メニューを表示する

2018夏、あけましておめでとう  FMはなび藤田浩士

金足農業高校が夏の甲子園で巻き起こした旋風を追い風に、秋田県そのものが注目された2018年8月。
その最終土曜日25日に開催された第92回全国花火競技大会。
花火ファンからは、「あけましておめでとうございます」と声を掛けられ、ああ、いよいよこの日が今年もやってきたなと実感します。

2つの台風接近で心配された天候も、当日はいたずらな雨も時折ありましたが、皆様の願いが届いたのか打上時刻には雨もすっかり止んで会場のコンディションもバッチリ整いました。

FMはなびでは大会前日から花火特別編成と花火時報をお届けしました。
交通情報、街の賑わいリポート、はなびうた特番やラジオドラマ。ほろ酔い対談や公開生放送、そして花火実況生中継に翌日の表彰式中継などなど・・・・・。

仕事をしていても、やはりこの日が花火の街の「お正月」なのかなとじんわり感じました。
今年は金足農業感動ありがとう花火も打ち上げられ、スクールカラーである紫の花火が夜空を彩りました。粋な企画に大曲の花火にも「ありがとう」ですね。

私は会場の大曲の花火公園から大曲の花火実況生中継を担当させていただきました。
内閣総理大臣賞を目指して打ち上がる花火はどれも珠玉の芸術作品なのですが、会場でしか味わうことのできない、独特な緊張感が打ち上げ現場と対岸にいる客席の我々にもひしひしと伝わるのがさらに感動を増幅させます。

KONYとシンジマンの、今打ち上がった花火はどんな色で、どんな形で、どんな変化をしたのかという解説の先に花火師の思いや完成までの大変さがどれ程のものかが中継担当4年目にしてほんの少しわかってきました。
新しい技術やアイデアを取り入れ工夫を凝らし、地道で手間暇のかかる作業を何度も何度も繰り返し、やっと完成したものはパッと開いてパッと散っていきます。
ただ花火は散るからこそ美しい・・・その美学が花火のロマンなのだと空を見上げて想います。

大いに沸き、感動した夏。
大曲の花火が終わると秋はもうすぐ。
まだまだこの街は花火シーズン。1年中花火シーズン。

「あけましておめでとう」に続く言葉は、
「今年もよろしくお願い致します」by秋曲&冬曲&春曲
といったところでしょうか(笑)

今年も感動とロマンをありがとう!
花火師の皆さん・大会関係者の皆さん・スタッフの皆さん・大曲の花火にいらした皆さん
ありがとう!
そしてゆっくり休んでけれっす。

   






【大曲の花火特別番組⑥】第92回全国花火競技大会 実況生中継

全国の花火師が創り上げた珠玉の芸術作品が大曲の夜空に打ち上がる!!
FMはなびは今年も大会開始を告げる号報3発から完全実況生中継!

解説陣は花火研究家KONYこと小西亨一郎。さらに今年は花火専門番組「花火の星」でもお馴染みシンジマンが加わり、実況を含め3人体制で徹底解説いたします。

今打ち上がった花火がどんな色で、どんな形で、どんな変化をしたのか。
解説を聴きながら花火を観ると、大曲の花火がもっと楽しくなります。

会場の大曲雄物川河畔(大曲の花火公園)から5時間生放送でお送りいたしますよ〜♪

【番組名】第92回全国花火競技大会 実況生中継

【放送日時】2018年8月25日(土)17:00~22:00

【出演】 実況:藤田浩士 解説:小西亨一郎、シンジマン

 

 






【大曲の花火特別番組⑤】花火を舞台にラジオドラマ!

高校を卒業した初めての夏、ヒカリは幼馴染みのハナに会う気持ちにはなれなかった。
大曲の花火を舞台に故郷を離れた若者の葛藤を、東北でも活躍する注目のニューウェーブバンドROTH BART BARONの曲と共に描くラジオドラマ。

花火の夜には街に魔法がかかる…、花火にちなんだドラマシリーズ第1弾をお楽しみに。

【番組名】 FMはなびラジオドラマ館「魔法がとける前に」

【放送日時】2018年8月25日(土)15:30~16:00
8月26日(日)9:00~9:30 ※再放送

【出演】 放送劇団FMはなび

 






【大曲の花火特別番組④】第九回花火うた大会 受賞作品発表

短歌、俳句、川柳の3部門で大曲の花火にまつわる「花火うた」を公募した、大曲市民交流プラザのびのびらんど主催「第九回花火うた大会」の受賞作品を紹介。審査員評と共に、大曲の花火への想いを分ち合う60分生放送番組。

【番組名】  涼森有羽子 大曲の中心で花火うたを詠む♪ ※生放送

【放送日時】2018年8月24日(金)18:30〜19:30

【出演者】涼森有羽子、佐藤力、武田覺(ゲスト)

