ

【出演】 小西亨一郎(花火評論家)、隈元信義(響屋大曲煙火)、青木大典(響屋大曲煙火)
     山上衛(民謡歌手)、DJ AKI、DJ QBO、藤田浩士(FMはなび) 
     大仙市民パーソナリティー30人(録音コメント出演)      ほか






【特別番組】大曲平成元年会同窓会がラジオで実現 「よく生きよ!大曲中学校絆輪(ゆうりん)学年」

秋田県においても次々とイベント行事の中止または延期が発表される中、例年であればお盆の時期に開催される中学校同窓会を、ラジオ放送で開催することとなりました。

大曲中学校平成元年会「絆輪(ゆうりん)学年」は、女性が厄払いを行う数えで33歳を迎えます。
本来であれば帰省者も含む大勢の同窓生たちが顔合わせ絆を深め合うところを、それが難しいこの夏は、離れていてもつながり合えるラジオを通して、FMはなびラジオDE同窓会を生放送。同窓生の近況や、先生のメッセージも放送し、折々に卒業当時のヒットナンバーを中心とした「思い出のリクエスト曲」も流し、聴取者と共に平成元年世代の思い出を味わいます。

 

【番組名】  FMはなび ラジオDE同窓会「よく生きよ!大曲中学校絆輪(ゆうりん)学年」

【放送日時】 2021年8月14日(土)20:00〜21:00 生放送
       
【番組内容】 恩師のコメントや、当時の学校の思い出をリクエストと共に集め紹介
       「あの人は今?」話題だった生徒に電話インタビュー現在を聞く
       今考える「よく生きよ」とは   ほか






【FMはなびGW特番③】ラジオがそのままライヴハウスに!アコースティックフェス開催



 

「おおまがりスーパーアリーナ」2DAYSの二日目はライヴハウスUN REVE(アンレーヴ)で開催予定が延期となってしまったイベント「ACOUSTICK MANIA 2」の出演者が、そのままラジオで生演奏!
バラエティー豊かな面々ながら、アコギの強者を集めたイベントだけに、魂込めた歌声をお届けします。

【タイトル】おおまがりスーパーアリーナ2DAYS ACOUSTICK FESTIVAL
【放送日時】5月2日(日)14:00〜16:00 
【出演】近野淳一、midori、ROCO、キョータ、GUNJI MC:デニーロ・オオトモ

 






【FMはなびGW特番②】Yummi9年目の初アルバム発売記念ライヴ実現

ラジオに出来たイベント空間「おおまがりスーパーアリーナ」の2DAYS初日は、待望の1stアルバム「FOREVER AND EVER」をリリースするYummiのレコ発ライヴが実現!
活動の拠点を秋田に移してから9年目にしてのアルバムリリース、記念すべき発売日のライヴは、電波に乗って大仙市中を白熱のステージしてくれるでしょう。

【タイトル】おおまがりスーパーアリーナ2DAYS Yummi 1 st Album release Special LIVE
【放送日時】5月1日(土)14:00〜16:00 
【出演】Yummi、菊地ヒロム、ワイズミワイゾウ MC:デニーロ・オオトモ

 

 






【FMはなびGW特番①】大曲のDJ5人が4時間ぶち抜きでDJリレー!

「花火の街」「酒どころ」「民謡王国」、様々な名物・名産がある大仙市ですが、実はDJが多いとも言われています。
それも、一般的にはDJといえばヒップホップ系を指すことが多い中で、大仙市にはロック、ポップス、ソウル、オールディーズなど様々なタイプのDJが活躍しているのが特徴。
そんな大曲のDJ5人が4時間に渡ってリレー競演をする生放送が実現、ゴールデンウィークの幕開けはノンストップのDJショーで盛り上がりましょう。

【タイトル】 OMAGARI DJ Spring chapter FMはなび4時間DJリレー 
【放送日時】 5月1日(土)16:00〜20:00 
【出演】 DJいっせい、桜田部長、DJ AKI(アキ)、DJ QBO(クボ)、Yuusukee(ユースケ)

 






これから秋田県・大仙市で暮らそうと思っている方のために配信開始しました

新春特別企画として放送しました、移住・帰省(Aターン)応援ガイド番組「んだんだ10分」をネット配信します。
故郷秋田に戻って新しい人生を歩もうとしている人、ご家族ご親族にいましたら是非お伝えください。
各世代・状況別Q&Aトークで具体的なアドバイスがあります。

 

「大学・専門学生対象Q&A」聞き手:藤田浩士
県外で学生生活を終えた若者の、故郷での就活を応援
こちらをクリック

 

「40代以上対象Q&A」聞き手:福原尚虎
県外での生活に区切りをつけ故郷に戻り生活を考えている人の為の、就活ワンポイント
こちらをクリック

 

「新婚対象Q&A」聞き手:根田朋子
結婚を機に帰郷を検討している若い夫婦の子育を視点にした帰郷のためのワンポイント
こちらをクリック

 

「家族で移住Q&A」聞き手:福原尚虎
家族で故郷に移住を考えている人へ、マイホーム購入などを中心としたアドバイス
こちらをクリック

 

「起業Q&A」聞き手:藤田浩士
故郷に戻り新しい事業に挑戦しようとしている人の為に、補助制度など中心にアドバイス
こちらをクリック

 

 

提供
秋田県仙北地域振興局
大仙市
北斗通信工業株式会社
株式会社タカヤナギ






【拝啓、故郷は元気です】キャミとYEGで足掛け2年4時間生放送

FMはなびは年末年始の特別番組を大増量!(当社比2倍マシ)

何と言っても年末年始の生放送を4時間お送りします。
前半第1部はかyミソウルブラザーズ が大暴れ、ゲストにYummiとかさはらもとじ という最強の布陣で臨む生放送は、そのままヒカリオ広場のカウントダウンイベント「ニューイヤー花火2021」の生中継へとなだれ込みます。

最大の注目は、あのキャミソウルブラザーズが歌手デビュー!
なんと新曲を本邦初公開します。
企画モノと思いきや、かなり本格的な楽曲が仕上がったとか!?ところで果たして誰がこの曲を作ったのか?秋田音楽シーンの大物という噂もあり様々憶測飛び交う中、番組ではこの誰も聞いたことの無いキャミの新曲の作者当てクイズを行います。
番組宛に、この人ではないかという予想をお送りください。もちろんウケ狙い歓迎。
抽選で素敵なプレゼントもるので住所本名お忘れなく〜
873@fmhanabi.com   まで!

そして0時をまわった2021年の幕開けは、なんと大曲YEGが担当。
こちらも豪華景品を準備した「大曲クイズ」があるとかないとか、、、、
そして真夜中の大喜利、真夜中の電話大作戦、真夜中の初詣レポートなどなど。
常識破りの約2時間にどうかお付き合いください!!

