メニューを表示する

FMはなび新年会「第一回だいせん紅白歌合戦」のご案内

大仙市のコミュニティラジオ FMはなびがお届けする最高のエンターテイメントが遂に本格的にスタート。
前回実験的にヒカリオ広場開かれた「第0回だいせん紅白歌合戦」に続き、今年FMはなび新年会の中で「第1回だいせん紅白歌合戦」開くことにしました 。
出場は昨年大仙市で最も活躍したといえる歌い手を6組厳選、いま秋田県で聴ける最高の歌い手達が揃いました。ポップス、演歌、そして民謡。豪華なステージと共にエンパイヤホテルの食事を楽しむ贅沢なひとときをお過ごし下さい。

【開催日時】平成31年1月26日(土)開場14:00/開演15:00

【会場】 大曲エンパイヤホテル 大仙市大曲白金町8−17

【出場者】
高八卦ちえこ(紅組2)
3歳の頃から母から踊りを教わり町の民謡教室に通う。高校卒業後、本格的に民謡をはじめTVラジオに出演活躍。23歳初出場で「日本民謡協会全国大会」優勝、併せて内閣総理大臣賞獲得。以後数々の賞を獲得現在に至る。昨年は「神宮寺に嫁いで23年記念チャリティーコンサート」を成功させる。人気番組FMはなび「まもるとちえこのドドンとおらほの歌っこ自慢!」は足掛け4年目に突入。

栗林聡子(紅組初)
いま秋田県南で最も多くのステージをこなすピアノ弾き語りのシンガーソングライター。
NHKのど自慢チャンピオン大会出場、カラオケバトル全国No.1選手権優勝、と様々なタイトルを獲得し、地元に住みながら音楽活動を展開。ミュージカル出演、大曲の花火秋の章で秋田県民歌アカペラ熱唱など幅広く活動。新曲「君のとなりに」は大台スキー場のテーマ曲として使用されている。

小松ミユキ(紅組初)
大仙市仙北出身、現在は群馬県で国会議員秘書を務める働く異色の歌手。
昨年ヘルシンキで開催されたカラオケ世界選手権KWC2019に日本代表として出場、最終ラウンドには及ばなかったが大健闘をみせ、年明けにもテレビ東京系列「THEカラオケ☆バトル」に出演など各方面から注目を集めている。昨年末FMはなび生放送番組でもその美声を披露。

山上衛(白組初)
秋田市岩見三内出身。10歳で二代目浅野梅若師の門下生となり民謡を勉強。
大曲農業高等学校郷土芸能部を経て、岩手県の民謡家中川愛子師の内弟子となり2013年には6つの民謡全国大会でタイトルを獲得、「飴売り節」は内閣総理大臣賞に輝く。民謡界の若きホープとしてその活躍が期待されている。
昨年10月、大仙市協和で歌い継がれる「びんだれ山」をCDリリース。

鏡元もとじ(白組2)大仙市仙北出身で在住。徳間ジャパンよりメジャーデビューし、オリコンチャートで好成績をおさめる。その一方で地域の介護施設の慰問や小学校のPTA役員活動で積極的に活躍。昨年は地元先輩歌手の名曲「横浜ひとりぼっち」をカバー発表、話題を呼ぶ。
故津雲優氏「いざないの街」の歌い手としては自他共に認める第一人者。

近野淳一(白組初)
秋田県に住みながら全国規模で活動するロックバンド鴉(からす)のボーカル&ギター。
2008年「怨み屋本舗REBOOT」主題歌「夢」でメジャーリリース、その後も「ドラマ闇金ウシジマくん」主題に歌「巣立ち」が起用される。また、秋田菓子宗家かおる堂、YOKOUNのCMソングでは秋田県内でもお馴染み。
「大好きな大仙市西仙北のために、音楽を通した地域イベントを開きたい」と2017年「鴉西仙独演祭」2018年「西仙秋の音」を入場無料で開催。西仙北中学校や刈和野大綱太鼓とも共演。

 

【会費】 5000円
【予約】 FMはなび  電話 0187-88-8246 FAX 0187-88-8249
E-mail info@fmhanabi.com
① お名前(複数の場合は代表者)、人数、年齢、連絡先、を明記のうえお申し込み下さい
② お会計は当日受付となります
③ 1月23日(水)以降のキャンセルはキャンセル料を頂く場合がございます

FMはなび

電話番号/0187-88-8246
住所/秋田県大仙市大曲通町1-14