【提供】 (株)仙北印刷所、(有)秋田民報社、大仙市市民交流プラザのびのびらんど

※画像は表彰式の模様です






【大曲の花火特別番組③】花火大会直前!ほろ酔い対談が帰って来た〜

「あの2人」のほろ酔いがパワーアップ〜♪
読売新聞秋田版コラム100回間近を記念した、コラム執筆者の市川晋一氏と今野宏氏の「ほろ酔い対談」が大好評につき第2弾。
録音はスタジオから松美の家モデルハウスに舞台を移し、松美の家社長の佐藤正義氏を迎えて、秋田の美酒に酔いつつ大いに語り合います。時間も1時間に拡張して大曲の花火直前に放送。いまやFMはなびのお家芸「ほろ酔い対談」、大人なトーク番組に酔って下さい〜

【番組名】 松美の家プレゼンツ 読売新聞秋田県版コラムほろ酔い対談 夏の章!

【放送日時】2018年8月25日(土)16:00~17:00

【出演】
株式会社秋田今野商店代表取締役 今野宏
西明寺診療所所長 市川晋一
株式会社松美造園建設工業 代表 佐藤正義(スペシャルゲスト)
読売新聞社 小坂佳子(進行役)

 






【大曲の花火特別番組②】グランマートから公開生放送〜♪

知ってましたか?グランマート中通店は花火大会会場に一番近いスーパーマーケット。
お弁当は勿論、虫よけや紙皿紙コップ‥身の回りのお買い物はここが最後の場所なのです。
花火大会当日は駐車場にグルメ屋台が並び、この日だけの「花火通りスクエア広場」がオープン。ここでFMはなびは2時間の公開生放送やっちゃいます!!

地元で大活躍の歌手、鏡元もとじ君この日は伝家の宝刀「いざないの街メドレー」炸裂!
そして500歳野球の歌で話題のSATも登場、大曲の花火で欠かせないもう1曲「あの歌」歌っちゃいますよ!さあ真昼にペンライト振りましょう〜。
さらに初登場、秋田の路上シンガーnanaが素敵なステージをお送りします。

そのほか当日は大曲にアーティストが集結する「花火ウィーク」があるわけで、飛び入りステージもございます!大曲にいるアーティスト全員集合!?な勢いの「花火通りスクエア広場」にみんな集れ〜

【番組名】 〜花火に一番近い場所〜 こちら花火通りスクエア広場

【放送日時】2018年8月25日(土)13:00〜15:00
【出演者】福原尚虎(メインパーソナリティー)、 DJ yuusukee(DJ)
【ゲスト】nana(弾き語り)、鏡元もとじ(歌謡曲)、SAT(4人組フォークバンド)
ほか飛び入りゲスト多数予定

 






【大曲の花火特別番組①】内閣総理大臣賞発表を生中継!!

大曲の花火、今年の内閣総理大臣賞の栄冠はどの花火師の頭上に輝くのか!?
終わらない大曲の花火の興奮、大会翌日あさ10時からエンパイアホテルで開かれる「第91回全国花火競技大会表彰式」をFMはなびは完全生中継。受賞者発表の瞬間をラジオでお聴き下さい。

【番組名】 第92回全国花火競技大会表彰式生中継

【放送日時】2018年8月26日(日)9:30~11:30

【総合司会】藤田浩士、シンジマン

【会場司会】根田朋子

 

 






【FMはなびサマーキャンペーンどーんとドライブナビ】若さ弾けた夏ドライブ!

2週間に渡ってお送りしてきました、「FMはなびサマーキャンペーンどーんとドライブナビbyホンダカーズ大曲」は無事終了!今回は学生レポーターが大活躍してくれました。

大曲高校放送部の菊池愛美華さん(高3)伊藤彩美さん(高2)、そして番組「mayukaのジャニーズセレクション」(土曜22:00〜)でも活躍中のDJ mayuka(中3)、さらに1回だけ登板で話題をさらった小西佑太朗君(高2)。

みんな予想を遥かに越える素晴らしいレポーターぶりに、大人の出演者は驚くやら慌てるやら!?
特に殆どのレポート地をまわってくれたDJ mayukaには、最後にスタッフからのお疲れさまの花束贈呈。
みんな頼もしかったなあ〜、秋田のラジオの未来は限りなく明るいです!

かっこいいキャンペーンカーのラインナップで、ワクワクな毎日を過ごせました。ホンダカーズ大曲さんありがとうございます!
集ってくれたリスナーさんを喜ばせた、毎日がトマト曜日のだいせん創農さん応援ありがとうございます!
若さが弾けた夏キャンレポートでした♪

レポート地後半は‥

8/6(月)YAMAGOYA(大曲)/リメンバー&シェアハウス北浦(角館)
8/7(火)笹倉公園(神岡)/協和四季の湯(協和)
8/8(水)みちの駅中仙(中仙)/タカヤナギイーストモール(大曲)
8/9(木)プールパーク美郷(美郷)/松美の家大仙展示場(大曲)
8/10(金)ホンダカーズ大曲戸蒔店(大曲)/ホンダカーズ大曲(四ツ屋店)

※画像には一部おっさんレポーターも混じってます



 






【夏休み特番企画】 じもと就職相談室 ま〜じヤバイQ&A

地元で就職しようとしている高校生の、本音の質問を取材して集め、スタジオの地元企業の就職担当者が答えるQ&A企画。
面接では聴きにくい質問、今更こんな事きけないけど興味のある質問、まとめてぶつけちゃうその名も「ま〜じヤバイQ&A」。

まさに就職活動まっただ中の高校生の皆さん、そして、まだ先かもしれないけど中学生の皆さんにも聴いて欲しいですね!