 

 

12月31日(木)〜1月1日(金)「FMはなび本気のラジオ足かけ2年大放送」

第1部 カウントダウンだよキャミソウルブラザーズ♫(22:00〜24:00)
(出演)キャミソウルブラザーズ、Yummi、かさはらもとじ 、藤田浩士

第2部 新年明けましてYEG 〜良い初夢見ろよSP〜(24:00〜26:00)
(出演)大曲YEGメンバー

 

 

 






【出演者リレーコラム】私の大音郷TV ⑩(根田朋子 編)

『大仙市は音楽の郷である』
この言葉と共に繰り広げられたMusic Festival in DAISEN 2020 大音響TV。
『Music Festival in DAISEN』に『大音郷』と名がついてから2回目の開催になるはずだったこのイベントに今年は『TV』という字が付きました。

改めまして、今年も昨年に引き続き司会を務めさせていただきました、FMはなび根田朋子です。

私の今回の相方は大仙市(初)のyoutuberたがの氏。
元気な声でステージを盛り上げてくれました。
初めてのMCに緊張してます‼とのことでしたが、大丈夫。
今だから言いますが、実は私も緊張してました(笑)

本来であれば、大曲市民会館大ホールのあの大きな会場に観客の皆様の眼差しや歓声、ステージの熱気を肌で感じられるはずだったこのイベントが今年は『無観客』そしてラジオの生中継そしてyoutubeでの配信。
もちろん、複雑な気持ちもありましたが、沢山のイベントが中止や延期を余儀なくされていたこの状況下、開催の決断をしてくださった老松市長をはじめ、沢山のスタッフの皆様のご尽力のおかげで、大音郷の名のもとに集ったミュージシャンたちをさらに輝かせるステージが出来上がりました。

その期待の応えるように、素晴らしいパフォーマンスを披露してくれたミュージシャンたち。更に今回は、花火の街だけではなく、音楽の街だいせんの幅の広さを感じられるかのごとく、ポップスやロックのみならず民謡や太鼓をラジオの生中継・配信で味わっていただくことができました。

ラジオの生放送の中では、ラジオという媒体だからこそともいえる沢山のメールでの反響や応援メッセージもお伝えすることができ、コロナ渦だからこその『Music Festival in DAISEN 2020 大音響TV』。今できる最高のステージをお届けできたのではないでしょうか?

根田朋子(こんだともこ)
舞台、MCタレント業を中心に活躍のちFMはなび入社。
大手外資系レコード店に勤務していた経験から音楽シーンにも精通し、現在の番組制作にも反映されている。

⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎

Music Festival in DAISEN 2020「大音郷TV」(2020.11.6大曲市民会館)に出演したアーティスト達によるリレーコラムです。
好評配信中の「大音郷TV」はこちらでご覧になれます
各アーティストの出演時間は画面下の詳細ページに記してありますのでご参考ください。






【出演者リレーコラム】私の大音郷TV ⑨(たがの氏 編)

11月6日にラジオの生放送&後日オンライン配信として行われた大音響TV。
そんな大舞台でアシスタントMCとして参加させていただいたYouTuberの「たがの氏」と申します。

第3回目の開催となった今回は、ご存知の通りコロナ禍ということもあり「無観客」での開催となりました。
以前お邪魔させていただいたFMはなびさんの生放送の番組内で、サプライズ発表でのアシスタントMC起用となったのですが、無観客とはいえラジオでの生放送と後日オンライン配信とのことで、当日まで毎日緊張していたのが本心です。

ですがメインMCの根田さんのリードはもちろんのこと、出演された皆さんとスタッフの方々の優しいお声がけにも助けられ、貴重な経験が出来たと大変感謝しております。

YouTubeでのオンライン配信を見返して反省点はあるものの、今回の経験を今後のYouTube活動などに活かし、自分なりの恩返しが出来るよう精進します。

本来であればスムーズな進行で番組を盛り上げ、アーティストの魅力を引き立てるのがMCとしての役割だとは思いますが、たがの氏スタイルでの結びとさせていただきます。

「主催者、出演者のみんなさ負げねぐれ頑張るがら大音郷TVもたがの氏ちゃんねるもいっぺ観でけれなー!」

へばな!

たがの氏(たがのし)
大仙市初のユーチューバー(当社比)として絶賛配信中。
公式チャンネルはこちら

⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎

Music Festival in DAISEN 2020「大音郷TV」(2020.11.6大曲市民会館)に出演したアーティスト達によるリレーコラムです。
好評配信中の「大音郷TV」はこちらでご覧になれます
各アーティストの出演時間は画面下の詳細ページに記してありますのでご参考ください。






【出演者リレーコラム】私の大音郷TV ⑧(eid-oath 編)

大仙市出身である私にとって、大曲市民会館は数々の思い出がある場所です。

と、意気込んで書き出してみたものの、
コラムのお話を頂いてから、文章を入力しては消去を繰り返して、わかりやすく手詰まり状態に陥っています。
中学校で参加した音楽祭や一応まだ記憶に新しい成人式。
思い出が無いわけではないのですが、書くからには読んだ方に楽しんでもらえる文章を書きたいとつい躍起になる。いけないいけない、物事にはなんだって期限があるのに。早く書かなければいけないのになんだって頭が回らない。
何か人様に大手を振って話せるような思い出でもあればなぁ…

…待て待て、あるじゃないか!とびっきりの思い出が!

そのとびっきりの思い出というのが、先日 大仙市・大曲市民会館で開催された音楽イベント「大音郷TV」。
私たちeid-oathも参加させて頂きました。
eid-oathは昨年の6月に秋田発3人組ガールズユニットとしてデビューし、これまで秋田県内のみならず県外へと足を伸ばして活動を続けてきました。

今年は世間を騒がせる新型コロナウイルスの影響で、決まっていたイベントのほとんどがキャンセルとなり、私もメンバーも口や態度にこそ出さないものの目に見えて落ち込んでいました。

「あのイベントに参加出来ていたらもっとeid-oath を色んな人に知ってもらえたのに!」

思わず口にしてしまいそうになる言葉をグッと堪え続けてきました。
言わないだけでずっと悔しかった。でもそれはきっと皆さんも同じで、誰のせいでもないことを、何かのせいにしたい気持ちを抑えているんじゃないかなと思います。
だからこそ、たくさんの思いを胸に、私たちにできる活動に精一杯取り組んできました。

そんな中、このお話を頂いた時は、出身地でのイベント出演に「まさかこんな日が来るなんて」と、とても感慨深い気持ちになると同時に、「こういう情勢でも、私たちの活動を見て下さった方がいるんだな」と、誰にも言えなかった悔しさが少し報われたような気がしました。
改めて、大音郷TVにお声掛け頂きありがとうございました。

静まりかえる観客席、煌々と光るライトに照らされて若干汗ばむ額、冷静な思考とは裏腹に昂る心拍は今でも鮮明に覚えています。
もし過去に戻って、パーティードレスに着られて居た堪れなくなっている私に「数年後のあんたはこのステージで歌って踊ってるぞ」と言ったなら「有り得ない」と大爆笑されるでしょう。
もっと笑っちゃうだろうなぁ、それを応援してくれる人達がいるぞ!なんて言ったら。

この活動は、演者だけでは成り立ちません。
私たちを支えて下さる皆さんのお陰で、ここまでガールズユニット・eid-oath として成り立ってきました。
そんな素敵な方々と出会えた事、関わることができる「今」をしっかり目に焼き付けたいです。

そして私たちの「今」を、皆さんの目に、頭に、心に、忘れられないくらい刻み込んでやりたいと思います。覚悟!

eid-oath へめ子

eid-oath(アイトオウス)
アイドル3人ユニットとして秋田市を中心に活動開始、イベントやクラブなど様々な場所で白熱のステージを展開中。
昨年のDDA2019では県南フリーペーパーDEEPRES賞を受賞。
メンバーのへめ子は大仙市協和出身で、FMはなび「Dナイ2」のアシスタントとしても活躍
⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎
Music Festival in DAISEN 2020「大音郷TV」(2020.11.6大曲市民会館)に出演したアーティスト達によるリレーコラムです。
好評配信中の「大音郷TV」はこちらでご覧になれます。
各アーティストの出演時間は画面下の詳細ページに記してありますのでご参考ください。






