メニューを表示する

正午にお伝えしていました「今日の花火打ち揚げ情報」は、打ち揚げ情報がある日に限り放送致します。

【出演者リレーコラム】私の大音郷TV ⑦(山上衛 編)

僕は秋田市岩見三内出身、現在は盛岡市在住。岩見三内は、大仙市中心部から約30キロ以上も離れた山間の小さな集落です。

地元の友人たちのほとんどが秋田市内の高校へ進学する中、僕は約30キロ以上も離れた大曲農業高校へと入学しました。
そんな縁もゆかりも全くない大仙市。いや、全くなかった大仙市。
そんな大仙市での舞台やステージが、いまではとてもとても楽しみになっている僕です。

住所も本籍も出身地でもないこの土地だったのに、ここで青春時代を過ごしたことで、本当にたくさんのご縁に恵まれて、今ではFMはなびで番組をさせていただいたり、関東で開催される大仙市のPRイベントに出演させていただいたり、第二の故郷と思っているこの大仙市です。

たぶん大仙市に住んでいる方よりも大仙市が大好きです。
個人的にこの大仙市は音楽や芸能文化が盛んなところだと思います。
私の専門である民謡界においても、昔から歌い手や踊り手などの芸人が多く、またこの大仙仙北地域発祥の民謡も多く、一つの市で民謡の大会が4つも開催されていると言うのは全国的にも珍しく日本一だと思います。
そのくらい昔から、「民謡=音楽」が身近であったと思います。

さて、そんな大仙市ゆかりのメンバーの一員として今回の大音響に出演させていただきました。
このコロナ禍の中、今回の市民会館の舞台のように、大きなステージで唄う機会が今年の2月あたりから皆無でした。
久しぶりに大きなステージで、そして大好きな大仙市で唄わせていただき、唄い手として舞台でマイクを握って唄う喜びを感じました。
そして大きい舞台であれ、小さい舞台であれ、お客様がビッシリの会場で当たり前のように唄ったり踊ったりすることがどれほど幸せなことなのか改めて実感しました。

最近はアーティストの皆さんがSNSや動画共有サイトで動画配信活動をされています。
僕もアーティストの端くれではありますが今回の大音響が初めての動画配信でした。
実際に11月から配信されたわけですが、ネットでの配信は今のコロナ禍でショーを見たいのに見られない方、遠くに住んでいて見に来られない方にはとてもいいなと思いました。
しかしながら僕がいる民謡界では、民謡が好きな方、民謡を聴きたい方は高齢者の方の割合が多く、ネットや機械が不得意だと言う方が多いです。
そういう方向けにも、我々若者が簡単に携帯やスマホを使ってネットで動画を楽しむように、簡単に見たい時に楽しんでいただける方法があればいいのになと考えさせられました。
カセットテープやCDを聴くのもいいですが、動画としてショーを見せて差し上げたいのです。

さて当日は舞台裏でも、初めてご一緒する出演者の皆さん、そしてひさしぶりにお会いする出演者の皆さんと、ソーシャルディスタントを保ちつつ和気藹々とおしゃべりをしたりコミュニケーションを取ることが出来、とても楽しいひとときでした。
このようなひとときがとても癒されました。 いまはまだ通常通りのステージ活動とはいきませんが、1日でも早く皆さんの前で「普通に」歌ったり踊ったりできることが本当に待ち遠しいです。

皆さんに喜んでいただけるような芸をお届けできるように、今後とも皆さんの心強い応援やご声援を感じながら頑張っていきます。 大仙市、愛しています!

山上衛(やまかみまもる)
子供の頃から民良い歌手を志し、大曲農業高等学校には民謡で推薦入学。
郷土芸能部で下地を作り、民謡歌手の道に進み、岩手・秋田を中心に全国で活躍する民謡界のホープ。
FMはなび「まもるとちえこのドドンとおらほの歌っこ自漫」でもおなじみ。

⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎
Music Festival in DAISEN 2020「大音郷TV」(2020.11.6大曲市民会館)に出演したアーティスト達によるリレーコラムです。
好評配信中の「大音郷TV」はこちらでご覧になれます
各アーティストの出演時間は画面下の詳細ページに記してありますのでご参考ください。

FMはなび

電話番号/0187-88-8246
住所/秋田県大仙市大曲通町1-14