<番組名> じもと就職相談室 ま〜じヤバイQ&A<ナビゲーター> 根田朋子、福原尚虎

<回答者> 古仲正敬(高吉建設株式会社)、齊藤大樹(株式会社斉藤光学製作所)

<放送日時>
8月10日(金)18:15〜18:25
8月11日(土)22:20〜22:30 ※再放送
8月18日(金)18:15〜18:25
8月19日(土)22:20〜22:30 ※再放送
8月25日(金)18:15〜18:25
8月26日(土)22:20〜22:30 ※再放送
8月31日(金)18:15〜18:25
9月1日(土)22:20〜22:30 ※再放送

<質問はこんな感じ‥>
「企業が求める人材って、どんな人材でしょうか」
「企業説明会でこの人いいな、と目星をつけることはあるのでしょうか?どんな人でしょうか」
「よくドラマで、遅刻したらクビだー、ってシーンありますがクビになることあるんでしょうか」
「新人のうちに有給をとると、上司からどう思われるのか知りたいです」
「面接の時、採用の決め手となるポイントはどこでしょうか?」
「出社してからの1日の流れが知りたいです」
「私は人とコミュニケーションをとるのが苦手です、どうしていいか不安です」
「年齢差がある人達とうまく付き合う方法知りたいです、会社帰り付き合いで飲みにいくのが大変そう」





街にスイッチが入った日 FMはなび福原尚虎

大仙市大曲4丁目、地元のスーパーマーケットのグランマート中通店の向かい、
といえばわかりやすいでしょう。

いまは空き店舗になっているここの部屋で、3年前の8月8日、FMはなびの放送はスタートしました。

3ヶ月後に現在のヒカリオ広場前の立派な新築の建物に引っ越すわけですが、
FMはなびは開局の準備期間も合わせて1年半ほど、ここの2階建てのアパートで仮住まいしていたのです。

1階が事務所、2階がスタジオ‥と言っても防音設備があるわけでもなく、外を救急車が通ればしっかりサイレンは放送されました。
そうそう、同じ部屋に送信用の大きな機材が並んでいて、これが結構大きな機械音を出すのです。
ですから開局当時からの番組アナウンスやCMスポットなどは、よく聴くと「ブーン」という機械音が入ってます。
これを聴くたびにあの頃を思い出します。

もっと言えば、1階事務所はガラス張りの扉一枚開けたらそのまま入られます、通りがかりの人がふらっと入って来られて嬉しかったり慌てたりでした。
まさに商店街の一角に、お店やさんそのままの放送局だったのですが、今よりも街の生活に近い場所で放送をしていたと思います。
ここで過ごした時間は、FMはなびにとっては貴重なひとときでした。

開局が近づくにつれて、期待よりも不安が遥かに大きくなり、スタッフの表情も険しくなってきたのも覚えています。
ほんとうに放送は始まるんだろうか?

「やったことない事を始めるんですから、正直言って怖いです」
市役所の担当職員さんの、この言葉が今でも忘れられません。

「そんなことないですよぉ、ラジオなんてね簡単ですから!もうー簡単に出来ちゃいますから!」
ちょっとだけ放送の経験がある僕は、必死になって皆に言い続けていた数ヶ月。

そして2015年8月8日。
何はあっても何はなくとも、FMはなび87.3MHzは放送を開始しました。

大曲駅から花火通り商店街を歩いた時、気のせいではなく間違いなく街が変わったと思いました。
見慣れた通りのいつもの人通り、でも今、この街の空を自分たちの放送局の電波が通ってる。
人々の笑顔を普段以上に感じました、自分も、周りも、生き生きとしている!?

この街にスイッチが入ったと思ったのです。

あれからたった3年ですが、本当にいろんな経験をさせてもらいました。
でも、まだまだ3年。やらなければいけない事が山のようにあります。

私たちはいま、見学に来た方々がみな驚かれる、きれいで立派なスタジオをいただき、
他局コミュニティ放送局と比べても、非常に恵まれた環境で放送をさせてもらっています。
3周年のこの場を借りて、関係各位の皆様に感謝を申し上げます。

そして、3年間私たちの放送にスイッチを入れてくれたリスナーの皆様、本当にありがとうございます。
これからもっと頑張ります!どうかよろしくお願いします。