【出演者リレーコラム】私の大音郷TV ⑦(山上衛 編)

僕は秋田市岩見三内出身、現在は盛岡市在住。岩見三内は、大仙市中心部から約30キロ以上も離れた山間の小さな集落です。

地元の友人たちのほとんどが秋田市内の高校へ進学する中、僕は約30キロ以上も離れた大曲農業高校へと入学しました。
そんな縁もゆかりも全くない大仙市。いや、全くなかった大仙市。
そんな大仙市での舞台やステージが、いまではとてもとても楽しみになっている僕です。

住所も本籍も出身地でもないこの土地だったのに、ここで青春時代を過ごしたことで、本当にたくさんのご縁に恵まれて、今ではFMはなびで番組をさせていただいたり、関東で開催される大仙市のPRイベントに出演させていただいたり、第二の故郷と思っているこの大仙市です。

たぶん大仙市に住んでいる方よりも大仙市が大好きです。
個人的にこの大仙市は音楽や芸能文化が盛んなところだと思います。
私の専門である民謡界においても、昔から歌い手や踊り手などの芸人が多く、またこの大仙仙北地域発祥の民謡も多く、一つの市で民謡の大会が4つも開催されていると言うのは全国的にも珍しく日本一だと思います。
そのくらい昔から、「民謡=音楽」が身近であったと思います。

さて、そんな大仙市ゆかりのメンバーの一員として今回の大音響に出演させていただきました。
このコロナ禍の中、今回の市民会館の舞台のように、大きなステージで唄う機会が今年の2月あたりから皆無でした。
久しぶりに大きなステージで、そして大好きな大仙市で唄わせていただき、唄い手として舞台でマイクを握って唄う喜びを感じました。
そして大きい舞台であれ、小さい舞台であれ、お客様がビッシリの会場で当たり前のように唄ったり踊ったりすることがどれほど幸せなことなのか改めて実感しました。

最近はアーティストの皆さんがSNSや動画共有サイトで動画配信活動をされています。
僕もアーティストの端くれではありますが今回の大音響が初めての動画配信でした。
実際に11月から配信されたわけですが、ネットでの配信は今のコロナ禍でショーを見たいのに見られない方、遠くに住んでいて見に来られない方にはとてもいいなと思いました。
しかしながら僕がいる民謡界では、民謡が好きな方、民謡を聴きたい方は高齢者の方の割合が多く、ネットや機械が不得意だと言う方が多いです。
そういう方向けにも、我々若者が簡単に携帯やスマホを使ってネットで動画を楽しむように、簡単に見たい時に楽しんでいただける方法があればいいのになと考えさせられました。
カセットテープやCDを聴くのもいいですが、動画としてショーを見せて差し上げたいのです。

さて当日は舞台裏でも、初めてご一緒する出演者の皆さん、そしてひさしぶりにお会いする出演者の皆さんと、ソーシャルディスタントを保ちつつ和気藹々とおしゃべりをしたりコミュニケーションを取ることが出来、とても楽しいひとときでした。
このようなひとときがとても癒されました。 いまはまだ通常通りのステージ活動とはいきませんが、1日でも早く皆さんの前で「普通に」歌ったり踊ったりできることが本当に待ち遠しいです。

皆さんに喜んでいただけるような芸をお届けできるように、今後とも皆さんの心強い応援やご声援を感じながら頑張っていきます。 大仙市、愛しています!

山上衛(やまかみまもる)
子供の頃から民良い歌手を志し、大曲農業高等学校には民謡で推薦入学。
郷土芸能部で下地を作り、民謡歌手の道に進み、岩手・秋田を中心に全国で活躍する民謡界のホープ。
FMはなび「まもるとちえこのドドンとおらほの歌っこ自漫」でもおなじみ。

⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎
Music Festival in DAISEN 2020「大音郷TV」(2020.11.6大曲市民会館)に出演したアーティスト達によるリレーコラムです。
好評配信中の「大音郷TV」はこちらでご覧になれます
各アーティストの出演時間は画面下の詳細ページに記してありますのでご参考ください。






【出演者リレーコラム】私の大音郷TV ⑥(セレン 編)

この度は、私の生まれ育った地元、大仙市で開催されました、音楽イベント「大音響TV」に参加させて頂き、そして大きな会場で歌わせて頂き、誠にありがとうございました。
大仙市仙北町出身の、小松ミユキ改め、セレンと申します。

正直に申し上げますと、今年も皆様の前でいつも通り様々な場所で歌を歌わせて貰えるものだと思っていましたが、新型コロナウィルスが流行り出してからというもの、歌う機会がまったく無くなってしまい、”当たり前が当たり前ではなくなる”ということが、どれだけ恐ろしいことかを痛感させられました。
そして、自分の”歌”と向き合う時間が増えました。

自分にとって歌って何だろう。
どんな思いを抱え、どんな気持ちで歌ってきたのだろう。
歌を通して、何を伝えたいのだろう。
歌の力って、なんだろう。
と、日々考えていました。

幼少期から音楽漬けで、エレクトーンやフルートをやっていましたが、本格的に歌をやりたいと思い始めたのが、2010年6月に羽後町で行われました、NHKのど自慢で優勝してからです。
それからというもの、秋田県内の歌の大会は、出場すると優勝するようになり、少しずつ少しずつ、自信がついてきました。
2013年には、日本テレビ「全日本歌唱王」に秋田県代表として出場させて頂きましたが、惜しくも本線に残ることが出来ませんでした。

そして、私の人生を変えてくれたのが、2018年に受けたオーデション「カラオケ世界大会日本代表決定戦(KWC2018)」でした。
この大会は過去に3回ほど受けましたが、予選落ちすることもあれば、決勝まで行って敗れてしまったこともありました。今回ダメなら、もう歌の道を諦めようと思い、相当な覚悟を持ち、練習に励みました。
お陰様で、全国から5000人ほどの応募の中から、女性部門で1位に輝くことができ、フィンランドへ日本代表として世界大会に参加させて頂きました。
30ヵ国以上参加する大会ですが、結果は準々決勝敗退でした。
ですが、それ以上に各国の方々との触れ合いだったり、それぞれの歌への気持ちだったり、歌の技術面だったり、他の収穫が沢山ありました。私にとって一生忘れられない経験となりました。

そして、翌年、テレビ東京「THEカラオケ☆バトル」に出場し、2度目の出場で、優勝を勝ち取ることが出来ました。
それからというもの、タレント活動もちょこちょことさせて頂くようになり、フジテレビ「ネプリーグ」やフジテレビ「キスマイ超BUSAIKU?!」にも出演させて頂いたりなど、貴重な経験をさせて頂いております。
今でも試行錯誤しながら、”セレン”ってどんな人?と自問自答する毎日です(笑)

現在は、オリジナル曲が2曲完成し、そのうちの1曲をこの度、大音響TVにて歌わせて頂きました。
もう1曲も早くお披露目出来れば良いなと思っております。
リリースが決まりましたら、また告知させて下さい。

現在、BS-TBS 毎週日曜22:00〜22:54 「ゴルフ3キングダム」という番組の
イメージソングを歌わせて頂いております。

そして、最後になりますが
これからも、私は歌い続けていきたいと思います。
とてもハチャメチャな文章になってしまいましたが、ここに全ての思いを書ききれないので
これからいろんな形で残していければなと思っております。
今後とも、セレンを宜しくお願い致します。
早くコロナが終息しますように。

セレン
昨年の大音郷2019には本名の小松ミユキで登場、2018年カラオケ世界大会日本代表、DDA2019グランプリの実力と天性のキャラクターで全国ネットバラエティー番組でも大活躍。
セレンという名前で待望のオリジナル曲完成、「大音郷TV」の舞台で初お披露目。
⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎
Music Festival in DAISEN 2020「大音郷TV」(2020.11.6大曲市民会館)に出演したアーティスト達によるリレーコラムです。
好評配信中の「大音郷TV」はこちらでご覧になれます。
各アーティストの出演時間は画面下の詳細ページに記してありますのでご参考ください。






【出演者リレーコラム】私の大音郷TV ⑤(深瀬康子 編)

思い入れのある場所で、思い入れのある民謡を唄う機会を与えて頂きました。

苦手意識が強く、何度も何度も声が裏返っては、もう唄いたくない!難しい!唄う意味って何?と悩み、大会に出場する度に挫折し、悔しい思いと涙、そして唄うことを諦めようとした唄、「秋田おばこ節」。
唄いたくない唄と感じながらも、逃げない!と自分に叱咤激励し、師匠にお稽古をつけて頂き、必死に練習した記憶があります。
足踏みしながらも、やっとの思いで優勝を掴み取った唄で、今では大切に唄い続けていきたい唄となっています。
その「秋田おばこ節」の全国大会が毎年6月に行われる場所が「大曲市民会館」、今回「大音郷」が行われた場所です。

大仙市出身、そして大仙市に縁(ゆかり)のある様々なジャンルのアーティストの方々とご一緒させて頂き、ジャンルも年齢も越えて、音楽を楽しみ、癒され、自分を表現できる「うた」を共有できた貴重な時間でした。

その場所で「秋田おばこ節」を唄える喜び!
ステージに立った瞬間は大会のような緊張感!
初心にかえったような新鮮な気持ちで、自分なりに大事に大事に唄うことができたのではないかと思います。
そして、アーティストの皆さんからよい刺激を受け、これから自分が目指す唄を改めて考えるきっかけになりました。

そしてもう一つ。私が生まれ育った中仙地域は「ドンパン節」の発祥の地です。

「ドンパン節」は民謡仲間の山上衛さん、ポップスのセレンちゃん、大曲太鼓道場の方々、ドンパン娘との夢の競演をさせて頂きました。
これもまた新鮮!いつもと違った雰囲気で楽しみながら唄わせて頂きました。

ちょっと余談になりますが、中仙に生まれてよかった!と大人になった今、感じます。
大好きな場所は思い出がたくさんつまっていて、数えきれない程あります。少しだけ紹介させて下さい!

八乙女公園をはじめ、中仙幼稚園、中仙小学校、中仙中学校はもちろん、ドンパン広場、長野公民館、改善センター、斉内川の河川敷、長野神社、バカ沼…まだまだあります!
たくさんの人と出逢い、小さい頃から応援して頂き、支えて頂き、育てて頂いた中仙地域の皆さんに、唄うことで恩返ししていきたいと改めて思います。

私が唯一、自分らしさを表現できるもの、「民謡」を大仙市を拠点として、大切に唄い続けながら日々精進し、今回ご縁のあった皆さんと一緒に「音楽」を通して大仙市を盛り上げていきたいと強く感じたステージでした。
「大音郷」という、素晴らしい場を与えて下さった関係者の皆様、共演者の皆様、ラジオを聴き、大音郷TVをご覧下さったたくさんの方々に心から感謝申し上げます。

深瀬康子(ふかせやすこ)
三味線奏者の母の元で、民謡どころ大仙市中仙で生まれ育ち、小田島会に入門。
民謡全国大会で日本一に輝き、美少女民謡歌手として脚光を浴びる。
FMはなびでは「だいせん故郷の民謡」でも活躍中。

⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎
Music Festival in DAISEN 2020「大音郷TV」(2020.11.6大曲市民会館)に出演したアーティスト達によるリレーコラムです。
好評配信中の「大音郷TV」はこちらでご覧になれます。
各アーティストの出演時間は画面下の詳細ページに記してありますのでご参考ください。






【出演者リレーコラム】私の大音郷TV ④(大曲太鼓道場 編)

「一打入魂」
私達が活動させて頂く中で、大切にして来たこの言葉の意義を今年はより強く実感した一年となりました。

新型コロナウィルスの影響で約2ヶ月の練習休止期間‥。
待ちに待った再開後もマスク着用等慣れない練習環境での活動となりましたが、いつものメンバーが集まり全力で太鼓を打てる瞬間を心から楽しいと思える自分がいました。

これまで数年に渡り演奏の機会を頂いていたイベント等は軒並み中止となり、大好きな大曲の花火も無い静かな夏となってしまいました。

そんな中頂いた「大音郷TV」への出演機会。
感染拡大防止の為、残念ながら無観客開催となりましたが、ラジオ・動画配信を通して一人でも多くの方に私達の演奏を聴いて頂ける様に練習を重ねました。
息が上がり、苦しくなると「頑張れ‼️」と背中を押して下さる方。
笑顔で手拍子をして下さる方。「また、観にきたよ!」と声を掛けて下さる方。
地元の方々の応援がどれだけ心強く、有難いことか‥。
観客席にお客様が居ない状況に寂しさを感じると同時に、応援して下さる方々へ感謝の気持ちでいっぱいになりました。

「大仙市は音楽の郷(さと)である」
私達大曲太鼓道場には、「fire warks」と言う曲があります。
私達が出会った和太鼓の力強い音で、地元の誇りである「大曲の花火」を表現したい‥そんな想いからこの曲は生まれました。
夜空に力強い音と共に華開く尺玉、華やかに咲き乱れる仕掛け花火‥。
メンバー一人一人が全身を使って花火を表現するなかで、打ち手と応援して下さる方々の「大曲の花火」への熱い想いが溢れる一曲にできる様、これからも「一打入魂」でメンバー一同努力を重ねて参ります。

最後に貴重な機会を下さいましたFMはなび はじめスタッフの皆様本当に有難うございました。

大曲太鼓道場 指導者・打手
千葉愛美

大曲太鼓道場(おおまがりたいこどうじょう)
大仙市大曲を中心に活動する太鼓グループ。
4歳から社会人までの幅広いメンバーが集まり多くの方々に和太鼓の力強さ、楽しさを伝えられる様に日々汗を流している。
大曲太鼓道場メンバーがゲスト出演する番組「NAKAICHI Upcomer Array」こちらもご覧ください

⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎
Music Festival in DAISEN 2020「大音郷TV」(2020.11.6大曲市民会館)に出演したアーティスト達によるリレーコラムです。
好評配信中の「大音郷TV」はこちらでご覧になれます。
各アーティストの出演時間は画面下の詳細ページに記してありますのでご参考ください。






【出演者リレーコラム】私の大音郷TV ②(かさはらもとじ 編)

このたびは大仙市で開催された音楽イベント「大音響TV」に参加させて頂き、誠にありがとうございました。大仙市仙北地域在住、かさはらもとじです。

新型コロナウィルス感染拡大予防のために様々なイベントが中止になっている中、この「大音響TV」を開催することはとても勇気のいることだったと思います。
ひとえに、企画運営してくださった方、出演者、スタッフの皆さま、何よりも、応援して下さる大仙市ゆかりの方々のお力添えがあったからこそだと思います。

「音楽の街大仙市」を目指しているとおり、ここ大仙市には素晴らしい伝統文化や郷土芸能、そして音楽を心から愛する人たちがいます。この先も、これからも、ずっと音楽がみんなを明るく照らし続ける、そんな街であってほしいと思いますし、そのために皆さんと力を合わせていきたいと思っています。
大音響TVという素敵な企画に参加できたこと、とても嬉しく思います。いまは大変な時期ですが、皆さん、どうかお身体には気を付けて、優しい日々を過ごしてくださいね。また音楽や会話を通して楽しい時間を過ごしましょう。
ふるさと大仙市と、関わってくださるすべての方々が大好きです。
これからもよろしくお願いいたします。

かさはらもとじ
大仙市仙北在住、故郷に暮し故郷を誰もよりも愛する歌手。
昨年改名とともに、故津雲優氏の「いざないの街」をCDリリース、未亡人留美子夫人のお墨付きも頂き、大曲の花火の歌を正式に継承した。
公式ブログ

⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎
Music Festival in DAISEN 2020「大音郷TV」(2020.11.6大曲市民会館)に出演したアーティスト達のコメントを紹介しています。
好評配信中の「大音郷TV」はこちらでご覧になれます
各アーティストの出演時間は画面下の詳細ページに記してありますのでご参考ください。






【大晦日カウントダウンイベント】ニューイヤー花火2021 ヒカリオCALLING!!

毎年恒例のカウントダウンイベントが、今年も大曲ヒカリオ広場で開催されます!
文字通り2020年のファイナルステージとなるミニライヴには「大音郷TV」でも大活躍の地元歌手かさはらもとじ と、今年のニューイヤー花火で大暴れのキャミソウルブラザーズが登場。
さらに、にかほ在住シンガーYummiが初登場という豪華版、
しかも午前0時のカウントダウンのあとにYummiがニューイヤー花火と共にパフォーマンスをします。
女性初の花火と共演が実現するYummiのステージと共に新年を迎えましょう!

【イベント名】 ニューイヤー花火2021 ヒカリオCALLING!!

【日時】 2020年12月31日(木)23:00頃 スタート

【会場】 大曲ヒカリオ広場

【内容】
・マーチングの映像上映予定
・インスタ、facebook 撮影フレーム設置
・紅白餅配り
・音楽ライヴ
・新年カウントダウンとニューイヤー花火打ち上げ
・FMはなび公開生放送

【出演者】 Yummi、キャミソウルブラザーズ、かさはらもとじ

  

 






【出演者リレーコラム】私の大音郷TV ①(栗林聡子編)

「ピアノの発表会をやる公民館の隣にね、お城みたいな大きいホールができるんだってさ!」

当時小学生の私は、毎日ピアノを弾くことに夢中でした。
年に1度、キレイなお洋服を着てスポットライトを浴びることができるピアノ教室の発表会は、大曲中央公民館のステージ。その隣に、もっと大きなホールが出来るということで、とても心躍らせていたのを今でもはっきりと覚えています。

大仙市大曲市民会館大ホールの収容人数は約1000人。
「もし満員のホールで歌うことができたらどんなに気持ちいいだろう」そんな夢を抱きながら高校生になった私が、ついに夢が叶える日がやってきます。
2003年7月13日NHKのど自慢大曲大会。大曲高校3年生になった私は、高校の制服を着て深緑色のリボンをつけ、大曲市民会館大ホールのステージに立っていました。3階席までぎっしりの客席、たくさんの声援と拍手、スポットライト、そして、合格の鐘の音。私の人生が変わったステージでした。

2020年11月6日。あの日から17年経った私は、同じステージに立ちスポットライトを浴びていました。
ただひとつ大きく大きく違うのは、お客さんがいないということ。
この日、大曲市民会館大ホールで「大音郷TV」の生配信が行われたのですが、新型コロナウイルスの影響により会場は無観客でした。ポップス、民謡、和太鼓…ジャンルを超えた出演者たちは皆、精一杯のパフォーマンスをステージ上で魅せていました。
表現者にとって何より大切なのが「お客さんの反応」、まさに空気感・ライブ感なのです。無観客ということは、目の前にその反応がありません。それでもラジオの向こうにはお客さんがいるし、収録した動画は全世界へと発信されます。気持ちをどこに置いていいのか戸惑った出演者は私だけではなかったはずですが、それでもそれぞれの今できる一番のパフォーマンスがステージの上にはありました。

ぎゅっと唇をかみしめるような悔しい思いばかりだった2020年。
新型コロナウイルスの影響でキャンセルになったステージは数えきれません。それでも、私自身がこれまで音楽に何度も救われてきたので、ここで音楽を捨てるわけにはいきません。
つらい時にも苦しい時にも寄り添ってくれるのが音楽であり、「表現をさせていただける体と声」を授けてもらった私は、「いい歌っこ聴いで元気出だなや」と言っていただける人が一人でもいる限り、この土地で歌い続けていきたいと思っています。

大仙市は音楽の郷である。表現する人がいて、聴いてくださる人がいて、「いつか私も」と憧れを持つ子供たちがいる。
この土地には、ずっとずっと繋がってきた音楽に対する素敵な輪があります。
その輪が今は少し小さいかもしれないけれど、必ずまた光を取り戻しますように。私は、今の私にできることを表現しながら、「いつか私も」と思う世代へ繋げていけるように、この場所で音楽を愛していきたいと思います。

栗林 聡子(くりばやしさとこ)
美郷在住、大曲高校出身。学生時代NHKのど自慢グランドチャンピオン獲得。しかし秋田県で歌い続ける道を選び、秋田県南の歌姫として文句なしの活躍中。
昨年は、天皇陛下ご即位記念「第39回全国豊かな海づくり大会・あきた大会」でも熱唱。
公式ホームページ

⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎
Music Festival in DAISEN 2020「大音郷TV」(2020.11.6大曲市民会館)に出演したアーティスト達によるリレーコラムです。
好評配信中の「大音郷TV」はこちらでご覧になれます
各アーティストの出演時間は画面下の詳細ページに記してありますのでご参考ください。






【次代を担う若者たちの声を一挙放送】令和2年度仙北地域・企業リーダーによる意見交換会」

秋田県仙北地域振興局が主催により10月21日大曲エンパイヤホテル で開かれた「令和2年度仙北地域・企業リーダーによる意見交換会」の模様をラジオ番組として放送中です。

地域企業12社の若きリーダー達が集結。事業継承、家業を継ぐという道を選んだその思いや、実際の取り組みを大いに語ってもらいました。
興味深い意見を通して、この街が抱えている問題や、それを乗り越えてこそ掴み取れる未来が見えて来るでしょう。
ラジオ放送と同時にFMはなびホームページでは動画も配信します、あわせてご覧ください(TOPページ画面)。

【タイトル】「んだ。んだ。30分 令和2年度仙北地域・企業リーダーによる意見交換会」

【放送日時】
① 11月8日(日)15:00〜15:30 ※再放送11月10日(火)19:30〜20:00
② 11月15日(日)15:00〜15:30 ※再放送11月17日(火)19:30〜20:00
③ 11月22日(日)15:00〜15:30 ※再放送11月24日(火)19:30〜20:00

【参加者】
興栄建設株式会社 齋藤 稜さん
鈴木商事株式会社 鈴木 俊太郎さん
大同衣料株式会社 佐々木 祐太さん
株式会社フルヤモールド 古谷 美幸さん
株式会社ユーイーアイ 加藤 淳弥さん
株式会社安藤醸造 安藤 雄介さん
株式会社八柳 八柳 浩太郎さん
株式会社田沢モータース 吉田 雄吾さん
株式会社斉藤光学製作所 齊藤 大樹さん
株式会社小田島工務店 小田島 百里さん
東海林物産株式会社 東海林 貴之さん
有限会社鷹觜建築 鷹觜 亮さん

【顧問】
佐々木繁治 大曲商工会議所会頭
齊藤 伸英 美郷町商工会会長






Music Festival in DAISEN 2020 「大音郷(だいおんきょう)TV」 開催!!

「大仙市は音楽の郷(さと)である」というかけ声と共に、ポップスを中心に大仙市ゆかりのアーティストを集め開催されてきた音楽イベント「大音郷」が今年も開催されます。
今年は無観客でラジオ生放送とネット配信、大仙市のお家芸でもある民謡と、和太鼓チームも参加する特別編となりました。
まさに、だいせん音楽絵巻を一挙放送、この街が生み出した音楽をお楽しみください!

<生放送>
2020年11月6日(金)18:30~20:30 FMはなび 87.3Mhz

<配信開始>
2020年11月28日(土)

<出演者>
かさはらもとじ(仙北在住歌謡歌手)
山上 衛(秋田市出身大農卒民謡歌手)
栗林聡子(美郷町在住大曲高卒シンガーソングライター)
深瀬康子(中仙出身民謡歌手)
セレン(仙北出身ポップスシンガー)
eid-oathアイトウス(ガールズユニット3人組1人協和在住)
midori(南外在住シンガーソングライター)
大曲太鼓道場
大曲小学校(曲小太鼓)

青谷明日香(大曲出身シンガーソングライター)※リモート出演

<司会進行>
根田朋子(FMはなび)
たがの氏(大仙初ユーチューバー)

<主催>
大仙市・ミュージックフェスティバル実行委員会

<企画制作>
FMはなび・CNA秋田ケーブルテレビ

ポップス、民謡、和太鼓、大仙市にはどこよりもたくさん音楽がある!
もともと「市民音楽祭」や「民謡全国大会」がいくつも開催される大仙市は、歌うことや演奏することが大好きな人が多く、そのジャンルの幅も広いのが特徴。吹奏楽、マーチングも活躍していますね!
大仙市はそんな音楽を愛する市民達の熱気、地元出身で全国・世界へ発信していこうとしている若き才能を応援するために「Music Festival in DAISEN」を2018年から開催しています。
今回は多ジャンルのアーティストが集まり「うた番組」のように進行していく特別企画です。市民の皆様にはもちろん、各地で活躍している音楽家の方々にも知っていただき、共に音楽の郷(さと)を築いていけたら幸いです。どうか情報拡散よろしくお願い致します。






【特別番組】大仙市秋の稔りフェア2020 生放送

ヒカリオ広場で開かれる「大仙市秋の稔りフェア」の様子を生放送。
市内の農産物や地場産品が一堂に会し行われる「稔りフェア」、今年はコロナ対策のためディバリーのみとはなっても、秋の収穫を一番に感じられるイベントとして盛り上がること間違いなし。
軽トラ市も徹底レポートしますよ!

<番組名> 大仙市秋の稔りフェア生放送
<放送日時> 2020年10月17日(土)10:00~12:00






地元企業17社一挙紹介 「がんばれ!地元就活!WEBで企業説明」配信開始


いよいよ追い込みに入った高校生の就職活動を応援するため、FMはなびと秋田県仙北地域振興局がラジオとインターネットを使った企業説明を実施します。

今年、コロナ禍のため思うように企業説明会が開かれず、生徒たちの活動が大きく制限されてしまった中、企業人事担当者自らがラジオに出演し企業説明を放送、その模様をインターネットで動画配信します。

ある企業は社長自らが夫人と共に出演、あるいは入社3ヶ月の若手社員が同じ若者目線で語るなど、各企業が工夫を凝らした内容となり、単なる企業データの紹介にとどまらない職場の空気や企業の意志が伝わるものとなりました。
地元企業17社が揃った放送&インターネット配信は、例年にない苦労が続く就活の切り札となることが期待されます。

「がんばれ!地元就活!ラジオで企業説明」
FMはなび毎週日曜(15:00〜15:30)火曜(19:30〜20:00)
※9月22日(火)まで放送

「がんばれ!地元就活!WEBで企業説明」
インターネットは こちら

【参加企業】
三国商事株式会社
株式会社えがお
株式会社ヤマダフーズ
社会福祉法人水交会
株式会社西宮組
MEP株式会社
大同衣料株式会社
株式会社オフィスレイ ショートステイ田沢湖
秋田振興建設株式会社
元気でねット株式会社
六郷小型貨物自動車運送株式会社
はりま建設株式会社
鈴木商事株式会社
株式会社万景
有限会社高橋造園土木
株式会社協和土建
ナガイ白衣工業株式会社






【FMはなびラジオDE夏祭り】忘れられない思い出をありがとうございます

第1部はFMはなびスタジオから、第2部はグランドパレス川端屋上から、2時間の生放送でお送りしました。
予想外の超豪華なサプライズ花火に、驚きの放送席。
そして夏の夜の句会も、これまた素敵な作品が揃いました。
たくさんのメール本当にありがとうございます、大曲の花火の無い夏でも、花火で盛り上がった夜でした!
皆さんと過ごせたこの年、これはずっと忘れないでしょう。






【こんや生放送】怒涛の「大曲の花火クイズ」開催♪参加者募集!!

今夜放送の特別番組「FMはなびラジオDE夏祭り第1部〜この夏を忘れない!2020年を大いに語れ〜」(19:00〜20:00)で「大曲の花火クイズ」をします。
つきましては電話で参加してくださる方大募集!
「大曲の花火」に関する問題を3コース作りました、今夜19時から20時の間に電話で出られるという方、奮ってご参加ください〜

・松コース(上級者)花火鑑賞士レベルのクイズ
※正解したらFMはなびボールペン3本プレゼント!

・竹コース(中級者)ややマニアックな大仙市民ならわかるのではないか?というクイズ
※正解したらFMはなびボールペン2本プレゼント!

・梅コース(初級者)初心者向けです、簡単な(はず)です
※正解したらFMはなびボールペン1本プレゼント!

 

プレゼント郵送しますので住所&お名前(本名&ラジオネーム)そして電話番号を記してこちらまで!
873@fmhanabi.com


2020年8月29日昼、誰もいないヒカリオ広場、、、くう〜っ。
ラジオで盛り上がりましょう!

 






【夏の特番生放送⭐︎第1弾】本日18:30より放送します!

「大曲の花火」は延期になりましたが、花火大会前日に放送していました花火うた特別番組は例年通り放送いたします。
今回は、花火うたを詠むコーナーに加え、丸子橋に特設スタジオを設け、豪華ゲストを迎えながら生放送の中でトークを進めていきます。

今年は大曲の花火延期の気持ちを詠む作品が多くありました。
サプライズもあるかもしれません。
番組中におこる楽しい時間をお楽しみに。

【タイトル】 「大曲の花火」は延期したけど今年もやります!
FMはなび特番「大曲の中心で花火うたを詠む5」

【放送日時】  8月28日(金) 午後6時30分~午後7時30分
大曲ヒカリオAスタジオ
丸子橋特設スタジオ

【出演者】   涼森有羽子、佐藤力、武田覺
番組アシスタント へめ子(eid-oath)






【8/8(土)22:00より配信】新作花火コレクション2020〜明日への光

動画は8月8日(土)22:00に、このページに公開されます。

【タイトル】「大曲の花火~冬の章~ 新作花火コレクション2020 明日への光」
【実況解説】 藤田浩士(FMはなび) シンジマン(大曲花火倶楽部)
【制  作】 CNA秋田ケーブルテレビ FMはなび

2020年8月8日の22:00より配信開始します、スマホでご覧の方は秋田市の道路情報など為になる機能満載のCNA公式アプリ「し~なアプリ」がおすすめ






FMはなび&CNA 共同制作番組「大曲の花火~冬の章~ 新作花火コレクション2020~ 明日への光」放送

FMはなびとCNA秋田ケーブルテレビでは、新型コロナウィルスの影響で中止となりました 「大曲の花火~冬の章~ 新作花火コレクション2020 」について、花火の実況・解説をFMはなび、花火の撮影・番組編集をCNAで行い番組を共同制作しました。
新型コロナウイルス感染防止のため、今年の新作花火コレクションは中止になりましたが、悪疫退散、医療従事者へのエール、地域の皆様へ花火を通じて希望とエールを送るため、6月6日~7月4日までの毎週土曜日に大仙市大曲で花火の打ち揚げが無告知で行われました。
昨今のコロナ禍でも、「多くの人に花火を楽しんでもらいたい。」、「若手花火師の作品を多くの人に見てもらいたい。」という思いから企画がスタート。FMはなびで例年行っていた花火の実況解説とCNA秋田ケーブルテレビで撮影した映像を活用して、動画コンテンツを制作しました。
今回、FMはなびとCNA秋田ケーブルテレビがコラボレーションすることで、花火をより深く、より楽しく見ていただければと存じます。

【番組タイトル】「大曲の花火~冬の章~ 新作花火コレクション2020 明日への光」

【放送配信媒体】
CNAコミュニティチャンネル CNA総合(10ch)
CNA公式アプリ「し~なアプリ
FMはなびホームページ

【放送配信日時】 2020年8月8日(土)22:00~23:00
【実況及び解説】 FMはなび「花火の星」 実況:藤田浩士 解説:シンジマン
【制    作】 株式会社TMO大曲、株式会社秋田ケーブルテレビ

 

 

 

 






萌花が歌う動画アニメの歌詞をつけたらQUOカードプレゼント!

「AKITA INU BITOプロジェクト」が制作する動画アニメ「秋田犬 たれみみだいちゃん」のテーマ曲の歌詞を公募します!
そして、歌うのは、高校2年生シンガー萌花(もえか)!
FMはなびとCNA秋田ケーブルテレビによるミックスメデイア番組「NAKAICHI Upcomer Array」で活躍中の期待の新星です。

そ・し・て、その曲の歌詞は、フレーズを一般公募で皆さんから集めて皆んなで作ります!

まずは動画アニメ「たれみみだいちゃん」を観ていただき、愛くるしいキャラクターだいちゃんのイメージに、20文字以上の言葉(フレーズ)を投稿してください。
フレーズが採用された方にはQUOカード2000円分プレゼントされます。

何よりも我らが萌花の歌うアニメソング(!)をみんなで作ろうという楽しい企画、皆さんどうかご参加くださいーー!

★まずは観てください★ 「たれみみだいちゃん」の動画はこちら

★そして聴いてください★  曲はこんな感じです、これに歌詞をのせます♪

Cincopa WordPress plugin

★応募はSNSで!★   応募詳細はこちら

 






【FMはなびスプリングキャンペーン2020】ありがとう!元気の種まき!!

【元気の種まき!笑顔の花を咲かせましょう FMはなびスプリングキャンペーン2020】

2週間に渡ってFMはなびスプリングキャンペーン「元気の種まき!笑顔の花を咲かせましょう」を展開してまいりました、20数か所のレポート地を巡り、沢山の笑顔と出会えました。

とにかく街を元気にしたい、そんな思いの私たちに応えてくれるかのように、逆境にも笑顔で立ち向かう頼もしい街の人たちの声を届けられて、本当に嬉しかったです。

最後のレポート地、お好み焼き凛のマスターの一言、「とにかく負けられねべで!頑張って乗り越えるしかないんだ」
ということで元気の種まきは無事終了、蒔いた種が花咲く日はきっと来ます!!

レポート順に‥
大仙市観光情報センターグランポールさん、花ハウスグレボさん、エクステリアプラザ パルレ さん、イーストモールさん、菓子司つじやさん、イオンモール大曲ルーシーカンパニーさん、創作酒菜 天ぷらランタンさん、アキモト酒店さん、グランドパレス川端 屋久杉さん、細谷農園さん、コイケ種苗さん、焼肉大同門大曲店さん、アグリフライト大曲さん、グランマート白金店さん、あきた美郷づくり株式会社さん、仙北市観光情報センターさん、グランマート白金店さん、ダイセン創農さん、居酒屋キンギョさん、丸の内グレースさん、お好み焼き凛さん、ありがとうーーーー

     






3.11を忘れない ~追悼のともしびを大仙市から~

来たる3月11日ヒカリオ広場で、大仙市の友好交流都市である宮古市はじめ東日本大震災被災地へ向け、夢灯り・竹あかり(協力:CDM/美郷町)など200個以上の灯篭を飾り、14時46分の黙祷と、17時~20時まで追悼と『忘れない』の祈りを込め点灯します。

尚、このイベントは新型コロナウイルス感染拡大予防のため、会場に集まるのは関係者のみとして、SNS等で情報発信という形の開催となりました。

FMはなびでは、この追悼の灯火に添えるメッセージを募集します。
メールまたはFAXで寄せられた皆様の思いを番組で紹介し、灯篭と一緒に展示します、どうぞお送りください。

メッセージの送り先:873@fmhanabi.com FAX 0187-88-8249

『3.11を忘れない ~追悼のともしびを大仙市から~』(主催:夢灯りプロジェクト/後援:㈱TMO大曲)






令和2年FMはなび新年会 第2回だいせん紅白歌合戦

今年も開催します、いまや令和大仙の歌の風物!「だいせん紅白歌合戦」。

年間を通じて大仙市で最も活躍した歌手男女8組が唄声を競い合います。FMはなび新年会も同時開催、番組出演者と新年の挨拶を交わしながら、最高のステージをどうぞお楽しみください!この模様はFMはなびで放送します。

【日時】
令和2年1月25日(土)
開場14:00/新年会開宴14:30/歌合戦開演16:00

【会場】 アンレーヴ 大仙市大曲中通町3-16

【会費】 5000円

※FMはなび新年会が終わった後16時からの「だいせん紅白歌合戦」のみ観覧希望のお客様
は ¥2500(1ドリンク付)がございます、お申し込みはFMはなびまで

【予約】
FMはなび 電話0187-88-8246 FAX 0187-88-8249
E-mail info@fmhanabi.com

【出演者】(出場回数)

紅組:


高八卦ちえこ(3)
日本民謡協会全国大会優勝、内閣総理大臣賞獲得など文句無しの実力者。大仙市ではチャリティーコンサートを中心に精力的に活動。「まもるとちえこのドドンとおらほの歌っこ自慢!」パーソナリティー。


セレン(2)
昨年はテレビ東京系列「THEカラオケ☆バトル」グランプリ、「ダイセンドリームフォーアキタ(DDA)」2代目グランプリに輝くなど躍進。小松ミユキから「セレン」と改名し本格的芸能活動に入る。


栗林聡子(2)
昨年は天皇陛下ご即位記念「第39回全国豊かな海づくり大会・あきた大会」式典行事のオープニング楽曲歌唱。昨年秋には3枚目のアルバム「唄ひ、彩る音」をリリース。


クレッシェル(初)
高校の同級生同士で結成、就職、結婚のブランクはあるものの変わらないハーモニーを聴かせる人気デュオ。ライヴは年間50本に及ぶ、いま最も大曲で歌っている2人。昨年は2ndアルバムリリース。

白組:


山上衛(2)
大農郷土芸能部出身、若手民謡歌手として最も活躍をしている期待の星。FMはなび開局以来の人気歌番組「まもるとちえこのドドンとおらほの歌っこ自慢!」パーソナリティー


近野淳一(2)
秋田に住みながら全国活動をするロックバンド「鴉」は昨年で決戦20年。西仙北で開かれる音楽イベント「西仙秋の音」を中心に大仙市でも活躍中。


かさはらもとじ(3)
昨年改名とともに、故津雲優氏の「いざないの街」をCDリリース、未亡人留美子夫人のお墨付きも頂き、大曲の花火の歌を正式に継承した、故郷に暮し故郷を誰もよりも愛する歌手。


岡村雄三(初)
わらび座ベテラン俳優として活躍、舞台での歌う歌唱に定評があり、昨年10回目を迎えた「四ツ屋祭り」では歌手として出演。FMはなび開局4周年特番では大仙市に家を建てたと公表。

 






「稔りフェア」&「大曲の花火秋の章」W特番放送します!

ヒカリオ広場最大規模のイベント「大仙市秋の稔りフェア」の会場から今年も生放送をします。
市内の農産物や地場産品が一堂に会し行われる一大イベントの、会場を徹底レポート。
出店者インタビューや、舞台発表の様子もライヴでお送りします。【番組名】大仙市秋の稔りフェア生放送
【放送日時】10月19日(土)11:00~14:00
【出演】藤田浩士、シンジマン、福原尚虎 ほか

そして延期となった「大曲の花火秋の章」完全実況生中継も勿論放送します。
こちらは17:30から放送開始、聴いてね♪
【番組名】大曲の花火秋の章実況生中継
【放送日時】10月19日(土)17:30~20:00
【出演】藤田浩士、シンジマン(大曲花火倶楽部)、小西亨一郎(花火研究家)






秋田CARAVAN MUSIC FES2019in大仙 ありがとうございました!

秋田県出身のシンガーソングライター高橋優が主催者になって故郷の秋田を音楽で盛り上げようと開催されている「秋田CARAVAN MUSIC FES」(以下ACMF)。

通算4回目、令和に入って初めての開催場所となったのが我らが大仙市。9月14日(土)、15日(日)大仙市協和 サンスポーツランド協和野球場で秋晴れの中の開催となりました。

今年春の「Music Festival DAISEN -大音郷-」から始まり、7月の開催されることを記念して、音楽の力で(イベント開催を)盛り上げていくことを目的に、 10代の若者を対象とした弾き語りコンテスト「19’TEENS’ STREET CHALLENGE!!」など、その他にも様々なジャンルの音楽イベントが続く音楽の待ち大仙市、その極めつけともいえるACMFには大仙市内外、県外からも多くのお客様がご来場されました!!

FMはなびでは、夕方の生情報番組『FMはなびハッピーアワー♪』内で、2日間の出演者情報や当日の気温・天気予報などを紹介する「速報!秋田 CARAVAN MUSIC FES」を10回に渡りOA!その他『NESIAD!』での県外来場者へ向けたACMF応援企画『ようこそ大仙市へ』などもOAし、一緒にACMF2019開催を待ちわびてきました。なんといっても、初日9月14日(土)22:00~『NESIAD!』ACMF2019スペシャル生放送と題して、音楽番組RED×YELLOWからたかぼー君、高橋優君を心から応援しているコマツ君、そしてFMはなび根田朋子とともに1時間の生放送をお届けしました。
初日のライブレポをはじめ、来場者インタビュー、会場内の見どころや地元音楽関係者2人と電話をつなぎ高橋優君の魅力を語り合う番組となりました!
夜の生放送に係らず全国各地から本当に沢山のメッセージを頂き、ありがとうございました!!!!!

空が高い秋空、とんぼも心地よさそうに飛んでいたサンスポーツランド協和野球場に響き渡った歌声、そして大仙市からのご好意であげられたサプライズ花火に沸きあがった歓声。
すばらしい2日間をありがとうございました。

   

 






【かさはらもとじ記念コンサート】楽しいひと時でした!

まず大変だったのが大仙市早朝の大雨。雷も見たことがないくらいの激しさで、果たして開催できるのかと危ぶまれましたが、天気予報通り昼前にはそれまでの天気が嘘だったようにカラッと晴れあがりました。
しかし、この雨のせいで来場できなかったお客様もいらっしゃいます、残念ですが安全第一、また次の機会にどうかよろしくお願いいたします。

ステージは鏡元もとじ改め「かさはらもとじ」としての第一歩、歌謡曲と懐メロそしてアンコールには「いざないの街」でしっかりと締めました。
そうそう、注目のFMはなび出演者ともとじ君コントは、なんとか笑って頂き一安心、、、もとじ君の学生服姿に歓声もあがったりと。気を良くして第2弾がいつかあるかも!?

ご来場の皆様と昼下がり温かい時間を過ごすことができました。
これからの「かさはらもとじ」、そして5年目に入ったFMはなびをどうかよろしくお願いします♪



    






【FMはなび開局4周年記念】かさはらもとじコンサート

大仙市のコミュニティラジオ局として開局したFMはなびも、8月で4周年を迎えます!
これを記念してスペシャルコンサートを企画しました。
番組パーソナリティーとして活躍し、地域に根ざした歌手活動を続けてきた「鏡元もとじ」が、本名からとった「かさはらもとじ」として更なる飛躍へと踏み出す記念コンサートです。
当日は「大曲のはなび」の代名詞と言える「いざないの街」の正式な継承者として、新作CDを発表します。FMはなび出演者も駆けつけ特別出演も!?
お誘い合わせの上お越しください♪

【タイトル】FMはなび4周年 鏡元もとじ改めかさはらもとじ記念コンサート

【開催日】令和元年8月10日(土)

【時間】12:00開場 13:00開演

【会場】大曲エンパイヤホテル 〒014-0015 大仙市大曲白金町8−17

【入場料】3500円(ランチ&ドリンク)※アルコール別途

【出演】かさはらもとじ(鏡元もとじから改名)  他ゲスト

【内容】軽食ランチ付きのかさはらもとじワンマンショー
FMはなびパーソナリティーも登場するコントもあり

【問合せ】FMはなび0187-88-8246  大曲エンパイヤホテル0187-63-1131